死刑がダメなのではなく「死刑はダメだと思っているわたし」がズレてた

2017.07.29 03:40|思ったこと・気づいたこと
2017072801.jpg

夏ですねー!
いかがお過ごしですか。

ここしばらくは、
遠方からイタリアに来てた家族同然の人と会ったり
ボブのお誕生日があったり
ちょくちょく波打ち際を歩きに海へ行ったり。
海はやっぱりいいな〜。大好きです。

トップの写真は、今日の海です。
今朝は風がきつく、雲もありました。
先週行った時は雲一つ無いほどの青空だったの。
その時の写真はこちら
2017072802.jpg

空の青さは大好きです。
どこまでも青い。
海を見てると、地球の大きさとか
「ひとつ」なんだな〜とか。
いろんなことが浮かんできます。

さてところで。
ナポリの話をしてて、途中なのですが
今は違う話をしたいので、ナポリはまた気が向いたときに…
(気侭で話が飛んでスイマセン)


なんかね、最近、自分の内が根こそぎ掻き混ざっている感じがあり
物事の見方、考え方が変容してます。

例えば、
昨日あったことなんだけどね。

うちの区域に森っぽい所があるのですが
そこが火事になり原因は放火でした。
大規模な火事になり、話題になって

「放火する奴なんて、死刑にすればいい!」
「首に紐をひっかけて吊るしてやればいいんだ!」

云々と知人が言ったんですよ。
聞こえた瞬間は、なんか言うてはるわーと思ったのですが、
わたしの内がザワッとした。

落ち着かない。

なに、このザワッと感?
何が落ち着かないんだろう。
死刑に関して?
凶暴性?
攻撃性?

…いや、違うわ。なんか違う、、
と自分の内を見てたらですね、ハッとした。

わたしは、この知人を丸ごと認めてなかったなー、と。

知人が言ったことって、

「死刑を認める」
「死刑を妥当と思う」
「死刑を求める」
「死刑を望む」
「死刑の細部を表現する」
「憎しみを声高々に表現する」

ということで、これらって
わたしが認識していないことだったんですね。
なので、
わたしの中には存在していないことだった。

わたしにとって死刑とは
「してはいけないこと」でした。
だから、それを望むなんてもってのほかだったし
まして「首に紐をひっかけて…」などと聞くのは
物騒でしかないし、
しかも憎しみを声高々に表現するなんて!!

いや〜…。でもさ、
知人から凶暴性を感じ、物騒なこと言わはるわーと
一瞬うっとおしさを感じたわたしですが、
このわたしが感じたこの「鬱陶しい」もよくよく見つめると
「腹立つ」であり、憎しみも混じってたな、と。

あら、いやだ。わたしと知人は同じじゃん。
わたしはただ外に向けて表現しなかっただけ。

で、この「腹立つ」ってね、
なんで腹が立つのかというと

「しちゃいけないことなのに
 なんであんたはしろ!って言うのよ」

だったんですね。で、もっとはっきりさせると

「(わたしは)しちゃいけないこと(と思ってる)のに
 なんであなたはしろ!と言うのよ」

なんですよ。自分の考えを押し付けてる。
で、今までのわたしは知人の中の「わたしが合意してる部分だけ」を
認めてたなーと気が付いた。

知人を丸ごと認めてなかったよ、、、


ここでのポイントは
「死刑はしてもいい、したらダメ」という観点ではない、ということです。

「自分がタブーと思ってることを
 してもいいと思ってる人を認める」です。

でね、究極なことを言うと

「自分がタブーとしていることを
 してもいいと思う」

の境地にいけたら
どーんと何かが自分の内でひっくり返るんだけどね。

正直なところ、死刑に関しては
今のわたしは「してもいいじゃん」とまだ完全には言えないです。
「そういうこともあるね」程度。
でも、自分の中でなにか枠が外れた感じがあります。


今回は、死刑が題材で気が付いたのですが、
自分がタブーとしていること
例えば、

・仕事に関して
・親の介護
・子供の世話
・パートナーとの関係性

とかでのタブーを
「してもいいじゃん」と思えると
ほんと変わってくる。
例えば具体的に言うと
「親の介護を放棄するのはタブー」を
放棄してもいいじゃんって思う、とか。

あの、実際に放棄を勧めてるわけでなく、
自分の中に「親の介護を放棄したらダメだ」という
思いはありませんか?という話なんですね。
(放棄したかったらしてもいいと思います)

「親の介護を放棄したらダメだ」
と思いながら介護をするのと
「親の介護を放棄してもいい」
と思いながら介護をするのとでは
同じことをしてても全然違いますから。

自分が認識していることだけで
自分の世界=生きてる範囲が創られてるから。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


死刑が悪いのではなく
死刑は悪いと思っているわたしがズレてました。

死刑にしちゃえと言う人を認めていなかったこと、が
わたしの内のバランスを崩していました。

自分がしちゃダメと思ってたことをまぁあるよねと認めると
自分の内のドス黒い部分も認められた感じがあります。
何がどうと言葉では表現できないのだけど、
自分の内のスペースが広がった感覚がある。

死刑に関しては、自分の中で大きなテーマだったので
「死刑してもいいじゃん」と思ってみるのは
大きなチャレンジでした。
ひゃー、ちと苦しかった。

さあ、次いきます。
(まだあるんかい!)


Comment

非公開コメント

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますこと、
再会できることを楽しみにしています〜!
(*セッションのご予約はこちら
ご参照ください。

*Facebookしています。
アカウントはこちらで、
お友達申請ウエルカムです〜。

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

お会いできることを楽しみにしてます。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ