自分のネガティブさを完全に受け入れられてないから「まだ残ってるんだ?!」という感じ方をするのかも

2017.08.31 04:21|わたしの場合
20170831.jpeg

昨夜、そろそろ寝ようと思って
トイレ行って座ってボーッとしてた瞬間!
ハッとしたんですよ!!

わたしも以前に言ってた記憶があるんだけど
自分のネガティブさを手放そうとワークして、
手放せたと感じた…のに、まだ残ってたと発見したときに言うセリフ。

「まだ残ってたんだ?!」
「まだ有ったんだ?!」

これってね、
その自分が思うネガティブな性質を
完全に受け入れられてないから、
そんなこと感じる・思う・言うと思うんですよ。

もしかしたら「今まで何度もワークしてきたのに」という
労力とか掛けてきた時間への驚きがあるのかもだけど、
でもそんな驚きも、根底に
「こんな悪いのがまだ有るのか?」
という思いがあるんじゃないかなぁと。

だから「あれだけワークしたのにまだあるのか」という
反応になるのかな、と。

ええ、まだそれに関して抵抗してると思うんですよ。
「自分がそれを持っている」ということに関して
完全に受け入れられていない。

あの、わたし、ブログであーだこーだ書いてますが
世間一般で言われているようなネガティブ、例えば
罪悪感や嫉妬や恨みなど、別に持っててもいいと思うんですよ。

「それらを持ってる自分」にOK出すのね。

そんな自分でも「まぁいっか〜」てな感じで。

本当に自分を丸ごと受け入れられているのなら、
それが出来てると思う。

そうするとね、

「まだ残ってるんだ?!」

という反応はしないんじゃないかな、と思うんですよ。
逆に

「あ!こんな微妙に少し○○(罪悪感なり嫉妬なり)を
 感じたのを見逃さずにキャッチ出来た、わたし!!
 段々感度が上がってるのかも?!
 嬉しい〜〜」

というような、喜びの反応になるんじゃないかなぁと。



どう思う?



…で、これ、わたしの話なんですけどね。。

今までの自分が小っ恥ずかしい感じがするのですが
まさしく以前のわたしが「自分を完全に受け入れてなかったな」と。

昨日の朝ね、自分の内になにかがある、と気がついたんですよ。
以前自分にワークした嫌だと思ってた自分のなにか。
何だったか思い出せないんだけど(ごめん)
で、その時に

「あ、わたし、まだこんなのあったんだ!
 でもさ、今回はこんな少しの感覚だったのに
 よくキャッチ出来たな〜自分!
 感性上がってないか?なんか嬉しい」

と喜んでた。

ただ、嬉しい〜嬉しい〜、で、
なにに気がついたのか、自分のどの性質だったか忘れるほどで
自分が愛おしくてね。

で、ハッとしたんですよ。

ああ、これだったのか、と。
きっと、これが自分を受け入れるということなんだ、って。
今までは、わたしはちゃんと分かってなかったのかも?とも。


感覚的なことも合わせて話しているので
それを文字だけで表現しようとしているので
わたしの言語化能力の足りなさから伝わっていない部分も
あるかも、なんですが、あのね。


どれだけ自己ワークしても
どれだけヒーリングを受けても、
自分の中にネガティブさを探そうとしたら
いつまでも見つけられると思うんですよ。
キリが無い。

だからね、そういう見方ではなく、

「あ!今までだったらこんな些細なことには
 反射的な反応をして、自分は○○(罪悪感など)に
 気が付かなかっただろうに、
 今回は○○を感じてることに気がつけてる。
 自分ったら、進歩してるじゃん〜」

みたいな感じでね、自分を褒めてあげて欲しいな、と。

でね、
自分のどんな一面であっても、
いつかは受け入れてあげて欲しいなぁと思う。
瞬間的には、うわーーー!とぐちゃぐちゃしていいけど
でも、いつかは、どんな自分でも「ま、いっか〜」と。

これは、諦めるのとは、また別なのね。
そんな(嫌だと思ってしまう)自分さえも
「まぁいいか〜」と「それも自分の一面だ」と
認識することです。

世の中、いろんなメソッドがあるけど
わたしにとっては、結局行き着くところのベースは
「それも自分の一部だと認識する」ことかなぁ。

自分に降参する、みたいな感じ!あはは〜
まぁそんな自分もいいやんね、って感じで。

そうすることで、捉え方・見方が変わって
自分の中でなにかが変容していきます。

わたしはきっとこれからも
こんな感じで、続けていくと思う。

あなたも一緒にどうですか?


色気とか魅力って…!!

2017.08.29 04:22|思ったこと・気づいたこと
20170828.jpeg

さっき洗濯物を畳んでいたら、唐突に

「色気がある人って、、
 無駄なことを罪悪感無しに楽しんで出来てる人では?!」

とハッとして、頭の中にランプ点灯した!!

ちょっと聞いてくださいよ〜

あ。無駄なことを楽しむ、ということで
無邪気っぽいかもけど、無邪気はちょっと横に…


まず、わたしにとっての色気とは、ですが
これはセクシーとは微妙に違う。
セクシー+αなんですよ。

なんていうかな…

香りが漂ってるようでね、
果物が熟している感じで、でもその熟度はくたびれではなく
潤いのジューシーさをも彷彿させ、
本人は何もアピールしていないのだけど
その溢れる香りや潤いがこぼれ出る、という感じ。

で、「溢れ出る」「こぼれ出る」ほどだから
自分が完全に満たされてる方なんだろうな、と思った。
そこまで満たされていないと
「溢れ出る」ことはできないから。

でね、もう満たされてるからね、
役に立つとか無駄とかそんなの関係なくて
いろんなこともどうでもよくて
ただただ楽しめる。
で、楽しめてるから、ますます香り高くジューシーになる…
という循環になってるのかしら?!と思った。


ああ、なるほどな〜これが色気か…
と、ひとりで納得してたらですね、

「じゃあ《魅力がある人》ってどんな人?」

と疑問が湧いてきた。

あなたにとって「魅力がある人」ってどんな人ですか。

わたしはね、、、
キラキラした輝きを放ってる人に魅力を感じる。
特に目がね、まるでガラスのように透き通っていて
潤ってもいて、キラキラしてる。

そんな人って、、えっと、、、
と思い返してたら、あっと思った。

夢中になってしてることがある人だ、と気がついた。
しかも、それを心底楽しんでる人。

他人が何を言おうが
何を思おうが、まったく関係なく
自分が思うことをしてる人。
時には「なんでこんなことしてるか分からないけど」と、
笑いながらもしてる人。

そこまで何かに夢中になってる人に
わたしは魅力を感じるんだなぁと。

で、そんな人って、引力があるというか。
引きつけられる(惹きつけられる)エネルギーを
感じるんですね。

そこまで惹きつけられるほどなので
「その人」そのものに魅力を感じるんですよ。

これは、色気のある人にも同じです。
「その人」の存在に色気を感じる。


…ということに気づいたらね。

ジュエリーとか格好良い服とかさ、
関係無いじゃん、と思った。

色気のある人・魅力のある人が纏うジュエリーは、
「その人を引き立たせる物」であり、
ジュエリーを身につけてることすら気がつかないほど
その人の美しさに目がいくもの。

ああ、そうだわ〜〜

と、洗濯物を畳みながら納得した
色気に憧れるわたしでした☆

あなたにとっての色気とは、どんなのですか?
魅力ってどんな感じ??



パターンを崩す。自己犠牲を止める。-わたしの場合

2017.08.28 04:09|わたしの場合
20170827.jpeg

8月最後の週末ですね!
いかがお過ごしですか。

わたしはですね、
まだいくつか来月にもあるけど、
大きなイベントごとは一段落した感じです。
今夏は暑かったわ、、、いろいろと。
沢山の人に会って、いろんな話して
いろんな気づきがありました。

昨日はうちに人が来てランチだったのですが、
これね、わたしは最初乗り気じゃなかったんですよ。

今夏は酷暑があって、身体が疲れてしまい
そこから体調が低調でした。
自分のことだけしてると楽しく過ごせるのですが、
買い出しとか料理とかベランダの掃除など
準備はできないわーと。

なので

「あなたがうちに人を呼びたい気持ちは分かるんだけど
 わたしの体調は本調子でなく、準備はできないよ。
 特に夕食となると、時間遅くなるし
 身体が持たないからほんと困る」

と、正直に伝えました。そしたらね

「きみは何もしなくていいよ。
 ベランダの掃除も僕がするし
 料理も僕が全部する。
 食事は、夕食じゃなくて昼食にしよう。
 それに、みんなダイエット中だから
 僕たちがいつも食べてるようなのでいいし〜」

とボブの返事。

ほほぅ!そうですか??と思ったのね。
「わたしは何もしなくていい」んだって!!
んじゃあ、何もしないでおこう、と思った。
ボブが全部するのならいいや、と。

で、本当に手伝いませんでした。

ベランダの掃除なんてね、
これ、大変なんですよ。
うちのベランダは大きくていつも風が吹いてるせいか
すぐに砂や塵みたいなのが溜まってしまい
毎回、テーブルや椅子などすべてを洗って
ベランダの床もごしごしと洗うのね。
これすらもしませんでした。

いや〜〜、手伝わない勇気が要りました!
ザワザワしたよ。

だってね、大変だと(自分は)思ってるんだもの。
手伝わないと、ボブは怒るんじゃないか、という不安。
そこから、怒られるんじゃないか、という恐れ。
ボブが不機嫌になることへの恐怖。

そんなことがザワザワと湧き上がってきたのですが、
ええぃっ!面倒臭いわ!と
手伝いませんでした。

手伝わない勇気。
何もしない勇気。
動かない勇気。
そして
自分はご機嫌でいる勇気。
部屋でのんびりしてご機嫌で居続ける勇気。

…そしたらね、

わたしは「大変だ」と思っていたベランダ掃除ですが
ボブは、計画を立てて(?)数回に分けてしていて
毎回、終わったあとは怒ってもいなければ
不機嫌でもないんですよ。

ベランダから部屋に入ってくる彼に
「おかえり〜。どうだった?」と
わたしはご機嫌モードで聞くと
「(ベランダを)見て!めちゃ綺麗でしょ〜」と
嬉しそうで疲れてもいないし。

あれれ…?
わたしが勝手に思っていた
「大変な」ベランダ掃除、というのは
ボブにとっては当てはまらない、
ただのわたしの妄想だった…??

しかもですね。
料理に関しても、今回は
ほんっと文字通り何もしなかった。
調理後の片付けもしなかった。
買い出しに関しては、日常の買い物と一緒に
買ってたけど、ある日の買い物は長くてわたし怒ったし!
テーブルセッティングもしなかったし、
食器や料理を並べることもしなかった。
食べた後の食器も洗わなかった〜

したことと言えば、
部屋の掃除@いつも通りの掃除と
残った料理を冷蔵庫に入れた。これだけ、でした。

これほどまで何もしなかったわたしですが
ボブは怒ってなかった。
不機嫌でもなかった。
みんなに手料理を振る舞い、
一緒に食べて過ごしたことは嬉しそうだった。

なんだ…わたしは勝手な妄想してたんか。

で、気がついたんだけど

「ボブは《大変なこと》をひとりでしてる。
 手伝わないと彼は怒るだろう」
「ボブが不機嫌になる。どうしよう、怖い!」

などという思いがザワザワ湧き上がってたときね、
ふと父を思い出し、父の姿がちらっと上がったんですよ。
それを見たとき

ああ、これはパターンだ、と思った。

わたしの父は自営業を営んでいて
いつも忙しそうだったんですね。
で、小さい時から父に迷惑を掛けてはいけない、とか
自分が(父に対して)できることがあれば
しなければならないと思ってました。

で、父(のイメージ)を見てると…
母と祖母の姿も見えてきてね。
こりゃー家系的なパターンでもあるな、と。

母は自分がどれだけ疲れてても父を手伝ってたし
祖母(母の母)も同じことしてました。
自己犠牲をしてパートナーを手伝うのは
妻としての標準装備というか、
普通なことだったんですね。
しかも祖母は「それが当たり前」というようなことを
幼い頃からわたしに話してくれててね、
わたしにとっては「それが当たり前」であり、
「その世界」しか知らなかった。

今はね「違う世界」があることを知りました。

あの、自己犠牲の上に成り立つことって
確固たるものじゃないと思うんですよ。

たまにね、自分で選択して自己犠牲をすることもあると思う。
でも、それってね、大抵一時的なことが多いと思うんですよ。

なので「あ、なんか我慢してる…」とか
「自己犠牲してるわ」とか「苦しい」と思っているのなら
それをずっとしていたいのか、自分に問うて欲しいなぁと思います。

で、大抵、パターンになってることが多いと思う。
自分の今までの経験を思い出してみてね。
そして、似たような状況で、親はどうしていたか、も
思い出せるのなら、してみて欲しいです。

パターンを崩す、ということは、
リズムを崩すことと似てると思います。
だから
全く違うリズムを入れるの。
今までと違うことをする。

すると、ガラガラとパターンが崩れますから。
パターンが崩れると、一気にラクになります。
だからね、勇気を出して欲しい。

しかもね、そのパターンがもし家系的なことだとすると
自分のとこで崩れるから、もうこれ以上
自分のラインでは引き継がれない方向になります。

わたしには子供がいませんが、
姪っ子にはなんらしかの影響はいくんじゃないかと
感じています。

あと、母にも影響はある。
家系的パターンを崩すことは、
きっと、放射線状的にも家系になんらかの影響を
もたらすことができるのでは、と感じます。

他には、個人的なことですが、
わたしは気づける範囲で
どんどん自己犠牲を止めてきているのですが
それによって、ボブも自己犠牲が減ってます。
お互いがそれぞれ自分のやりたいこと
居心地のいいことを選べるようになってきてる。

…とこんなこと書くと
なんだかスムーズに現状を得られたように
とられるかもしれないんだけど、違うよ〜

正直に話すと、
わたしが自己犠牲を止め始めたときは
ちょっとした修羅場は何度かありました。
今でもたま〜にあるくらいよ。
さすがに「今までとは違う」は言われなくなりましたが

「僕は我慢してるんだから、きみもしなよ!」
「何なんだよ!」

って言われてました。

ボブね、我慢するんですよ。
だから、つい「うっ、、」と昔のわたしの癖が
ざわめき始める。
でも「ボブは我慢してるんだから、わたしも…」
となるのは違うと体得してたので、ぐぐっと勇気。

これまた正直に書くと泣いたこともある。
苦しくてね。
でも、今までのパターンをずーっと続けるのか?と
自問すると答えはNOでしたから。

じゃあ、パターンを崩す必要がある。
断ち切って、違うことを入れないと。

するとますます自由になってます。

もし、あなたも何か苦しいと感じてたり
パターンがあったら、
わたしと一緒に崩していきませんか。

選択してね。


「見る」ことからの影響

2017.08.25 03:53|思ったこと・気づいたこと
昨夜、寝る前にボブと一緒に
ドキュメンタリー番組を見てました。

番組の内容は、東南アジアの小さな村に住む
大病にかかっている男性の話。
病をこのまま放置していると死んでしまうので
最後の望みで、いろんな人の助けを得て
大きな街へゆき、治療を試みる…というもので、
これがね。いろいろ考えることがありました。

沢山の見ず知らずの人からも助けが降り注ぐこと。
生きることへの渇望、差し込む望みの光。
でもそこに、
病院での組織的なしがらみや保守的な考えが入り
消えつつある命の炎は、そのまま放置される決断。
それをそのまま受け入れる男性患者の潔さと勇気と
いろんな人々への感謝の想いと願いが至極美しくてね、
見ながら大泣きしてました。
ああ、これが生きるということか、と。

そして、病院の組織的なしがらみや
現地医師達が保守的になってしまうということに関しても、
彼らの国の文化や育ってきた環境、
刷り込まれているであろう情報を想像すると、
しょうがないな…と。もうこれはしょうがないとしか言えない。
彼らが悪いとは思えないし。
ああ、これが地球のドラマなんだなぁと。
なんだかものすごい葛藤や悔しさ、やりきれなさを感じて
ここでも泣いて。

(*このドキュメンタリーの結末は、
 結局、外国からのボランティア団体が
 現地で他の病院を見つけることができて、
 男性患者は無事手術することができて
 一命を取りとめ、回復されていました)



そしたらですね、今朝の目覚めが超ダルくてねぇ。
まず、見た夢が重かった。
忙しくて、ヘビーな内容でした。
(内容は長くなるので割愛させていただきます)
そして、身体がダルいんですよ。
一日中、なんだか怠かったです。

いやもう。。普段から見ることには
気をつけているのですが、夜寝る前に
あれほど大泣きして、いろいろ考えてしまう物を
見ちゃうと、やっぱり大きな影響があるなーと
体感しました。


でね、思い出したんですよ。
そういえば、この間も「見る」ことの影響が
大きいと体験したことがありました。

話は変わるのですが、時々ちょこちょこと
画(といっても点描が主のラフ画ですが)を描いてます。

少しお見せするとこんなの。

2017082401.jpeg



2017082404.jpeg


どんなデザインにするのか、は、
大抵いつも描きながら展開させていくので
前もってこんな形にしたいなどとは考えていないのですが、
ある日、ボブが「ねえ、ちょっとアドバイスしていい?」と。
何かなと思ったら、

「次はこんな形を描いたら?」と

六芒星(↓)をメモして見せてくれました。

2017082405.jpeg

メモをちょっと見てたんだけどね、、
どうもピンとこなかったので
「ごめん、気が進まないわ」と
断りました。

そして、新しい画を描き始め…

描き終えたのを、離して見てたらハッとした!!
うわ、、、


2017082402.jpeg


気づかない間に、六芒星っぽいのを入れてたよ、、、

ビックリした。
ボブが渡してくれたメモは
ほんの少しの間しか見ていないってのに。
なにこの影響力。

いやほんとにね。
「見る」ことからの影響は
ものすごいものがあると感じています。

日常的に見ている物なども
普段気がつかないだけで、
自分の内に響いてるな〜と思う。

なので、今回のことでますます
見るものを選択した方がいいと
わたしは感じてます。

何かを選択する、ということは
必然と
他のことを選択しない、に繋がってると思うんですね。

自分は何を見るのか。何を見たいのか。

これは、
現実を見たくない・見ないとか
自分の嫌な面を見ないとか、
そういうことではなく
何をどう見るか選択する、ということでもあると思います。

ほんの数分見ただけでも
これだけ影響を受けてしまうんだもの。

さぁ、これからも選択を研ぎ澄ませていこう〜

あなたは何を見ていくことを選択しますか?


イタリアあれこれ

2017.08.23 03:17|
イタリア南部のイスキアで地震がありました。
マグニチュード4と聞いたので
そんなに被害はないかなと思っていたら
ニュースを見てビックリ。
亡くなった方もいらして
崩壊した建物もありました。

どの建物がどうかは分からないんだけど、
イタリアでは無許可で建物を建ててしまうことが
あるのね。どうやらその関係もあり
今回の被害は大きいそうです。
あとね、これは普段から言われてるんだけど

「イタリアは、問題が起こった時の
 対処する力はものすごくあるけど
 予防することをしらない」

ほんとこれ、そうだと思う。
イタリアでは何かが起こったとき、
いつももんのすごく早くレスキューが入るのね。
サポートする力、気持ち、お金、物、、。
惜しみないのです。
で、こういう状況での動き方も素晴らしくて。
ただ、未然に防ぐ、という方向には
あまり動いてない、という。

でもこれもきっとイタリアの良さが
含まれてるんだろうなー

…と、今日はイタリアの話を書き始めたので
イタリアの紹介を。

これね、ローマ地方のパンです。

2017082103.jpeg

「ロゼッタ」という名前でね、
ローマ地方でしか見かけないパンです。

先月、ナポリに行ったけど本当に見かけなくて、
ナポリにはまた別のナポリ特産パンがある。
(ごめん、名前忘れた…
 形は、コッペパンみたいなのでした)

でね、このパン、ロゼッタ(バラ)ということで
バラのような形(遠くから見てクダサイ…)をしてて
おしりからみると星みたいにもなってる

2017082102.jpeg

横から見るとこんなで

2017082104.jpeg

こんもりしてるのね。
で、トップの部分はおヘソみたいになってます。
外はカリカリで中は空洞なの。

2017082101.jpeg

わたしは今回、立てに切って割りましたが、
横から切り込みをいれて、チーズやハムなどを挟んで
パニーノにしたりもします。

このパンね、
焼きたて&その日は美味しい!
カリカリしてて、歯応えも良く。
お値段は、1Kg辺り2.50ユーロで、
一個は100gほどの重さでした。
ということで、一個辺り25センスなので、
日本円だと33円程になるかな。
イタリアは、生活最低限に当たる
パンやパスタ、お米の値段は手頃なのです。


さて、話は変わり、
海の散歩にちょくちょく行ってるので、
そのお写真も。

海辺を歩いてたら突然霧が濃くなってきた日。

2017082108.jpeg

ものすごく幻想的でした。

お次はいつもの青空。
この人影。何気にわたしは気に入って…

2017082111.jpeg

「アダムとエバ降臨」と名付けマシタ。

アダムとエバに会った日ね、
高潮で風も強かったせいか
波が高くて遠くまで行き、
砂浜から引いていくときが
キラキラしててとても綺麗でした

2017082106.jpeg



2017082110.jpeg


2017082113.jpeg


ちょっとしたイタリア風景でした。
お付き合いくださってありがとうございます☆
最後は大好きな青いそらで〜!

2017082112.jpeg

今日は、先ほど
IH受講済みさんに向けての記事をアップしたので
珍しく(!)2つめの記事アップとなりました。

IH受講者さん、特に受講したけどしてないという方。
よかったらお会いしましょう〜
(ご案内はこちらの記事です)




欲望は悪いことではなく原動力にもなるエネルギー

2017.08.19 03:22|思ったこと・気づいたこと
20170818.jpeg

昨日、友人と欲望について話してました。
でね、つくづく欲望ってエネルギーだなぁと思ったんですよ。

ややもすると、
欲望は悪いことみたいな扱いもされるようですが
わたしは

「欲望」を
どうとらえて
どう使って
どう表現していくか

…だと思う。

欲望はエネルギーだから
上手く使うと
いろんなことを創りだせると思うのね。

なのに「欲望はダメなこと」と思っちゃって
無理矢理抑えつけようとすると
エネルギーは出ていけなくなって
変な具合になってしまうことも。
(ここから変な執着が生まれてしまい
 苦しみになるのかな、とわたしは感じています)

欲望を、信仰心などで消したり、
抑えられたりすることができる人もいると思う。

でも、ただの抑えだと
抑圧になってて「圧」がかかってるから、
あとで、その「圧」が反動して
爆発しちゃうこともあるのね。

あの、一方向に力がかかると、
反対方向にも力がかかるんですよ。
動きはいつも対になっているから。
なので
無理矢理抑え付ける(下)と
爆発(上)にもなりえる、という。

わたしね、
欲望は「火」に似てると思う。

火を上手いこと使ったら
暖をとったり
食べ物を煮たり焼いたり
ガラス細工や刀を形作ったりもできる。

でも

火の扱いを間違ったら
ヤケドしたり火事になるわけで。

こういうことは、
火を使いながら(欲望を実際に表現していきながら)
分かることもあるんだろうなぁと感じています。

だからね、実際にしていく。

え?どうやったらいいのか分からん??
だから悶々としてるんやん!って?!

あの、

これはわたしが思うところなんだけど、
欲望はエネルギーだから流れるじゃないですか。
だから、どういう回路を作ろうか、と見ていく。
ダイレクトにドーーンといくのもあるし、
カーブをかけてクネクネいくのもある。

例えばね、食欲でいくと
食べたい物をとにかく「食べる」というのもあるし、
食べる時の雰囲気を変えて「食べる+環境」というのもありますね。
食器を変える、キャンドルを灯す、音楽をかける、とか。

同じ欲望でも、
自分はその欲望のどの面…例えば食欲でいくと

・見た目、食事の盛り付けや食器の美しさ、場所など
・食感、触感、嗅覚的なこと
・経験を積みたい(食レポを書くのが好き)
・特定の味/国の料理を極めたい

というのような感じで、
その欲望のどの面を展開してくか、を
見ていくと面白いと思うのです。
そして、そこを表現していき、
欲望エネルギーを流していくのね。
すると楽しいし。

友人が言ってくれた言葉で
わたしも共感したのが

「欲望こそがマニフェステーションのエネルギー」

これ、ほんとそうだと思う。

欲望って
自分の中にあることを外へ現す原動力になるなぁと。
そして、そこには美しさもあると思うんですよ。

自分の中の想像性が発揮される。
自分の輝きも放たれると感じるんですね。

欲望はエネルギー。
ダメなことや悪いことじゃないよ。

火を使って、
暖をとったり調理をしたり
製鉄で道具を作ったり
ガラス細工で美を生み出したり
するように、
欲望も使っていこう〜〜

時々ヤケドしたって大丈夫。
火(欲望)の扱い方を学んだだけだから。

そうやって火(欲望)のマスターに
なっていくのだと思います。

わたしも火(欲望)のマスターになりますー!


ムダ=贅沢をひゃっほぅと出来てなかった…私の自己価値の話

2017.08.16 03:45|わたしの場合
20170815.jpeg

東京は恵の雨が降ってるそうですね!
ローマ郊外は暑いよ。。。うーん。
先週は酷暑だったから、あの日々より
格段に過ごしやすいのだけど、
酷暑の後に突然かなり涼しくなって
また急に暑くなったので、身体が
ついていっておらず、体調がいまいち。

のんびり過ごしてた…んだけどね。
なんか違和感がありました。

居心地が悪いんですよ。で、

「何もしなくていいじゃん。
 のんびりぐーたらな生活でいいじゃーん」

という思いも浮かんできて、
確かにそうだ、と思うものの
なーんか変だ、という思いも。

まるで自分に言い聞かせてるようだ、と
感じたんですよ。

なんか変だ、なんか変、、と
ザワザワしてたらね、ハッとした!
わたし、自己価値が低いわ!!

あの、ご説明しますとですね、

わたしにとって「のんびりする」ということは、
「無駄なことをする」
「無意味なことをする」
ということにも繋がっていてね、

じゃあ、無駄なこと・無意味なことって
わたしにとってなんだ?と自問したら
「贅沢」が出てきました。

無駄や無意味は、必要性がないから
わたしにとっては贅沢なんですよ。

…え?じゃあ、、、
贅沢=のんびりしてて居心地悪い自分って、、
贅沢しちゃいけないとか思ってる?!
あれ?「わたしは贅沢にふさわしくない」とか思ってる??
と気づいちゃってですね、もう悶絶ですよ!!
(今も書いてて恥ずかしさが湧いてなんともイヤハヤ)

自分で自分をそんな扱いしてただなんて。
わたし、自己価値が低いなーと思った。

で、自己価値が低いと思った理由がまだあって、
それは、自分がしたいことに対して
迷いが出たからでした。

ワークショップしたい、と少し前のブログに
書いてたじゃないですか。あ、書いてたんです、ハイ。
で、構想してたらめちゃ楽しくてね。
「あ、でもこれするならあれ入れないと…」とか
段々、超真面目モードになってきて
これするべき、ああやるべき、などと
「正しさ」でワークショップの内容を組み立てようとしてました。

そしたら、段々何が何だか分からなくなってきて
「わたしがこんなことしなくても…(誰かがしてるだろうし)」
とか思い始めちゃって。
どんどん自分が小さくなってました。

今、気づいて、振り返ってみると
あの自分は自己価値低くなってた、と思う。。。

確かにね、わたしが「こんなこと」しなくても
なんとかなると思うんですよ。地球は消滅しないし(大袈裟)。
でも、視点はそこじゃなくて。

わたしは、生きるということは芸術だなーと感じています。
人それぞれが、自分をどう表現していくか、が、
生きることだと思っています。

そこには間違いやダメとかはなくて
自分で在るか、ということ。
そこに美しさを感じるのね。

あと、思ったのが、
「結局ワークショップを一度も開催しなかったら、、
 構成したことや考えたことは無駄になる?」
などと、ここで「無駄」を考えてましたが(トホホ)
それは「役に立たない=無駄」と判断しただけで、
その実、構成中はすっごい楽しくて
ほんと文字通り「贅沢」な時間を過ごしてるわけですよ。
楽しいしね。

じゃあ、まぁいいか、と思った。
それにね、構成中に考えたことを
ブログでもアップしたら、もしかしたら、どなたかが
何かを感じ取ってくださるかもしれないなぁと。
それくらい自画自賛な面白いことを考えてます。ふふふ〜


…と、後ろ向きなことを書きましたが、
ワークショップのお問い合わせはいただいています(ありがとう〜!)。

いえね、こんな後ろ向きなわたしも見ていただけたら、と思ったんですよ。
時々「ともこさんでも落ち込むことあるんですか!」とか
「ブレることあるんですか!」と驚かれるから。ね?あるでしょう??

ワークショップはまだ構成中なので、
方向性がバシッとしたら、お知らせさせていただきますね。
遠方でもご希望があれば、喜んで行かせていただきます〜

あ。セッションも、ご案内ページは
まだアップしていないのですが受け付けております。
(この後、アップする…つもり…)

今期はいつまで日本に居るのか
全然見えていないのですが、
冬の間はいるんじゃないかなと思います、たぶん。

人生、生きてたら絶対楽しいことはあるから。
で、それは(望めば)毎日続くのよーー!
ラク〜に、みんなが自分を生きて
それぞれに自分を表現していけるのをわたしは想像しています。

よかったら、あなたの人生の一コマに
わたしと過ごす時間を入れてください〜

お会いできることを楽しみにしています!

人それぞれが自分で在り、表現していますように☆




勝手にドラマを作って罪悪感。ーわたしの話

2017.08.10 03:15|わたしの場合
20170809.png


昨日、シングル親御さんが
好き勝手なことをしているのを見かけてザワッとし
「あ、わたしの内に何かある」と気がつきました。

わたしにとって、この反応はお知らせなのです。
このシーンに関してはお知らせの種類が
いくつかあって、今回は

「自分は好き勝手なことをしておらず、羨ましい」でした。

最近はボブから「ワガママ」のあだ名が付いてるくらい
好きなことしてるつもりだったから何だろうな〜と思いつつ
他にすることがあったので忘れてしまいました。

そしたら今朝。まだ5時前なのに目が覚めて、、
ハッとして、うわーーーと悶えたよ!!

目が覚めた理由は、外から聞こえる「カン…カン…」と
何か硬い物が金属にぶつかる音でした。そして

「うわ、腹立つ。やっぱりアレや!
 あかん、言わなあかんで、わたし!!」

と意識が自分に話し掛けてたもんだからビックリした。
ほんと驚いたけど、でも、目覚めた瞬間だから
自分の潜在意識から来てる物と分かってるので
納得せざるを得ないんですよ、、

実はですね、うちには大きいベランダがあり
今年になってカラスが時々来るようになって
大きな声で「クワーーッ!クワーーッ!」と鳴くんですよ。
それが気に入らないボブは、数日前にCDだかDVDだかを
ベランダの背の高い金具の柵に何枚もつけたのですが、
風が吹くと柵に当たってカン・カン・カーン…カーン…と
甲高い音が聞こえてくる。
あと、光の乱反射もあってチカチカしてるし
ふとした瞬間に刺すような強い光が部屋の中に入ってくる。

わたしにとって甲高い音と強い光は苦手中の苦手。
でもボブが望むのなら…せっかく苦労して?付けたし…などと
勝手に思い込み、
「意識にあがってこないように、見ないふり・気づかないふり」を
してましたーーー!!!

いやもう、本当は分かってた、、自分は居心地悪いって。
体感的には感知してたけど、
マインドで抑圧させ、意識せずに我慢してました。
だから「我慢してる」とは気付けてなかったのね。

「ボブは苦労したんだから」とマインドで体感を抑圧させて、
「意識にあがってこないように、見ないふり・気づかないふり」をして
「無いこと」にしてたから、そりゃ気付けないなーと。

この一連に気がついて
「うわーー、何やってたんだ、わたし!!」と悶えつつ、
起きたボブにすぐ伝えました。
音が気になって寝られない、光も刺すようで痛いと。
わたしは普段から音と光に対して敏感なことは
ボブにもアピールしてたので、この点はすぐ分かってくれました。
(*普段からパートナーとのコミュニケーションは大事ですよ〜)

で、カラス避けを外すことに同意してくれたんだけどね、、
わたし、ボブは怒ると思ったんですよ。
「せっかく設置したのに」とか(設置するのに手こずってたから)。
でもね、怒らなかった。

そして、外すボブの姿を見てたら、、
これまた外すのに少々手こずってるのを見て、
罪悪感が湧いてきました。
「せっかく苦労して設置したのに外してもらってる」とか。
でもね、部屋に入ってきたボブはケロっとしてるんですよ。
爽やかで会話してもサラッと軽い。
外したことに対してなーんも思ってない。

あれれ??ちょっと、わたし!!
勝手にドラマ作ってるんじゃないか、、?!と笑えてきた。

「せっかく設置したのに」と思ったのもわたし。
「苦労したのに」と思ったのもわたし。
でも、実際に行動した本人は、なーんとも思っていない。

…うはっ!可笑しすぎる〜〜!!

でね、罪悪感について、はっきり感じたこと。
これは、自分が自分を責めてるだけだなーと。

例え他人に責められたって、自分が受け入れなかったら
そこから罪悪感は湧いてこない。
「自分が」他人から責められることを受け入れて
「自分が」自分を責めて、罪悪感を感じる。

だから、罪悪感って、
勝手な自分の想像で、自分を責めてるだけだと思った。

生きてたら自分を責めるようなことも
出てくるかもしれない。
その時は、とことん罪悪感と付き合って、
サヨナラしたらいいと思う。

わたしね、罪悪感って
なんだか自分をじわじわ殺してるようだと思った。
ザクザク切りつけてるみたいな感じ。
もうしたくないなぁと。

だから、罪悪感が湧いて、
自分もそこに同意するなら、
とことん付き合って、手放す。

「自分が」自分を責めてるということは、
自分が止めれば終わります。

あと、たまにあるのですが、
「罪悪感を持ちつつ、
 しちゃいけない(と自分で思ってる)ことしてる」のは、
「自分を責めて罪(しちゃいけないことをした)を帳消し」して
罪悪感をそんなふうに使って楽しんでるのかも…ですよ。

「しちゃいけない、でも、したい・やめられない。
 じゃあ罪悪感を感じて、やめられない自分を正当化させよう」
みたいな感じでね、
「自分はちゃんと罪悪感感じてるんだから、いいでしょ」と。
でもそれって、誰に「だからいいでしょ?」と許可をもらってるのかな?
なんで許可をもらってるのかな?


罪悪感。まだ持っていたいと感じたのなら、
持っててもいいんじゃないか、と思う。

でも、もう要らない、と思ったら
「ま、いいじゃん」と、どんな自分でも認めてみてね。
責めてしまう自分(罪悪感を持ったままの自分)すら
「ま、いいじゃん」と!!

深刻にならずに、
遊び心と一緒に!リラックスで〜〜

楽しい8月を☆


ケンカの後が「スッキリ!」「モヤモヤ…」「傷ついた」の違い

2017.08.08 04:33|思ったこと・気づいたこと
20170807.jpg

今日はボブと細々した買い物のために
いろんな店に寄りました。
日用雑貨の店、スーパー、生鮮食品店、
銀行、修理&部品販売店などなど。
そしたらね、店員と客がケンカしてるのを
行く店・行く店で3回見かけたんですよ。
しかもそのうちの一つはかなり激しかったです。

3回目に見かけたときは、
長い行列に並んでいたときで
ボブが珍しいね、と話しかけてきました。

「今日は珍しいね!また(ケンカ)だ」
「ほんとね〜。今日は満月だからかな(イタリアは時差で今日)」
「そうなんだ?月の影響は大きいからな〜」

と話してたら、前に並んでいたお嬢さんが

「今日は、夕方に月食もあるよ」
「そうだった!」

すると、もう一つ前に並んでいたマダムが

「満月と月食の2つだもの!
 月の影響は凄くあるでしょうね」

とそこへ、そのもう一つ前に並んでいた紳士が

「暑いしね〜〜。
 暑さも響いてくるよ、、訳分からなくなるんじゃない?」

と、どんどんいろんな人が入ってきて
みんなでいろいろ話してました。
おかげで長い列の待ち時間も楽しかった〜


でね、今日のケンカを見て思ったのが、

ケンカの後に感じることは
「スッキリする」
「モヤモヤする」
「傷つく」など、
種類があるんじゃないかな、と。

これを読んでくださってるあなたも
経験ありませんかね?

パートナーとケンカした後、
・スッキリして仲直りまでした
・言いたいこと言ったような気もしないではないけど、
 なーんかモヤモヤ残ってる…
・傷ついた!!

というようなこと。

これね、何が違うと思う??

わたしが思ったのはね、
「本音を言ったかどうか」かな、と。

今日見かけた一番激しかったケンカで
聞こえてきた会話は

店員
「今、掃除をしてるからそこ通るなって。
 あんたに何回言ったら分かるんだよ。
 これで4回目(言ってるん)だぜ??」


「ここ掃除してるのは分かってるわよ!
 なによ、その態度!!
 あなた、それでも店員なの?!」

でした。これ、お互いが
「自分を分かって欲しい」
みたいなことを言ってるんですよね。
でも、本音を言ってない。
自分が感じてることを言っていない。

で、何度か同じ会話を繰り返し、
お互いの怒りも激しくなって、客が言い放ったのが

「こっちは客なんだから、大切にしなさいよ!!」

これを聞いて、やっと本音が出たと思いました。
これって、

「私を大切にしなさいよ!」

って言ってるんですね。
自分を大切にしてもらえていないと感じて、怒ってた。

これが「怒りは仮面だから、その下の本音を見る必要がある」
ということだなーと。

ケンカをするときに、こんな本音を出してると
ケンカの後にスッキリする。
で、時には仲直りもできる、と。
(*仲直りは相手の都合があるから
  いつもラブラブ仲直りが待ってるとは限らないと思うけど)

そして、
「言いたいことは言ったような気がするけど
 なんかモヤモヤ残ってる…」というのは、
本音まで指先が届いた程度で、あと一歩だった、という感じ。
もっと、その奥にある自分が感じてることを見極める必要があるかな。

で、「傷ついた!!」というのは
本音を言ってない、と感じます。
上っ面のところだけでケンカしてたかな、と。
さっきの店員と客のように
「その態度は何よ」みたいな言葉は
まさしくそれで、この場合は
「その態度を見て、自分はどう思うのか、自分が何を感じるのか」
を見る必要がある。

例えば
「そういう態度をとられると、
 大切に扱ってもらっていないと感じ、辛い」みたいな。

で、ここまで本音を言って、相手から何かしてもらえる、
相手が変わる…とか期待しない方がいいと思う。
上でも書いたように、相手の行動は相手の都合があるから。

ちなみに、今日見た激しいケンカで客の
「こっちは客なんだから、大切にしなさいよ!」と
言った後の店員の反応は、客?だからどうだってんだ??という
態度でした。

ケンカはときにはお互いの怒りがものすごく爆発し
売り言葉に買い言葉などもありますね。
なので、それに乗っちゃうと、
訳の分からない会話になったり
ズレたことを言い出すこともある。

自分は本音を言えたとしても、
相手は言わないこともあるし
本音ににたどり着くまでに傷ついてる場合もある。
なので、相手の変化に期待しない。
そもそものところで、相手の行動は相手の都合があり
相手が決めることだから。


今日はケンカを3つ見て、
「ケンカもアート(芸術)だな〜」と思いました。

湧き上がってくるような怒りを感じ
爆発するエネルギーに乗せる言葉を瞬時に選び
身体を使ってまで表現する。

相手から発されるエネルギーに影響を受ける場合もあり
そこで変化する自分エネルギー。
そこからまた形造られる怒り。
発散されるエネルギー。

…で、これは自分自身との関係でも
当てはまるかな?と思った。

自分のすべての面と
本音で付き合えているか。

自分のどこかを嫌ったりして
自分の一面の都合の良さで、
他の一面を追い払っていないか、とか。

あーら、どうかしらーー、わたし!

今宵は満月。
しかも、太陽と地球と月が一直線に並びます。

天体のエネルギーの助けも貰って
自分とのケンカ、見ますー。

エネルギーのダダ漏れ警報機

2017.08.06 02:11|わたしの場合
20170805.png


昨日友人といろいろ話してて、流れで

「わたしは、エネルギーのだだ漏れをやめたい。
 変なとこで使ってるから、
 もう自分のやりたいことで使いたい。」

と話してました。
ほんと、変なとこでまだエネルギー使ってます。

例えば「頑張っちゃう」とか。
「一旦始めると余りすぎるほどエネルギー注ぐ(暴走?)」
「変な気を使う」とか。

で、友人にエネルギーのダダ漏れ警報機は動作する?
と聞かれたんですね。

友人は
「ダダ漏れ警報機は頭痛になってサインする。
 げっそりしてるかもね」
と話してくれたので、つい、
「警報機、もっと前に鳴らそう!!」
なぁんて言っちゃいましたが、
後になって気がついたけど
そんなこと言うわたしが
以前はぶっ倒れるまで気づかなかったんだから、
どんな口が言うてるねん、と思った…(ゴメン)

で、今でもエネルギーのダダ漏れ警報機のアラームに
すぐには気づかないんだけど、
段々気がつくことまでの時間が早くなりました。

きっと、人によってダダ漏れ警報機のアラーム(サイン)は
違うと思います。友人は頭痛だったしね。
わたしの場合は、ハッとします。

なんて言うかな、、
意識に膜みたいなのがあって
そこにチクっと小さな針が刺さるようなような感じ。
で、刺さった感覚でハッとする。
時々は、針じゃなくて
フライパンで頭を殴られるような感覚で
ガツーンとくるときもありますが。

でね、気づく時と、気づかない時と
何が違うのか、と思い返してみたら、
意識の状態が違う。

気づく時は、
自分の内や身体にリラックス感がある。
そして、周りが見えないほど嵌まり込んで行動していない。

一方、気が付かない時は、
緊張してたなーと思う。
周りが全然見えてなくて、
その時自分がしてることに完全に嵌ってた。
だから、エネルギー・ダダ漏れ警報機が鳴ってても
ちっとも気付けなかったんだろうな、と。

で、気づく時ってね、
意識の状態は広いです。
自分という個にもあり、全体にもあって
そして、意識と行動との間に
微妙な隙間がある感じ。
そこにスルリと滑り込んで気づく…というか、
そこで警報機アラームが鳴り響いてるというか。

むむー。
感覚を言葉に変換しているので
伝わるかどうか分からないんだけど、
表現してみました、、、

なんしかね。

何事もリラックスして行動してると
エネルギーの無駄使いに気づくと思う。
で、自分の居たいように居心地良いように
その場に居られる(在る)んだよね。

リラックス、リラックス。


それにしても、、、
いや〜〜、昔はぶっ倒れて寝込むようなことしてたので
わたし変わったな〜と思った。
あの、わたしだけじゃなくて
誰でも変わるんですよね。

前からいろいろ自分でワークを試してましたが
ここ数ヶ月は特に自分に対して実験ワークしてます。
途中、うっかり遊び心を忘れて
「わたしマゾっ気あったっけ?!」って思ったくらい
自分の奥深くを見てはクラクラしたり
そんな自分にウケて笑えたりして、
いろいろ面白いこともあったし、
整ったことも多かったです。

ブログでもシェアしたくてぽつぽつ書いてますが
生でみんなに会いたいなーと思ってます。
個人セッションだけでなくて、
「こんなワークをわたしはしてる。
 こんな考え方があるよ」と
直接会って、エネルギーででも感じ取ってもらいたいなぁと。

わたしがずーっと思ってたのは、
ひとりひとりが、自分で自分を整えられることに気付いて欲しいな〜と。
輝きを放って欲しいということでした。
みんなめちゃくちゃ凄い輝きを持ってるもん。
持っていない人なんていないもの。

あの、バランスが整っても
また崩れるのは普通なことなんですよね。
わたしも崩れます。
で、またバランスを取り戻せばいいんですよ。

そもそものところで、
永遠に同じ状態は保っていられないし
わたしたちは変容する生き物なんですね。
だからバランスが崩れるのは普通なこと。

大切なのは、バランスを取り戻すことであり、
バランスを保つことではないかも、と思います。

でね、
以前のわたしと今のわたし、
何が違うのかな、、と見つめててね
ふと思ったのが、
今のわたしは自分の方向性が掴めてること、かなと。

別の表現をすると「自分の方位磁石」を
ちゃんと掴んでる感じ。

方位磁石があるとね、
夜空に月も無く、星も出てない真っ暗闇の中でも
どっちに行ったらいいか方向が分かるじゃないですか。
そんな感じかなと思う。

みんなそれぞれ自分の内に方位磁石をちゃんと持ってる。
もし「え?私は分かんない〜」と感じたのなら、
ただ、忘れちゃっただけ。
それをちゃんと思い出して
体感出来るような形にすると
日々ラクに楽しくなるかな〜と思います。
迷ったりしても方位磁石で方向を合わせて
そちらに向けばいいだけだから。

みんなで「自分の方位磁石を手にする」ことが
出来てたら楽しそう〜と、
今ちらりと考えてなんだかワクワクしています。
面白そう!

どうかな。

「自分の方位磁石を掴もう!」に興味あるかな?
なんか思いつきで書いてますが、
面白そうなので、形(ワークショップ)に
してみようかなと思ってます。

ふふふ〜
どうなるかなーー!

想像力は、007がドラゴンを連れてやってくるし、ピンチからも救ってくれる

2017.08.02 04:17|思ったこと・気づいたこと
20170801.jpeg

時々、夕暮れ時頃に
窓から子どたちが遊んでいる声が
聞こえてくることがあります。

ワーワー…
キャーーー!アハハ〜

笑い声がこれまた可愛いのです。
時々しか聞こえないので、
お友達が遊びに来てる時なのかな、と
聞こえる声を楽しみにしています。

でね、昨日、聞こえてきたのは

「007(ジェームス・ボンドのことね)が
 息止めてやって来るーー」

という男の子の声で、わたしは思わず
007は息止めて登場するんかい!
と心の中で突っ込んでしまったほどで、
そしてその直後に聞こえたのが

「ドラゴン連れてやって来るー!」

でした。

…ちょっと、世界中の皆さん。聞きました?
007がドラゴンを従えてやって来るんですってよ?

洗練されたスーツに身を包み、
超ハイテクなテクノロジーを使いこなす
ジェームス・ボンド。
そんな彼がドラゴンを連れて登場するやなんて、、
あり得るんかいな、男子よ!

と思った瞬間、ハッとしたんですよ。

うわ、わたし、限界設定してる!って。
自分で自分の想像/創造を限定させてると
気がついた。

わたしにとっての007は現代的なんですね。
で、ドラゴンは中性的に捉えていました。
だから、わたしの中では007とドラゴンは
結びつかなかったんですよ。
なので子供が
「007がドラゴンを連れてやって来る」
と言うのを聞き、瞬間的に
「変だ」→「あり得るのかな?」と思ってしまいました。

あちゃー。疑問を持った瞬間に
存在する可能性はぐぐっと下がる、
もしくは、消えちゃうのよね。

これは、
想像(イマジネーション
創造(クリエイティビティ
が広がる可能性が閉じることにも繋がってると感じます。

なので!
想像力&創造力を豊かにしたい場合、
子供のような遊び心で
「あり得るんかいな!」ってことも
心の眼で見ていくことが大切なのです。

ほら、小さい時にごっこ遊びしたじゃないですか?
お気に入りのアニメやキャラクターなどで
「ぼくは○○の役ー」
「わたしは□□の役する」という感じで、
勝手にストーリーとか作っちゃって。

時には、エアー道具とかも作り出して
見えない敵と戦ったりしてね。

そんなノリが大切でね、
しかも、こういうのって
実はものすごく大切で役に立つんですよ。

自分が危機に直面したときに助けてくれる。

「うわー、やばい!どうしよ?!」
という時に、解決策が勝手に瞬間的に
ポップアップしてくるんですよ。

(うーーん、、わたしが言いたいこと伝わってるかな、、)

あの、実際に体験すると「これか!」と
体感してもらえるんだけど、例えばね。

「ちょっ、どうしよ?!」というピンチな時って
どうしようか、と、頭で考えちゃうじゃないですか。
(もしかしたら頭真っ白になってフリーズする場合もあるかも、ですが。わたしタマにある…

で、こういう時って、普段から論理的な考え方をしがちとか
自分の考えが正しいと思い込んでたりすると、
解決策を今までの経験で積んだことの中、
いわゆる記憶の中から探そうとしてる場合が多いと感じます。

ところが、想像力が鍛えられてる場合だと
なんかよう分からんけど…という場合で、
突拍子もないようなことがポーンと浮かんでくるんですね。

わたしにとって、この例え話になっているのが
ギリシャ神話での
ペルセウスがメデューサを退治した時の話です。

メデューサは、見る物を石にしてしまう力を持っていました。
なので、
ペルセウスは、鏡のように磨かれた盾を見ながら
(メデューサを直接見ないようにして)
メデューサを退治したのです。


という話です。
盾ってね、防具・守る物という考えが
ずっとあったのですが、
攻撃道具としても使えるんだ!と目からウロコでした。
しかも、鏡として使うなんてね。

想像に関しては、
アルベルト・アインシュタインも

「Imagination is more important than knowledge.
 想像(想像力)は知識よりも重要である」


と言ってますね。
あのアインシュタインがこういうほどの
想像・想像力の素晴らしさってどれだけなの?!と
ものすごく興味があります。

自分の想像がもっと豊かになると…
どんなことがあるんだろう?!

あなたはどうですか?
 
 
 
プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますことを
楽しみにしています〜!

【ワークショップのお知らせ】
ブレてもまたバランスを
取り戻せばいい!
自分で自分を整えるコツをお伝えする
1Dayワークショップです。
詳しくはこちらをご参照ください

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ