FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制約って、、守られること&創造/想像力を高めることでもある?!

2018.02.12 00:35|思ったこと・気づいたこと
20180212.jpeg

みなさま、やっほー
いかがお過ごしですか。
また寒くなるようだけど、体調はいかがでしょうか。

わたしは先日、お友達にご縁をいただき、
素晴らしい出会いがありました。
なんとも楽しい時間を過ごしてね、
ひゃーー!嬉しかったです。
でね、お話してたらいろんな気づきもありました。

今日はその中から「制約」に関してです。

ー ・ ー ・ ー ・ ー


わたしにとって「制約」とは、
嫌なことでした。

自由が無いと感じるから。

窮屈で制限される感じがして
自分がやりたいように出来ない感じもあって
嫌だったんですね。

それがですよ!変わったんですよ、奥さん!!


先日、出会えた方達とお話していたら
とあることに関して、どうやらみなさんは
(わたしが勝手に受けた感覚では)
制約を一応受け入れていらっしゃると感じてね、

特におひとりの方に関しては
「しょうがない」とおっしゃった!!

しかも、その方からは、
「本気でしょうがないと思い
 全面的にその制約を受け入れるようなエネルギー」を
わたしは感じてですね、衝撃的だったのです。

「えええ?!制約がしょうがない?
 そうなん??そうなの?!」

と、頭の中がショック状態。
でも同時に、わたしの内のどこかで
制約に納得している自分もいたんですね。

じゃあ、制約ってなんだろう?と。



で、思ったのだけど。


「制約がかかる」ということで、
守られてる部分や利点があると思ったんですよ。


まず、守られてるという部分では、

「制約をかけてくる」=「この範囲内でしなさい」
ということなので、
「この範囲内をしていると大丈夫ですよ」
と言ってきてることだと思うのね。

だから、守られてる。
自分はその範囲内のことをしていれば、
安全圏にいられるということなんだって。


あとね、
「制約をかけてくる」=「制限をつけられる」
ということなので、その制限内で行動しないといけない。

そこで思ったんだけど、

「制限」という枠の負荷がかかってくるということは、
それに反発する力も生まれるということ。
その反発する力は「創造力・想像力」なのかな、と。

だって制限の中で行動しないといけないもんね。
想像力を使って、どうやってその制限をかわして
行動していくかを生み出していかないと
動けないじゃん。

そう、まるで厳しい校則をどうやって
潜り抜けるか探る高校生かのように…

…というのは冗談ですが、
でもほんと、これくらいの遊び心で
自分の腕の見せ所なんだな〜と思った。
これって、自分の想像力がほんと高まるね。


でね、もう一つ思うんだけど、

人間って、無限の中の選択肢から
選び出すのは難しいときがあると感じてます。

ある程度、数が決まってる(制約・制限がある)方が
選びやすいのよね。

これね、イタリアから日本来る度に思う。

イタリアで何かを購入したい場合、
往々にして、種類は、ほんの数種類しかないのね。
だからこの中から選ぶのだけど、
日本に来た時にゃー、もう、種類がありすぎて、、、

ありすぎて何が何か分からなくなるときがある。
で、分からなくなって、結局、
選ばず・買わずに帰ったことがあります。

制約・制限がある方が
選択肢が少ないから便利な時がある。

ー ・ ー ・ ー ・ ー


…と、こんな感じで
制約って、悪いことだけじゃないなぁと
頭でも納得しました。良いこともあるねぇ。。

って「わたしが」制約を嫌ってただけなんだけど!

そこを払拭してもらえ、
結局すべてはわたしの概念なんだなーと
改めてしみじみした日でもありました。






 

Comment

非公開コメント

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
みなさま、
ありがとうございました。
また2018年秋に
お会いできますことを
楽しみにしています〜!

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。