FC2ブログ

「怒り」には正体がある。

2016.10.31 01:02|思ったこと・気づいたこと
数日前にイタリア中部でM5.5以上の地震があり、
現地時間の今朝もM6.6の地震がありました。
お会いする方々にお声を掛けていただき、
みなさまのお心がとても温かくて嬉しい限りです。
ありがとうございます。

イタリアのおうち(集合住宅)の
ご近所さんに電話したら大きな揺れだったそう。
8月のアマトリーチェの地震でも揺れたし
数日前の揺れもかなり揺れたので
一度ちゃんと専門家に建物を見てもらおう…と
建物内の住人のみなさんはすでに同意見だったそうです。

日本も先週は鳥取で地震があって
壊れた家屋がありましたが、
みんなの気持ち(支援)は届くんじゃないかなぁと感じます。
もうすぐクリスマスですしね。
特にイタリアはクリスマスのピュアで暖かい気持ちが
ますますお互い想い合う気持ちへとなることと思います。
みなで穏やかな日を過ごせますように☆

さて、話は変わり。

20161030.png


この間セッションの流れで「怒り」に関してお話ししてたら
「そんな視点はなかった」と言われてね、
そういえば、そんなことをちょくちょく言われるな〜
と思ったので今日はそのお話を。

「怒り」って、
怒ってるその下には正体があるのね。

それは

「不満」の正体とも似てる。

なんだと思う??
よかったら、ちょっと考えてみてね。
空白をあけますので。






























あのね、怒るときって、どんな時かな。

自分が怒る状況を思い出してみてね。

「列に並んでたら横入りされた」
「お母さんがいつもガミガミうるさい」
「娘・息子たちが言うこと聞かないからつい怒ってしまった」
「道路に犬のフンが落ちてて新品の靴で踏んだ」

…とか。

で、これらに共通点があるのね。
なんだと思う?
また空白をあけるので
よかったら考えてみてね。























それは

「自分の思うとおりになってない」ということ。

「不満」も
「自分が思うようにいかない」
「自分が思うようなことを他人がしていない」
「自分が思うような状況にならない」
から不満に感じるんですね。

わたしたちは
「綺麗な道路を歩きたい」と思ってるし
「娘・息子たちは自分の言うこと聞いて欲しい」と思ってるし
「お母さんには自分のことを受け入れて欲しい」と思ってるし
「列は並ぶもの」と思ってる。
え?列は並ぶべきだって?
横入りするやつが悪くて、怒りが湧くのは当たり前だって?

うん、そうかもしれない。
でね、気がついて欲しいなぁと思うのが、
それは「正義」で見てるということなんですね。
「自分はどう感じたのか」が抜けてるのです。

「列は並ぶべき、それが世の中では正しいのだから」
という考えで終わるのでなく、

「その状況で《自分は》どう感じるのか」

まで見つめて欲しいのです。

列をぬかされて
・《自分が無視された感じ》がした
  →悲しくなった
・列に並ぶという《自分の行為を否定された感じ》がした
  →腹正しくなった
・列に並んだ《自分の行動が無駄になった感じ》がした
  →やり切れなさを感じる
などという反応があって、怒りが湧いたんですね。

「怒り」は、ある意味「仮面」であり
その下には、正体が隠れています。

正体(本当の気持ち)までたどり着かないといけないのね。
仮面(怒り)で止まっちゃうから、
よく分からない状態になることが多いです。

「何を感じて」怒ってるのか、まで見るのです。

怒ったっていいのね。
「怒り」も「喜び」と同じなのだから。
ただの感情のひとつ、なのです。ただそれだけ。
感情表現してるだけであり、
そこには良い・悪いは無いのです。

で、自分が何を感じて怒ってるのか分かるとね、、、
わたしは段々笑えてくることがほとんどです。

「なんでここに犬のフンがあるねん!
 お気に入りの靴で踏んでしもたやん!!(怒り)
 わたしは犬のフンが並ぶ道を用意されるような人間じゃないねん!
 もっと大切に扱われたいわ。(悲しさ)
……
 あれ、なんかわたし、えらい傲慢な人間な感じしてきた…
 犬のうんこごときで
《そんな対応を受ける人間じゃないのに、悲しい》って怒るって…
 あ、いや、そもそものところ、わたしは傲慢やけどさ…
 なんかますますの傲慢さを感じるというか、、」

という感じで、自問自答が始まり、
最後は自分の傲慢さや思い上がりのよさ(!)に
笑えてくるのです。あはは〜〜!

自分の怒りの正体を見ることに慣れていない頃は
すぐには、はっきりと見えてこなかったです。
ちらっとでも見えてくると
「それは違うわ〜」
「それはないわ」と思っちゃってね。
というのも、居心地が悪いのと、
自分のドロドロした部分を見ちゃうから。
「いやいや、わたしはそんな人間と違うし」
なんて思っちゃって!!

ちゃうでー

「わたしはそんな人間」やーー!
さっさと降参した方がラクです〜

だって今のわたしは「そう」なんだもの。
しょうがないじゃん。
それでOKなのです。

まずは「(怒りの正体を)見る」。
そして「認識する」。

認識しないことには、行動(怒り)の方向性が
変な方向へ行っちゃうことがあるんですね。

認識しないまま(怒りの正体が分からないまま)
動く(四方八方に怒りをぶつけてみる)から
よく分からない状況になってしまう。
なので、まずは見る、ということ。

怒りを表現する、ということは、
「思うどおりにいかなかった自分」を
慰めていることでもあるかな、と感じます。

で、他人の怒りというのは
「その人が思うどおりになってない」
例えば、その人が思うように私が行動していないなどで
その人が、悲しさ・焦り・虚しさ・寂しさなどを感じ、
その人の中で勝手にスイッチが入っちゃって怒ってるんですね。

他人の期待に応えなくていいんだし、
人が怒っていれば、怒っててもらったらいいと思う。
感情表現をなさってるだけなのだから。

ー ー ー ー ー

怒りはどういうことなのか。
ちゃんと自分の腑に落ちていると、
自分が怒りの表現をすることにも
他人の怒りに対しても
抵抗が減ってくると思います。

怒りは感情のひとつであり、
そこには良いも悪いもないのです〜

 

Comment

非公開コメント

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
みなさま、
ありがとうございました。
また2018年秋に
お会いできますことを
楽しみにしています〜!

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ