やりたいことだと勘違いしてしまう「自分に合ってること」の落とし穴。

2017.07.08 05:07|思ったこと・気づいたこと
20170707.jpeg

ナポリから帰ってきました!
誕生日を迎えました。
沢山の暖かいメッセージをありがとうございます。

今日は朝からのんびりと過ごし、
あなたの暖かさにホクホクしてとても嬉しくて、
そして、太陽が地球の周りをまた一周したんだな〜
などとも思ったりして、とても感慨深い日を過ごしてます。

わたしの近況話としてはね。
今、強烈に感じているのは、
変わり目の時期だ、ということです。

いろーんなことをひとつずつ
丁寧に見ていってる日々です。
その中でも、とことん見てることは、
「自分が本当にやりたいこと」。

この間もお友達と
「合っていること」「やりたいこと」「好きなこと」
って、それぞれ違うねと話してました。

自分に合ってるけど好きじゃない、とか。
合ってて好きだけどやりたくない、とか。

例えば、わたしの場合だと、
ご老人のお世話をするのは向いてると言われること多くて、
させていただくのも好きだけど、
でも、今はそれを仕事(給料を貰う体制)でしたいとは思わない。

でね。この「自分に合ってる」ってのが
(わたしにとっては)クセものなんですよ。

自分に合ってるから、
してるとエネルギー交換されてるのもスムーズに感じるし、
居心地良いから、満たされしまうんですよね。

で、この満たされ感から
「好きなことなんだ」「やりたい」などと思っちゃう。

でも厳密にはズレてるんですよ。
だから途中からなんか苦しくなってくる。
「本当にしたいこと」とはズレてるから、
魂が叫んでくるというか。

で、ここでちゃんとこの苦しさを見ればいいのですが、
「まぁいいじゃん」「面倒臭い〜」となって「気のせいかな?」
などと誤魔化しちゃうとズルズルドロドロになってくる。
自分で自分を正当化させるために
ポジティブ思考が発動してくるんですね。

「あそこには自分の居場所があるでしょ?」
「楽しいでしょ?」
「求められてるじゃん?」
「感謝も届いてるじゃん!」

ってな感じでね。
でもこれらは、事実を捻じ曲げてるなーと気がついた。

事実は「わたしはなんだか苦しい」んだもの。

苦しいのに、
・居場所を手放す恐れ
・次の場所が見つからない恐れ
・感謝してくれてる人を裏切る(と勝手に思い込んでる)恐れ
そして何よりも
先がまったく見えていないことからの恐れが出て
苦しさを捻じ曲げてたなぁと。

で、この苦しさをちゃんと見ないと
後でまた出てくるんですよね。
これは、解消されるまで、何度も出てくる。

恐れは勇気を与えてくれる材料なので、
うまく使えばいいんだ、と思うんですよ。

「恐れ」を恐れない。
「勇気を与えてくれる道具」として使う。

すると、
「合っていること」「やりたいこと」「好きなこと」
がガッチリ組み合っていることを見つけるんだろう、と
感じています。

…と、こんなことも考えてた日々で、
お誕生日も迎えた今日この頃でした!

今は自己リトリート期間中な感じです。

表面上は混乱してるようで
すべてがドドーーンと出ているようで、
わたしは内に入って、内から整理していて…
あ、そのうちフッと抜けるな、という感覚があります。

ふふふ。抜けたら、何を選択してるのかな?!

あなたもどうぞステキな7月を☆

Happy July!!




Comment

非公開コメント

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますことを
楽しみにしています〜!

【ワークショップのお知らせ】
ブレてもまたバランスを
取り戻せばいい!
自分で自分を整えるコツをお伝えする
1Dayワークショップです。
詳しくはこちらをご参照ください

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ