FC2ブログ

自分に問題がある(という考え)でなく、自分を表現することが必要な時がある。

2018.01.07 21:39|思ったこと・気づいたこと
20180107.jpeg

今までブログでも
「相手がすることは
 自分の内を映し出している」
みたいなことを書いてきたと思うんだけどね。

確かにそういうことが当てはまるだろうけど、
全てが当てはまるとは思わないんですよ(!)

あとね、この考え方は、ややもすると
「自分に問題がある」という考え方に陥りやすくなるかなぁと。
自分責めしちゃうのね。



…って、わたしのことです、ハイ。
今日は、うちで起きた出来事を例に
わたしの話です。



ここ数日、
ボブのために日本語翻訳など、
わたしがすること(ボブは出来ない)が
どーんといくつかあり、やったのだけど
ひとつだけやりたくないことがあって、
それはボブも出来るので

「わたしはやりたくないから
 あなたがやって」

と言ったらすっごい文句言われたんですよ。
「僕は君に対してそんなこと言わない」とか
「僕が頼んだことを(君は)しない」とか。

前までは、こんなことを言われたら

「わたしの中の何がこんなことを言わせているのか」
「わたしは何を間違ったのか、何がズレているのか」
「わたしは何を正すべきなのか」
「わたしは一体何を見ようとしているのか」

とまぁ、、、
ドラマで警察官が容疑者に攻め寄る勢いで
自分尋問してました。
自分責めになってたときもあったと思う。

今もね、そうするときもあるけど(あるんかいな)
最近はそっちの方向ではなく

「その時に、
 自分が思ったことを
(自分がしたいことや相手への要求を)
 表現する」ようにしています。

例えば、今回だと、声に出して

「わたしはあなたのために
 沢山のことをしている。
 それが、たったひとつのことを
 拒否しただけで、すべてが消えさられるのは
 かなわんわーー。
 というかさ、いつもあなたの足元に跪き、
 あなたの要望に常に応えるなんてこと出来ないから。
 あなたの召使いじゃないし」


と言いました。
言った瞬間、キツイ言い方したかなと思ってね、、
でも自分責めしないで
「わたしは言った(それで終わり)」にしました。
だって本当に「わたしは召使いじゃない」と
あの時に思ったから。

もしここで「感情が先走ってキツイこと言っちゃったな」と
思うことがあったり、謝りたくなったら
「キツイこと言ってごめん」などと謝ります。


でね、こんな感じで
自分に問題がある、と探すことを止め、
その時に自分が思うことを表現し続けてたらね、
確信したことがある。


自分に問題がある(正すことがある)のでなく
「自分を表現することが必要」なときがあるって。


相手にこう言われるということは…
相手がこうしてくるのは…
状況がいつまでもこうなのは…
…いったい自分の中の何がそうさせている?と
自分のどこが問題なのかと探すのでなく、

「自分はどうしたいのか」

それをハッキリ自分で表現するだけのときが
あるなーーと思います。


思ったんだけどね、
自分の中の問題探しは、
確かに有効でいろんなことがスッキリする。
でも一方、創造性に欠ける部分があってね、
次への展開にもっていくときが
難しいときがある。

しかもですね、
問題は探そうと思えば
キリなく永遠に見つけることができるんですよ。
終わらんよーー


なのでですね、

「自分の中のなにが引っかかっているのか」と
自分の内を見つめつつも
「自分を表現する」ことも同時に大切だと思います。

表現することで、自分の内が整理され
次への展開へと創造性も生まれてきますから。



 

Comment

非公開コメント

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
みなさま、
ありがとうございました。
また2018年秋に
お会いできますことを
楽しみにしています〜!

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ