FC2ブログ

星を観るには暗闇の中へ

2018.05.17 18:13|思ったこと・気づいたこと
20180517.jpeg

この間、デイヴィッド・リンチの映画
「ストレイト・ストーリー」を観たら、
エンドロールが星空(とわたしは認識)で
それを眺めてたらハッとしました。

星を観るには暗闇の中へ入る必要がある、と。


都会の夜はあちこちに灯りがあり、
星が見えずらい。

自然の中では、夜は真っ暗で
空には沢山の星が輝き、
天の河も観える。

暗ければ暗いほど、星が観える…


そうか!星を観るには
真っ暗闇の中に入れば観えるんだなーと。


でも、暗闇って。

真っ暗の中に入るのは恐怖を感じることもある。
だからつい余計な灯りを点けたくなるんだけど、でも。
点けちゃうと星は観えなくなる。

だから何も考えず
暗闇の中に入り
その中にただ「在る」。

すると星が観えてくる…


ー ・ ー  ・ ー ・ ー ・ ー


ということに気が付いたら、
もう一つ、あっ!と気づいたことがありました。

これが、以前何度か聞いた
『embrace(抱きしめる)』
ということなのかも、と。

以前はつい文字通りにとってしまい、
「embrace(抱きしめる)」と聞いても
抱きしめて…ほんでどないやねん?と
いまいちピンと来なかったのですが、
抱きしめる、というのはどういうことなのか。
ここを体感し体得する必要があったんだな〜と。



暗闇の中に在ると
絶対に星が観えてくる。
もし観えない〜となったとしても
それはただ、
暗闇に目が慣れる必要があったりするだけ。
なので、
暗闇の中でただ在る。
すると、そのうち風が吹いて観えてきますから。

絶対に観えますよ。

Comment

非公開コメント

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
みなさま、
ありがとうございました。
また2018年秋に
お会いできますことを
楽しみにしています〜!

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ