FC2ブログ

I am Home. -Acutonics and Fibonacci-

2016.03.19 00:46|Acutonics(Fibonacci)
20160318.jpeg

言葉では表現しきれないほどの祝福と愛で
とてつもないギフトの中、至福の時を過ごしてきました。

出発前は「ロンに会える〜フィボナッチ習える〜」と
ワクワクしていたのですが、
実際には学びだけでなく、ものすごく癒してもらい、
すっかり新しい自分に生まれ変わって帰ってきたという
わたしにとって人生最大級の
学びと癒しと再生(ReBorn)のリトリートでした。

クラスはロンとエリンの二人で教えてくださってたのですが、
この二人がほんと素晴らしく、クラスの内容もすごくて
音と周波数がここまでの可能性を持っていたということ
そして、そこからの振動が身体のポイントから、
全細胞・意識・エネルギー体にまで
ここまで影響があるんだということを体感させてもらえました。
奇経八脈も、ここまで素晴らしいものだったとは!!!
今まで学んだ経絡だけでも感動ものだったのですが、
奇経八脈は、ほんとさらにすごいんだなぁと。

ロンのお話も素晴らしかった。
「普通の質問でもいいよ」と
アキュトニクスの内容には関係無いことでも
快く受け入れて真摯に答えてくださり、
例えばアトランティスの話とか、エンティティの話とか。
そこからの気づきもとても大きく得ることができました。

ロンは凄いなぁと思う点は沢山あるのですが、
今、心に浮かぶのはジャッジしないということ。
そのまんまを受け入れてくれて、愛をいっぱい感じました。
ものすごいピュアさも。
彼の目を見ていると、自分のすべてを癒されるようで、
そして、感覚でいろんなことを思い出すような感じがしていました。
ほんと気さくな方で、いつ話しかけてもウエルカムで
お食事の時にご一緒させてもらって、いろんな話をしてくれたり。
そうそう、彼からはエゴも感じないんですね。
これもすごかったなー。
そして愛が深い。
みんなのことをそれぞれに見ていて、
誰一人とも見逃さないんですね。
30人も人がいると、あまり目立たないような方は
埋もれてしまいがちにもなるのですが、
ロンはそこも見逃さず、みんなと話をするようにしていて
まだ話せていないような方とは
「きみとはまだ話していないね」と声を掛けていたそうです。
本当にね、ロンからのみんなに対する愛をものすごく感じていました。

エリンもすっごい素敵だった!
彼女の知識と智恵もとても素晴らしく、
クラス内での説明は的を得ていて簡潔で分かりやすかった〜!
クラス外でも一緒にお話させてもらえて、お食事の時とか
食事の行き・帰り道でも後ろから追いついて一緒になると
「一緒に行く?」と誘ってくれたり、
心がほんとスィートで優しいのです。
彼女の叡智も素晴らしく、いろいろ気づかせてもらえました。
たわいない話も面白くて、キュートで優しく、
ものすごくピュアでハートが大きい。
「私はこのクラスのみんなに出会えて光栄です」と
言ってくださってて、
「クラスのみんなが私の先生なの。私は30人の先生がいる」とも
言ってらしてね、彼女のピュアさをものすごく感じました。
男性的なさらっとした感じもあるのだけど、
愛が大きくてものすごく深い。
彼女からもジャッジを感じず、
このまんまを受け入れてもらえてる感じがしていました。
そして、彼女の研究心やひたむきさはものすごかったです。

ほんと、すごい二人だったなーー
今生でまた二人に会えたのはものすごく光栄で、
わたしにとってはギフトそのものでした。

それにしても、今回のハワイ島の滞在はほんと凄かった。
クラスに参加するに当たって、その前から
わたしの中にいろんなことが浮上してきて
その度に自己ヒーリングをしてたので、
もう大丈夫だろうと思ってたんですね。
ところが、飛行機に乗った瞬間からドーンと。
座席前にあるモニターにはハワイの映像が流れていたのですが
そこに同調しただけで、自分の奥底から何か大きなのが
動くのを感じてね、これ何だ?!と。
で、ハワイ島に降り立ってすぐに分かりました。
ハワイ島のエネルギーは凄かった。
もんのすごい愛でいっぱい。
そして、破壊と再生のエネルギーも物凄く感じました。

わたしは前世の記憶がいくつかあるのですが、
その中で、罪悪感、救えなかったという思い、
わたしのせいだったという思いなどがあり、
これらはヒーリングをする上でも大きな抵抗になっていました。
かなり自分でも自己ヒーリングをしてたので
完結した…と思っていたのですが、なんのその。
根っこの大きな部分が残っていて、
今回、ここのいろんな思いを手放せました。

人や生物やその他諸々を救えなかったという思い。
これは、本当にもんのすごく大きくて
「わたしのせいだった」という思い、罪悪感がものすごかったのね。
頭では自分はベストを尽くしたとは分かっていても
ハートが追いついていなかった。
ロンに「きみのせいじゃなかったのだから」と言われても
「いいえ、わたしのせいだった」と大声で言い返して大泣きして。
自分の意識の一部は今ここにいるのだけど、
意識の他の一部はあっちに行っちゃってました。
で、なかなか帰ってこなくて。
ロンに「きみはベストを尽くしたんだよ。
きみが見えていたことを伝えても、彼らがそれを聞かなかったんだ」と
言ってもらっても、そして、それらが本当だったことを頭では分かっていても
それをハートで受け入れるのは時間がかかりました。
当時のわたしはサイキック能力が強かったんですね。
先のことが見えていたので、それを伝えたのですが
皆に聞いてもらえず、皆のことを救えなかったのです。
後でロンから、ロンが見えていたということを
話してもらったのですが、それは、わたしの記憶(ビジョン)と同じでした。
ロンは「みなそれぞれにカルマがあるからね。
必要なことが起こっているのだから」と話してくれて
ますます頭とハートで納得できました。

ずーーっと掴んで離さなかった(守っていた)ことをやっと手放し、
(守っていたつもりの)みんなも先に進めたんだなぁ、としみじみ。
手放した今やっと気づけたのですが、
ずっと持っていたというのは、わたしのエゴだったなー、と。
みんなのことを守っていたつもりが
わたし自身を守っていたわけで(これは分かっていたのですが)
でもそれは、実際にはみんなのためじゃなかった。
ほんと、みんなそれぞれのカルマがあるし、
必要なことが起こっているので、
ただ淡々と流れに乗っていくだけなんですね。
それを今回改めて細胞レベルで感じさせてもらました。

この「救えなかった」ということに関することは、
根深くて、ここから人間不信みたいなのもあり
人とのコンタクトを遮断するような生活:
例えば宗教、特にキリスト教関係の修道院に入ったり
神を想い、山に籠もるような人生をしたりといろんなことを繰り返し。
パターンにもなってました。

こんなのがね、すっかり手放せました。
もういいやって。
そして「わたし、クレイジーだったなぁ」と思えるようになりました。
あはははは〜!

あと、他に手放せたのが、歪んだ忠誠心と献身と依存。
古いパターンとしてこれらを持っていて、
わたしの師匠的な存在(グルとか神とか)と
生活や仕事を共にすれば、忠誠心と献身がものすごく強くなってしまい、
そして依存になる傾向があったという。。
ここもやっと手放せた感じがします。
これからは、師匠と共に仕事をするようなことがあっても
自分の中にいられ、師と平等な立場をかけるような感じがします。
ああ、これは大きいな〜〜

今となっては、これだけ大きなことを手放したので
自分の中に、空っぽになった大きな部屋がいくつもあります。
そして、再生(ReBorn)という感覚がものすごいです。
すべてが新しい感じ。
身体も新しくなった感じがするし、
日常的なことも、物質や植物などすべてのことが
向こうから語りかけてくる…というか、
情報を送ってくるという感じ。
情報のシャワーを浴び続けているという感じで
エネルギーでコミュニケーションを交わしているよう。
ほんと、すべてが新しくなった感じです。

この間は、プラスチック袋(スーパーのレジ袋)を手にした瞬間
「え?!何この素材!!」と驚いちゃった!あははは〜〜
知ってるはずですやん!でも、何だか新しい物質に感じられたのです。
毎日こんな調子ですっごい楽しいです。

もうね、「ともこ」という存在だけでなく
「魂」を救ってもらった感じです。ほんとに!
そして今は I am Home. という感覚がものすごくしています。
やっと帰ってきたよ。
いや、正確には帰っていたのですが、わたしが感じられていなかっただけで。
そこがね、I am Home. という感覚が感じられるようになりました。
喜び・幸せがものすごくあり、祝福の中にいます。

まだ書きたいことはあるのですが、今日はこの辺で。
続きは次回に〜

Comment

非公開コメント

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
みなさま、
ありがとうございました。
また2018年秋に
お会いできますことを
楽しみにしています〜!

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ