鼻毛フサフサさんに囲まれて気づいたこと

2017.09.09 03:45|思ったこと・気づいたこと
20170908.jpeg

あの、途中まで鼻毛が出てくるので
その手の話はちょっと…という場合は
お手数なのですが、このままススーッと
真ん中辺りの= = =線まで
スクロールしてくださいませ(スイマセン)





日本でも鼻毛出てる方はいらっしゃると思うんだけど、
イタリア人は顔のパーツが大きい方が多いせいか
鼻の穴も大きい人が多く、
特にローガンズ(老眼)にメンバー入りする
お歳頃の達たちは、見えづらいのか??
鼻毛がふさふさしている方にお会いします。

イタリアでは、親しい人に再開したときは
お互いの頬を合わせてキス挨拶をするのですが
その時にですね、鼻がクローズアップされて
フサフサが気になってしまうときがあるんですよ。

これは、わたしに「鼻毛は手入れするもの」
という意識があるから。
だから野生地帯っぽい茂みは気になってしまうのです。

でね、先日のこと。
何人かの人とお会いしたのですが、
フサフサさんが多かった!
そんなフサフサさんに囲まれて、
ボーッとしてたらふと
「気にしてるわたしが変なのでは」と。

「ここ数メートル範囲内では
 鼻毛出てない人口率の方が低い。
 ということは、この範囲内では
 鼻毛フサフサが当たり前かも…。
 そうだ!鼻毛フサフサが当たり前だよ!
 ってことは、気にしてるわたしが変なんだわ〜」

ってね。で
「そもそもなんで鼻毛が出てるのが気になるのか?」
と考えてみたんですよ。

なんでかというのが

・見慣れていない
・鼻毛は手入れする物とどこかで刷り込まれてきた
・だから鼻毛は手入れする物と思い込んでいる
・鼻から出てる毛は(わたしが思う)図的に
 バランスが取れていないと思っている

からかなぁ、、と。

すると、これらすべては
習慣と思い込みだと気がついた!

じゃあ習慣と思い込みを変えれば、
すべてはひっくり返る!と
ハッとしたんですよ。



= = = = = = = = =



ああ、これは、ネガティブに関する
思い込みにも繋がるなぁと思った。
(ここ数日のシリーズ)

例えば

・したいことが分からないのはダメだ
・オープンになれないのはダメだ
・不安になるのはダメだ
・笑顔でいなければ
・思いやりのある人でいなければ
・常に前進、向上であらねば

とかね。
こういうのもさ、
小さい時から言われてきたこととか
親がそうだったとか、周りがそうとか
そんな環境にいたなどという
「そういう状況」に
ずーっと接してたことが多いからだと思うんですね。

だから、習慣になって、
自分の思い込みになってる。

で、この習慣や思い込みって
それが正しいから、という思いが
根底にあると思うのね。
もともとは良かれと思って
そういうふうになったと思うんだけど、
だからこそ苦しくなることがある。

自分に嘘をつき始めて
したくないのに無理やりしたり、
笑顔が出てこないのに無理やり笑顔にしてみたり。
できない自分を責めてみたり。

生きてたら
不安が出てくることも当たり前。
人を思う気持ちになれないのも当たり前。
まずはそこを認識するのが大切なのかな、と。

習慣とか思い込みに
正しい、間違ってる、は無いと思うんですよ。

すべて「ただの習慣」「ただの思い込み」かな。
それが、人数が増えてくると、常識になると思う。

でも、時と場所が変わったら、習慣や思い込みすらも変わる。
正しいと思ってたことが、そこでは違ってたり、ね。
間違ってると思ってたことが、そこでは関係無かったとか。

鼻毛フサフサが当たり前とかね。

もし、苦しいと感じることがあったら、
自分の癖や習慣、思い込みを
ひっくり返してみると…
面白いことになると思います。

鼻毛ワールドへようこそ☆


 

Comment

非公開コメント

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますこと、
再会できることを楽しみにしています〜!
(*セッションのご予約はこちら
ご参照ください。

*Facebookしています。
アカウントはこちらで、
お友達申請ウエルカムです〜。

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

お会いできることを楽しみにしてます。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ