FC2ブログ

自分の価値。人から認められるかどうかに影響されていない?(わたしの場合)

2017.11.26 23:50|ワークショップ
20171126.jpeg

寒くなってきましたね〜!
すれ違う人からふわりと漂う
樟脳の香りに冬を感じます(そこかい)。

いかがお過ごしですか。

うちはボブがここしばらく体調を崩してたので
のーんびり過ごしていたのですが
(おかげさまで今は元気です)
その間に思ったことがありました。

…と、その前に。



突然ですが、質問です〜
 


あなたの価値は、誰が決めていますか?

家族?親?師匠?上司?先生?神?自分?


 
わたしはね、自分が決めていると
ずーっと思ってたんですよ。
信じて疑いさえもしてなかった。

それが、ハッとしたことがありまして。

むかーし忘れたほど前ですが、
ボブに頼まれたことをするたびにね、

彼の要望通りにできていたら
なんてことなかったのですが、
要望通りにできていなかった時の
ボブの発言に対する自分の反応が酷かった。

自分で自分を落としてたんですよね。
奈落の底に突き落とし、だめじゃんわたしと
モラルで殴り倒すかのように打ちのめしてました。
で、どーーんと落ち込むんですよ。

わたし何してるんだろうという思いと共に
自分の価値が下がっていくのを
落ち込むたびに感じてました。


…ってことを繰り返してたんですけど
ある日、ハッと疑問が頭に浮かんだんですよ。


「この展開で落ち込むということは、
 わたしの価値は、ボブの言動に左右されてない?」


いやもう、、、フライパンで頭をなぐられたようだった!

「ボブに認められたら、わ〜〜い♪と上昇し
 ボブに認められなかったら奈落に落ちる」

ってことは、ボブの言動に決定されてたんですから!!
ショックだったわ〜
わたしの価値を「わたしが」決めてなかったもん。

で、ここに気づいたらですね、
他に気づいたこともあって、それが、

「自己価値が上がる
 =人に認められる
 =人に認められることをする」

という図式。

自己価値を上げるために
「他人に」認められるようなことを
「無自覚で」しようとしてた自分

に気づいたんですよ。
自分がしたいことの行動じゃなくて
他人の期待に応えるような行動が軸になってたとは。。


…ということを
体調が悪いボブと一緒にいて
ふと思い出しました。

むかーしのわたしは
自分を無理して
自己犠牲してまででも
思いつく限りのことをしてたんですね。

そして、ボブに喜んでもらえたら
自分を認め、自己価値が上がり、
ボブに喜んでもらえなかったら
自分を否定し、自己価値も下がったという。

今では体調が悪い彼に対してすることは
素直に自分が思ったことだけをしています。

そして

「しようと思えばできるけど、しない」
という選択を自分の中に入れています。

これね、大きいよ。

「したくないけど」する
「無理したらできるから」する
「期待されてるから」する
「相手がして欲しそうだから」する
「相手が困ってるから」する
「断れないから」する

というようなことが止められるから
ラクになる。


あの、人に認めてもらって
自分の価値が上がるのもいいと思います。

でもね

人に認めてもらえないと
自己価値が上がらないというのは
「相手(の価値)を生きている」ことであり、
自分を生きていないのでは…と
わたしは思うのです。

それは寂しいなぁと思う。

自分がいないもの。
それは自分の存在が傷ついてると思う。

人がどうこう、ではなく
自分が自分を認められたらいいな〜




* * * * * * * * *
12月4日のワークショップでは
自己価値に関しても触れていくので
よかったら遊びにきてください。

あと、
「反応」についてや
「無自覚な行動」
「それを自覚できるように…」ということも
見ていきます。

ご一緒できることを楽しみにしています〜!

お問い合わせ・お申し込みは:
tomoko.it.IH@gmail.com まで


【お知らせ】"自分の癖を知る。創造的展開をする" ワークショップ開催 〜あなたの価値は誰が決めてる?

2017.11.21 22:23|ワークショップ
20170912.jpeg

お知らせです〜!
前回ご好評を頂いた1Dayワークショップ

自分の意識のパターン、
行動パターンを認識して
自己破壊的な習慣を変える。という内容でした。

自分の思考癖を知ることは
自分の思い込みから解放できるし
自分を縛っている枠からも出ることができるのね。
自分がクリアに自由になってくる。

でね、

今回はふと思いついたので
少し内容を変えて、
自己価値に関しても解いていきます〜。


あなたの価値は誰が決めていますか?


…どう?誰が決めてる!?
あなたが思ってる状態と
実際に行動している状態は
一致してるかな。
ズレてない?

自分を見つめる。
自分を認識する。

そして

自分の感情を見る。
その奥を知る。

自分で自分を整えることはできるし
(というか、そもそもそういう状態だし)
究極な表現をすると、自分を救えるのは自分、
ということを体感していただけると思います。

よかったら、遊びに来てください〜!

【日時】12月4日(月)10時〜16時(*延長する可能性有り)
【場所】大阪市内
【料金】10.000円
【内容】・あなたの価値は誰が決めている?
    ・自分の癖を知る
    ・古い習慣を新しい習慣に入れ替える
    ・人生のチャレンジを乗り越えるとき
    ・質疑応答

*あと三名様ご参加いただけます。

ご質問やお問い合わせなど、お気軽に
tomoko.it.IH@gmail.com
までお送りくださいませ。

あなたにお会いできること、
一緒のお時間を過ごせることを楽しみにしています!
ひゃっほ〜〜♪





超お薦め!マルセイユタロット入門講座(大阪)

2017.11.20 18:58|お知らせ
ここ一週間、いろんな方と会っていた
嬉し楽しい日々でした。
その中で、お会いできた方のおひとりが
わたしが受講したタロットの宮岡先生です。
https://ameblo.jp/mvoler-tarot/

え?ともこさんタロットしてたのって??
そうなのよ〜。してるの。
キネシをしてて、タロットをしてるから、

「なんでタロットしてるの?
 キネシしてるんだから、
 選択・決定に迷ったら
 キネシ使えばいいじゃん?」

とたまに聞かれるんだけど、
まぁ確かにそうでもあるんだけど

タロットってね、
わたしにとっては、
パーソナルな22人のアドバイザーが
ついてくれているような感覚があります。

カードをひいて並べると
そこから語りかけてくれているような感じ。

絵の隅々にメッセージがあるんですね。

わたしが使っているのは
フィリップ・カモワン氏と
アレハンドロ・ホドロフスキー氏が復元された
マルセイユタロットで、
それぞれのカードの図には
色や形、ちょっとした柄すべてに
隠された意味があるんですよ。

これが鳥肌たつほどに凄い!!
わたし、初めて知る度に「うぉ〜〜」とか
心の中で唸ってたもん。
いや、実際に声出した時もあるかも…
ほんとそれぐらい驚く。
(例をあげたいのですが、
 最初のインパクトが凄いのでそれを味わって頂きたく
 ここでは割愛させていただきます…くぅ〜)


で、ですね。

来月、大阪にて、12月の合計二日間で
マルセイユタロット入門コースが開催されるそうです。

https://ameblo.jp/mvoler-tarot/entry-12328291531.html

内容は、(先生のブログから引用させていただきます)
・マルセイユタロットが示す教義と内容
・タロットの概説
・リーディング体験
・自分の人生、過去・現在・未来
・色々な占い方、リーディング方法とその実践
・自分の課題とその解決、調整に向けて

とのことで、

料金は、な、なんと!!
2万円だそうですよ!!

わたし、ぶっ飛びました。
破格ですよ、このお値段!
ほんと、ビックリした。
記事を見たときに、
受講料の数字を見間違えたかと思って、
画面に顔をくっつけて見直したほどでした(どないや)



タロットに興味がある方!
受講するめちゃ良い機会ですよーーー!



講師の宮岡先生は
もんのすごくタロットに精通されてらっしゃいます。
タロットだけでなく、そこに付随していることに関しても
研究が止まないほどいつも深くなさっているので、
先生が教えてくださる内容は秀逸で素晴らしい。

今回のあの内容で
(先生のブログから引用させていただきます)
講師からのリーディングもあれば、自分で行う占い・リーディングもあり、自己分析や今後の方向性を見るなどのこともしていただく内容を考えております。


とのことでですね。
いやもう、、
クラス内容が、これだけてんこ盛りで、
あの、ゲスい表現なんですが、あえて言いタイ。
受講料安いよ、ほんとに。
こんな機会あるの!?と驚いたもの。

タロットに関して
・どう学んだらいいか分からない
・初めてで何がどうだか…(わたしもそうだった!)
・いきなり本格的に学ぶにはちょっと…
・今、ピンときた

という方にお薦めしたいです。
その中でもですね、
「本格的に学ぶほどの興味はまだないけど、
 でもずっと興味があって学んでみたいと思ってた」
という方には、特におすすめしたい!
めちゃ良い機会だと思う。

ラッキーなことに
まだ空席は有るそうなので、
興味がある方は、宮岡先生にメッセージを送ってくださいね。

https://ameblo.jp/mvoler-tarot/entry-12328291531.html

先生は、一見だけだと真面目そうな感じがあるかも、ですが
関西人ですから!
お話していると笑いの要素がちょこちょこ出てきて
楽しいです〜。

わたしは、宮岡先生からタロットを学べて
本当に良かったと、今でもご縁があったことに
感謝しています。

あなたも
タロットと共に楽しいお時間を☆



追記:
アレハンドロ・ホドロフスキー氏の新作映画
「エンドレス・ポエトリー」が公開されます。

それに当たって、東京では明日11月21日に
イベントが開催されます。
そこに、京都の知る人ぞ知る「カフェ・オパール」の
小川トモコさんが登壇されます!

トモコさんもマルセイユタロットのリーディングをされていて
ホドロフスキー氏と映画のファンであり、
わたしの大好きな方でもあります〜
よかったら、こちらにも足をお運びくださいませね☆
https://ameblo.jp/mvoler-tarot/entry-12329614685.html



 

1111ワークショップでした。ありがとうございました〜!

2017.11.16 00:53|ワークショップ
先週の土曜日、11月11日のワークショップ。
おかげさまで楽しい時間を過ごしました〜!
ご一緒してくださったみなさま、
本当にありがとうございました。

遠方から来てくださった方がいて、
大阪に朝6時にバスで着いた方がいれば、
お子さんと朝6時にバスに乗っていた方あり、
朝6時に起きたわたしがいたり、
まだ寝ていた方がいたり。

人それぞれのいろんなドラマを
垣間見た感じがして、ふと不思議な感覚がありました。

ご参加くださったみんなは
正直に自分の内を見てくださっててね。
そして感じたことを臆することなく隠すことなく
シェアしてくださってました。
ほんと素晴らしかった。

終了してから頂戴したご感想でも

「集まった皆さんは、やはり集まるべくして
 集まった方々だなぁと思いました。」

と書いてくださっていたのですが、
ほんと、ご縁があって出会うと
しみじみしました
 
さて、今回の内容ですが。

自分の意識のパターン、
行動パターンを認識して、
自己破壊的な習慣を変える。
自分を見つめる。
自分を認識する。

ということを主に
参加型ワークも組み込んだ
ワークショップでした。

ご感想を書いていただいたので
一部をご紹介させてください(許可をありがとう〜)

。 。 。 。 。 。 。 。

1)今回のワークショップでは
何が興味深かった・面白かったですか?
ご自身の中で何か気づきや変化はありましたか?


「人によって色々なところ、
 自分があまりに自分らしいところ
 自分の好きなものは自分の好きなもの、
 自分の恐れはあくまでも自分の恐れだなーと
 またまた思いました」


ほんとそうですね。
自分の好きは自分の好き、
自分の恐れは自分の恐れ。
自分の意識で自分の世界が出来てます。
なので、そこ(自分が引かれること・意識があることが何か)を
認識することが大切で、
それを感じていただけたのは本当嬉しいです。

他に頂いたご感想は、

「○○のワークで自分の現在の状態を見ることができて良かったです。
 □□も自分が頭で考えた性質と違っていて、
 そういう発見ができたのが面白かったです」


○○や□□と伏せ字を使ってます、ごめんなさい〜。
この内容を知らないまま、ワークショップに来ていただきたいのデス!
ちなみに、ここでしたワークはイメージワークです。
イメージってね、言葉では表現できないようなことを
表すことができると感じます。
あと、マインドで考えていないので、
自分が思いつかなかったようなことが出てくるんですね。
そしてそれは、本当の姿だとわたしは感じています。



。 。 。 。 。 。 。 。

2)あなたの生活の中に取り入れられそうですか?
  もしそうなら、どういうところでしょうか。


「自分の感覚感情を認識出来ないところが悩みだったので、
 宿題のワークをして1つ1つの感情を見てあげたいなと思います」


感情感覚を認識することは大事です。
ここが弱くなっていると、ストレスが溜まっていくことに
気づき辛くなってしまうことがあり、そうすると
なんや分からんけど疲れてる…となっちゃうんですね。
そして、往々にして、なんでも「ストレス」で括ってしまう傾向も。
これは大雑把すぎると思う。
なにがストレスになっているのかを
自分の感覚感情を認識して見ていくと
ストレスが小さくなりますから!すると楽になりますから。

他に頂いた、生活の中に取り入れられそうなことは、

「自分を見つめる自分をもって、自分を取り戻すこと。
 自分の心とパターンを客観的に見ること」


そうそう、自分のことになるとハマっちゃって
見えなくなる時もあったりしてね。
すると何が何だか分からなくなる…んだけど。
「自分を見つめる自分をもって」というお言葉を見たとき
今回わたしがお伝えしたかったことが伝わったと感じて
とても嬉しかったです。

でね、ご感想でね、

「ともこさんがヒーリングのお仕事をされていても、
自分を救えるのは自分だけ…とおっしゃっていたのが
印象的でした」


というお声も頂戴していました。
もうみんなご存知だと思うんだけど、
癒しはご自身・自分が起こしてるのですよ。
セラピストとかヒーラーじゃないんですね。

彼・彼女ら(セラピストやヒーラーなど)は
セッションやカウンセリングや講座などで
なんだかんだとやったり話したりしてるけど、
彼らはただそこにいて何かしてるだけなんですよ。
ご自身/自分が自分に癒しの許可を出し、
彼らが何かしているそこを自分で選択して
同調したり気づいたりして
自分で癒してるんですね。

で、行き着くところは

「癒されるべき(救われる)自分なんていなかった」

だと思います。

ほんとにね、すべて自分が作り出してて
究極を言うと、
救われる自分(救われていない自分)なんて
いないもの。

みーんな今もうすでに素晴らしい存在だから。


…と、そんな想いなどもあって
自分で気づいていけるワークショップをしたい、、
と思っていたところ
その願いを叶えてもらいました。

参加くださったあなたのおかげです〜!
本当ありがとうございます。

またご希望くださる方がいらしたら開催したいです。
今回、ここはこうした方がいいな…ということにも
気づいたので、その点を変えたり削ったり加えたり。。
早くも構成し直しています。

ご希望くださる方がいたら、お声をかけてくださいね。


今回のワークショップを誰かにお薦めしたいですか?
もしそうなら、どんな人にお薦めしたいですか

とお尋ねしたら

「自分を信じる力が弱くなっている人にお薦めしたいです」

「思考がぐるぐるして苦しい人、頭をよく使う人、
 理論的な人には、最初は難しく感じるかもしれないけれど
 ハッとした時のインパクトが大きいのではと思います」

とお声をいただきました。

よかったら、会いに来てください。
自分で自分を整える、枠を外すことはできますから。

遠方だったら、わたしが会いにいくことも可能です〜
一度ご連絡くださいね。

お問い合わせは、tomoko.it.IH@gmail.com まで☆

あなたにお会いできますことを楽しみにしています!





 

徒然に。生きるも死ぬも無いのかも、と。

2017.11.07 20:05|思ったこと・気づいたこと
20171107.jpeg

身近な人の他界に触れる度に、
死と生に関して考えてるように思うんだけど。。
何度考えても死に触れる度にまた考えてしまいます。

結局はわたしの思考の範囲内の話なので
思考の域を超えておらず、
究極な言い方をすると
本当のところは分からない、んだろうけど、ね。。


先日、友人ご夫婦の旦那さんが他界されました。

病気を持っていらしたけど、安定した状態で
先月お会いしたときもお元気だったんですよ。
それが突然、体調が悪くなり
あっという間にどんどんと崩れて
先生からは「一ヶ月持つかどうか分からない」と
言われたとのことで、旦那さんの家族に連絡取った…とのこと。
その二日後に旦那さんは他界されました。

なんかもうビックリした。

一ヶ月経ってないし!二日だし!!
と、寂しさや悲しさが怒りみたいになって
どうでもいいこと(一ヶ月とか)に八つ当たりしましたが、

人間がここで生きるには
肉体が必要なんだということ

そして、

その肉体は、頑丈そうであるのと同時に
繊細なつくりでもあるんだ、

ということをものすごく感じました。



普段は意識をしていなくても
心臓は勝手に動いてくれているし、
肺も横隔膜も動いてくれてる。

多少のことがあっても
自己治癒が発動するし
解毒作用もある。

でもですね、
突然に崩れることがあるんだなぁと。

肉体は、頑丈そうであり
でも、各部位はそれぞれ繋がっていて
一箇所でのことは全体に影響があり
肉体は繊細でもある、としみじみしました。



でね、死って何だろうって思ったんですよ。



肉体が動かなくなった(心臓が止まった)時点が
死だ、と定義するならそうなんだけど、でも。

それがどうなんだろう?と。

それで終わりということ?
そこでその人はいなくなったということ?



で、考えて・感じてみたらですね、
他界した旦那さんは、いると感じるんですよ。

あれ?と思って、
他界したわたしの祖父母を感じてみたら、
いると感じる。

(「肉体的にいる」という意味ではなく、
  存在を感じる、ということです)

祖父母は、遺伝子的にわたしの中にあるから
それも作用しているのだろうけど、
それだけでなく、
エネルギー的な様でいる感じ。

友人の旦那さんも同じように
エネルギー的な存在を感じるんですね。

じゃあ、死とは何だろう、と。



もしかしたら、

死というのは無くて、
生も無いのでは、と思った。

始まりもなくて終わりもない、という感じでね、
ある意味、わたしたちは

生まれもしていなくて
死んでもいないのかも。

ただ延々と移り変わりゆく中に
ひとつの彩として、
わたしたちそれぞれが肉体を持って表現している。

一般的にはそれが「生」と言われてたりしてて
肉体が動かなくなったら「死」と言われるけど、

その実、

「肉体の表現」が目で見えないだけであって
見えていない部分での表現は続いている…

そう、肉体の死とは、
ただ表現が移り変わっただけなのかな、と。

だから、ある意味、死んでいない(終わっていない)し
生まれてもいない(始まってもいない)。

ずーっと続く宇宙の表現の中にいるのかもしれない…



と、そんなことを思いました。




プロフィール

ともこ

Author:ともこ
みなさま、
ありがとうございました。
また2018年秋に
お会いできますことを
楽しみにしています〜!

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ