ナポリ3: 煌びやかな教会、サン・マルティーノ修道院

2017.07.16 03:41|
サン・マルティーノ修道院の続きです。

教会部分は、床の耐荷重安全が
あやしまれているとかで中に入れなかったので
入り口から拝見したのですが、
ものすごくきらびやかでした。
作りがものすごく細やかで
丁寧なのです。

正面からはこんな感じです。

201707N40.jpg

まず驚いたのが床。
パズルのように
大理石などを器用に切って
組み合わせてありました。

201707N37.jpg

これが床一面に延々と続いてるんですよ!
職人技がほんと凄い。
サイド側はこんな感じで

201707N39.jpg

天井はこちら

201707N38.jpg

入り口から眺めただけで
圧倒されるほどのきらびやかさでした。

ここには入れなかったのだけど、
ここに繋がっている
修道士たちが集まるような部屋
(名前忘れちゃったごめん)には
裏側から入れました。

そちらの入り口に続く回廊。
わたしね、教会そのものが好きなのですが、
中でも回廊が大好きなのです。
その回廊もこの美しさ。

201707N41.jpg

床の美しさはまだ続きます。

201707N43.jpg

古いはずなのに
現代っぽさも感じます。

こちらも

201707N47.jpg

この床の部屋ね。
外部に面しての壁に窓がありました。

201707N49.jpg

窓がある部分から、壁の分厚さが見えるかな。
当時はこれくらい壁の厚さがあったんですね。
そこにも綺麗な装飾がありました。
窓の間には絵も飾ってあり、
壁には隙間がないくらいな装飾。

で、反対側の壁はこちら。

201707N48.jpg

見た瞬間は気がつかなくて、間を置いてハッとしたのですが
窓がそっくりそのまま描かれてたんですよ。
向かいの本物の窓ガラスに透けて見える格子までそっくりそのまま。
遠近法といい、装飾といい、素晴らしいなぁと。

この部屋を抜けると、こちらのお部屋へ

201707N45.jpg

これまた天井がきらびやかなのですよ!

201707N44.jpg

絵だけでなく、絵の間にある装飾も
これまた緻密で丁寧なのです。

201707N46.jpg

ここの教会はほんと煌びやかでした。

で、教会と隣接している回廊です。
結構広くて

201707N42.jpg

上の写真で見えている部分は一部です。
庭の一部に低い柵がぐるっと囲っていて
その上に頭蓋骨をかたどった物が間隔をあけて
置いてありました。
なんでも、この頭蓋骨を触りながら柵の周りをまわって
お祈りしたりもしていたそう。
この柵と回廊の間に道があり、

201707N65.jpg

これも、ものすごく趣があって素敵でした!
風化状態から、当時のまま残ってるんじゃないかなと
想像するのですが、この磨り減ったような具合が
これまた歴史を語ってくるようでした。

あとね、こちらも風化が見えるのですが
当時のものかなぁと。

201707N64.jpg

こんな感じのドアは、イタリアの古い住居の
建物の入り口でも見かけます。
ドアがものすごく大きな作りになってるんですね。
で、実際に人が出入りするような大きさで
扉をつくるという。
ドアが重いので、人が出入りする分だけの大きさの扉の方が
確かに便利です。

さて、話は変わるのですが、
「プレゼーペ」をご存知ですか。
キリスト降誕のシーンをミニチュアで再現した物なのですが
ナポリはプレゼーペで有名です。
こちらのサン・マルティーノ修道院でも
大きな大きなプレゼーペがありました。

201707N67.jpg

薄暗かったので写真がクリアでなくてごめんなさい。
壁が青空に薄く雲がかかっているように塗ってあり
天使が空から降りてきているのを表現していて美しかったです。

201707N66.jpg

真ん中辺りに赤ちゃんがいるのが…見え辛いね。。
このプレゼーペは圧巻するほどの大きさの作りでしたが、
他にも幾つもプレゼーペがありました。
その中には、ミニチュアの衣装が物凄く古い布地の物もあり
なんだか当時の空気をまとっているかのようで
感慨深かったです。

こちらのサン・マルティーノ修道院は
回廊以外にも庭があるそうですが、
暑かったのもあり、わたしたちは見に行きませんでした。
最後に眺めのいい場所から。

201707N70.jpg


201707N69.jpg


201707N68.jpg

ここからの眺めも言葉が出ないくらい美しかったです!

ナポリ記事、まだ続きます。
もしよかったら、お付き合いください☆



Comment

非公開コメント

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますことを
楽しみにしています〜!

【ワークショップのお知らせ】
ブレてもまたバランスを
取り戻せばいい!
自分で自分を整えるコツをお伝えする
1Dayワークショップです。
詳しくはこちらをご参照ください

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ