FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつ認められなかったこと

2014.05.02 03:48|思ったこと・気づいたこと
今日、知人夫婦に離婚の文字がちらついたと聞きました。
「話したって相手は理解しない」と言うので
「この際『分かってもらおう』として話すのではなく、
 『自分の想いを伝えよう』として話したら?
 想ってることを今伝えておかないと、後悔するかもよ」
と言わせてもらったのだけど。
後でボブは「こりゃ浮気が絡んでるね」だって。
ええ?あ、確かに変だなぁと私も思った点あったんだけど、、、

と、浮気かしら?と考えていたら思い出した。
父は男の子が欲しかったのでは?という想いを
ずっと認められないでいたのだけど、
もうひとつあったのを思い出しました。認められないこと。

それは、父が浮気をしてたんじゃないか、ということ。
家族でもない全く関係の無い第三者から言われたんだけど
それがずっと気になって引っかかってました。

ことの始まりは私が短大生のとき。
コピーを取ってたら、保健の先生が偶然そばを通り、話しかけてきました。
私は先生と顔見知り程度だったんだけど、
先生は「いつも暇でおしゃべり好き」と自他共に認める方でした。
そして、保健室でお茶を一緒に飲みましょうと誘われ、
むかーしの私は目上の方の言うことは何を置いても優先するタイプだったので、
気が乗らないままでも行ったのです。

そしたら「最近どうなの?」から始まって、
会話は進み、今はなぜそんな話題になったのか覚えていないのだけど、
私の家族の話になりました。
当時、妹がすごい荒れてて攻撃的で暴力的になることもあり、
両親も手が付けられない状態で彼女の振る舞いたいようにさせていました。
そして母も心身的に崩れてしまいました。

そんな話になったら先生が唐突に
「それは、お父さんが浮気してるからよ」と言います。
突然の展開についていけず、浮気を察したこともなかったので
「お父さんは浮気してないと思います」と伝えたのですが、
「いや、絶対してるわよ」と言い張ります。
そして、過去の教え子にも似たケースがあったと、
詳細を交えて話してきました。
「そこもお父さんが浮気をしていた、
 だからあなたのお父さんも絶対浮気してるわよ」と。
どれだけ私が家族の目で父を語っても分かってもらえず、
何を言っても「いや、絶対浮気してる」としか返ってこないので、
とにかくその場を去りたくて「そうですか、では」と部屋を退出しました。

まったく私のことを知らない、まして、父のことを知らない人が
なぜそんなことを言うのか、と先生に対する怒り。そして、
毎日朝早くから夜遅くまで仕事をしている父がそんなことしてるわけない…と
その後は先生をできるだけ避けるようにしてました。
でも、なんか気になってしまい、忘れられないんですよ。
そして言われたことをずっと引きずって時間は経ち。

数年前にね、ふと「やっぱり父は浮気してたのかも」と思った。
なんとなーく、ふと。
でもね、認められなかったんですよ。
『私のお父さん』がそんな…と。

それがね、今日。ふと
「ああ、お父さん、浮気してたのかもなー」と
穏やかに受け入れることができました。

母に聞いたわけでもなく、
父に直接問うたわけでもないので、
本当のとこはどうか分かりません。

(*だから、お父さん、浮気してなかったかもよーー)

ただね。
なんだろう。上手く言葉で言えないのだけど、
今はどっちでもいいやって感じです。

なんかね、
お父さんを、『父』としてでなく、『人』としてみれるようになった
そんな感じ。

前は『お父さんが』とみてたので、
そこに『私が理想と想像しているお父さん像』をはめてしまい、
浮気は悪いこと、としてしまって(よいこと、とも一概には言えませんが)
「私のお父さんは浮気なんて悪いことしない…」と認められなかった。

今は、してたとしても、してなかったとしても、どっちでもいいや。
お父さんはこれからも私にとって『父』なのだけど、
それ以前に『人』なんだなーという思いでいっぱいです。

Comment

非公開コメント

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
みなさま、
ありがとうございました。
また2018年秋に
お会いできますことを
楽しみにしています〜!

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。