FC2ブログ

結果は同じでも、前提が違うと

2014.05.18 03:46|思ったこと・気づいたこと
昨日の明け方に見た夢。

何かの筆記試験を受けているのですが、
質問が英語で、イタリア語で回答してるんですね。
最後は「400以内の単語で論じなさい」な質問で
なんとか記入し、提出。その後、
試験にパスしたかどうか事務所に聞きにいくと
「あなたの論文は差別的で私達にとっては
 評価に値するかどうか判断できません」
と言われ、別室の学者に評価をもらい行くように、とのこと。
私は英語の質問が理解できてなかったのか?!と考えたり、
でも差別的なことは書いた覚えないしなー、どこがそう取られたのだろうと
ちょっとドキドキしながら学者に会いに行き、
「事務所では差別的表現があると取られ、評価を頂けなかったのですが」
「差別?そんなのありませんでしたよ。あなたの論文は素晴らしかったです!」
と絶賛してもらい、試験も合格してました…

と、こんな夢。
昨日は、学者に分かってもらえてよかった〜試験合格して良かった〜
程度にしか思ってなかったのだけど。
今日になって気がついたのが、私には
『一部の人に分かってもらえればそれで良い』という思い込みがあったこと。

今、私は翻訳をしているのですが、内容が専門的な部分が含まれていて、
その分野をかじった人なら、たやすく理解してもらえそうなのだけど、
その分野を全く知らない人には、どう表現したら分かってもらえるのか、
且つ、著者の意図や表現のリズムを変えないで、と取組み中でした。

自分からしたい!と思って始めたこの翻訳ですが、
表現していく上で、ちょっと行き詰まった感がここ数日ありました。
でも、自分に確認すると、やめようとは思わないのね。魂はすると言ってる。
だから何かあるのかなと思ってたのですが。これだったのか!

私はずっと
『一部の人に分かってもらえればそれで良い』と思ってた。

それでもいいんだけどね。
きっと全ての地球人に『私』という存在(思考・嗜好を含めて)の
全てを完全には分かってもらえないと思うから。
そして、それがいろんな考えがある良さだと思うから。

でもね、前提として最初から『一部の人』としてたのは、
今の私からは狭いなーと感じる。
あと、自分は、一部の人以外に対してもアクションしてたのか?という疑問。
アクションせず諦めてなかったか?と。

なので、前提変えました。
『できるだけの人に分かってもらえるよう表現する』
そして
『一部の人に分かってもらえたらそれで良い』。

最終的に得る結果としては、前の私と変わってないのだけど、
前提を変えたせいか、なんか可能性が広がったような、
ドアがいくつも開いたような感じがします。

そして、今はスッキリした。
翻訳に対する姿勢も軽くなった〜!

いやー、ちょっと行き詰まったような感があった翻訳ですが、
あんな夢見て、こんな発見ができるとは。
ほんとすべてのことから気づきがありますねぇ。

Comment

非公開コメント

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
みなさま、
ありがとうございました。
また2018年秋に
お会いできますことを
楽しみにしています〜!

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ