個であるからユニティを感じる?

2017.05.12 22:15|思ったこと・気づいたこと
20170512.jpeg

もしかしたら、わたしの周りだけかも知れないけど
よく「ユニティ」とか「ワンネス」という言葉を聞きます。
わたしもそれは大事だと思うし、そこだとも思うのね。

でも、実は、わたしの中では「個」がテーマでもありました。

個の存在であること。
個の存在でいること。

ここ数日、折に触れて「個」について思い出すことがあり、
いろんなことが繋がって行き、落ち着いたところが

個であるから、ユニティを感じるんだ、ということ。

考えてみて!
「個」の感覚があるから、ユニティを感じられるんだもの。

「個」の感覚がなかったら、
どうやったらそれをユニティだと感じられる、分かるんだろう?と思ったの。
個としての分離の意識を感じたから、ユニティを感じたときに、その違いから
ユニティだ、と認識できると思った。

わたしたちは、比較することで認知できることが沢山あるから、
個の感覚があったからこそ、全体の美しさを知られる部分があると思う。

だから「個」であることを楽しむ。
個人で肉体を持って生きてゆき、感じ取り、個を知る。
そしたら、同時にユニティに近づいているのだなぁと。

そもそものところ、
わたしたちは大いなるひとつから、ここに生まれてきて、
「私」と認識する、身体の個の存在を持ってるじゃないですか。
この存在の仕組みが
ユニティと個の美しい表現がされていると思うのです。

個(人間)として生まれてきて、
個(人間)が集まることでユニティになる。

ユニティは英語表記だと UNITY となり、関連する言葉もいくつかありますね。
UNIT は、それ自身で完全な単一体という意味
UNITE は、一体にする、合体させる
UNION は、二つ以上のものを一つに結合すること、合体

こうみると、言葉自体の「ひとつ」ですら、
それに関連する他の言葉にも
一体にする、とか、二つ以上のものを一つに結合する、という意味も
関連しているということが分かります。

だからね、こう見てるとね、、、

人間として、今ここで「私」として存在し
皆でお互いに近づいていくと
ユニティにいけるんだな〜と感じるのです。
なんだ!今のままでいいじゃん、と。

でね、これね、マインドだけで理解しようとしても難しいと思う。
ハートでも理解すると、しっくり自分の中におちてくるのね。

マインドだけでも足りない。
ハートだけでも足りない。
マインドとハートが仲良くなって、
「個」の存在の自分でありつつ
「ユニティ」の存在でもある。

これを感じられたら、ものすごく生きやすくて楽しいと思います。

今ね、これらを体感できるようなワークショップ開催に向けて
素晴らしい講師を迎え、もうひとりの「ともこさん」と
通訳の「なつこさん」と一緒に準備をしているところです。
最高な体験になるだろうな〜と超ワクワクしています。
もうしばらくしたらご案内できると思うので楽しみにしててくださいね。

個の存在でありながら、ユニティの存在でもある。
わたしたちは、皆誰しもがそうです〜!

視点: いつも同時に「奥」を見ています

2017.05.05 04:08|思ったこと・気づいたこと
20170504.jpeg

ここ数日、わたしの視点について
メッセージを頂くことがありました。
なので、今日は、
人がとる行動についてのわたしの視点、ということで
わたしはどこを見てるのか??などのお話です。

で、その前に。
わたしの中で常に大前提があって、
それは、

「すべて絶対に大丈夫」

ということ。

何があったとしても、
何が起こったとしても、
それがどうなったとしても、
一時的に動揺することはあるかもしれないけど、
絶対になんとかなるし
すべては最高最善に進んでいる。

この思いがいつも根底にあり、
絶対に揺らぐことがないです。

「なんの根拠を持ってそう思うの?」
「どうやったらそう思えるの?」
という質問を時々頂くのですが、
これは、文字だけでは伝えきれないことがあり、
実際にわたしと会ってもらって
会話とエネルギーでお伝えできると
「やっと分かった」「なんとなく掴めたような気がする」
「体感できました。マインドで説明できないのが分かった!」
とお返事頂けることが度々です。
なので、よかったらわたしと会ってください〜。


でね、
わたしは、見るときは
「その奥」を見ていることが多いです。

実際に何かが起こっていても
「起きてること」を見つつも、
「その奥」を見ています。

なんでそうなるのか。
なぜ人はそういう行動をとるのか。

人がとる行動で、理解出来ないようなことは、
大抵の場合、恐れからきているとわたしは感じます。

傷つく恐れ。
受け入れてもらえない(と感じている)恐れ。
孤独の恐れ。
失う恐れ。

でもこれらも、根底は愛があるからこそ、なんですよね。

愛してるから、傷つけたくない、傷つけられたくない。
愛してるから、受け入れて欲しい、受け入れてもらえないのは痛い。
愛してるから、人といたい。
愛があるから、失うのが怖い。

わたしは、発端はこういうところかなぁと。
で、ここは分離の意識が影響しているところもあると
感じています。
ユニティ・フィールドの意識であると、
そもそも失うことはないと知ってるし、
受け入れる・入れないとかも、ないことを知ってるから。

でも人間だもんね。
分離の意識がちらつくこともあると思います。
それを味わうためにも、ここに居るのだから。

なので、わたしは、見るとき、
視点を奥に置いてます。

人がとる行動の「奥」を見る。

言い換えると、その人の立場に立ってみる、とか
その人の視点に立ってみる、ことにもなるかな、と。

イタリア語の表現で
「mettersi nei panni di qualcuno」というのがあります。
直訳すると、誰か(その人)の服を着る、という意味ですが、
その人の立場に立ってみる、ということです。

英語でも「put yourself in someone's shoes」という表現があり
これも直訳すると、誰か(その人)の靴を履く、となりますが、
その人の立場に立ってみる、ということですね。

これらの表現ね、イメージするときに、ものすごく役に立つと思うんですよ。

苦手だと思う人、
自分が理解できない行動をとる人、
なぜか分からないけど避けたい人、

そんな人を自分とはちょっと離れた所にイメージして、
少しずつ近づいていく。(とイメージで見る)
で、もし可能なら、その人の靴に足を入れてみる。
もしくは、上着に腕をとおしてみる。
そして、その人の目線で物事を見てみる。

するとね、また違ったことが見えてくると思います。
その人の視点で見えるから。
自分のマインド、エゴで見ていないもの。

あと、もうひとつの方法が、自分が鏡になる。

シルビア・プレースの「鏡」という詩がとても好きで
参考にしているので、一部をご紹介させていただきますね。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー

私はまがうかたなき鏡。
予断も偏見も持たず
目にしたものを即座に吞み込む。
好きや嫌いで曇らせず
あらゆるものをそのままに。
残酷ではなく、忠実な
私は小さき神の四角い目。


(*全文はこちらです)
ー ー ー ー ー ー ー ー ー

こんな感じで自分が「鏡」となり
自分の中に相手を映してみる。
偏見を持たず、判断もせず、
好き嫌いを投影させず、ただ映して見るだけ。
すると、「目」だけで見ていたときとは、
また違ったことがわたしは見えてきます。

でね、自分が苦手だと感じる人ってね、
自分の中にある同じ要素を持ってる人のことが多いです〜

自分の中で何か統合されていないようなことが
その人に接することで共鳴され増進されて
居心地が悪くなってるんですよね。

なので、結局は自分なのです。
で、居心地が悪くなる自分もOKなの。

自分が理解できないようなことが起こっていても
それは、ただ起こることが起こっているだけであり、
すべてはベストな方向にしか進んでいないので大丈夫。

ここが揺らがないと何を見ても大丈夫だと思うのです。

あなたの視点はどこを見ていますか?
あなたの世界はどんなのかしら?!

あなたバージョンもお聞かせいただけると、とても嬉しいです〜





Hawaii; Acutonics Level2&3

2017.05.03 04:27|Acutonics(Fibonacci)
20170502.jpeg

今回のハワイ行きね、
実は、わたしのマインドがこう話しかけてました。

「もう道具は増やせないよ?
 ハワイなんて行かなくてもいいんじゃない?」

わたしは、サロンを借りてセッションをしているので
キャリーケースで移動しているのですが、
もうすでに重くてパンパンなのです。
これ以上は道具は増やせない状態。
そこをマインドが突いて話しかけてきてました。

でもねぇぇ、ハートは迷いがないのです。

「行く」

ただそれだけ。
そのおかげで、ハワイに来てたのでした。

で、来て良かった!!!
アキュトニクスのレベル2&3のクラスも最高に楽しかったです。

レベル2では、1で使ってた音叉のハイ周波数を入手し、
希望者はそれらのロー周波数音叉も購入して、
ロー/ミドル/ハイをレイアリング(重ねて)するという
ものすごく贅沢でガッツリ身体に入ってくる手順を習いました。
ほんと、レイアリングは素晴らしい。
スルスル入ってくる感じで、
ハイ・トーンは身体にかざしてるだけなのに
ビリビリくるし、乱暴な手の動きをすると
うっ…とくるほどでした。
ここで、新しいプロトコルも習ったのですが、
これがまた!えらい役に立つというか。
今、セルフヒーリングでも大活躍です。

レベル3はね、美しかった!!
水星・金星・火星・木星・土星・
天王星・海王星・冥王星・キロンとのアチューンメントが
わたしにとってはものすごかったです。

それぞれのアチューンメントで感じたこと・
見えたイメージがそれぞれ違っててね、
例えば火星では、ものすごく怒りを感じてました。
歯ぎしりしそうなほどだった。
(いや、実際には軽く歯ぎしりしてましたよ、、、)
最初は、この怒りはわたしのではないと感じてたのだけど、
ふと「あ、これはわたしのでもある!」と気がついた。
「内あるがごとき外ありき、外あるがごとく内ありき」
これはわたしのでもある…と気づいたら
ふと怒りも楽になりました。
いや、まだ怒ってたんだけどね(ははは)、
怒ってることが楽になったの。

きっと、こちらから押す(避ける)ことによって
反発のエネルギーがかかるんだろうと感じました。
これを止めることで、圧もかからないから反発も起こらず。
ふとエネルギーが軽くなったのかな、と。
これは、すべてに置いてそうだなぁと
なんか妙な体感での納得がありました。

他には、海王星のアチューメントも印象的でした!
もんのすごく美しかったです。
見えるイメージが、ただただ美しくて流れるようで、
どんどんイメージは展開されていくのだけど、
やっぱり、ただただ美しい。
…ということを、後でドロシーにシェアしていたら
「そうね!海王星は美しいわね!!
 私も海王星は大好きなの。
 あ。あなたは海王星を持ってるわね。
 私には見えるわ」と言ってくれました。
そう、海王星はわたしの大好きな惑星なのです。

以前はね、音叉を手にしていると
「音叉を持っている」という感覚があったのだけど、
アチューンメントの後は、
音叉を手にしても「自分自身が音叉」という感覚でした。
全然違和感がなく、音叉と一体化している感じ。
ものすごく軽い感じもあります。

そして、それぞれの音叉を音叉を持つたびに
「自分自身」が音叉そのものになっているかのような
感覚があります。

あとね、
北斗七星と北極星とも関わりがある禹歩(うほ)の
セレモニーの再現、イニシエーションも素晴らしかった!
わたしたちの身体の細胞は60兆個と言われていて、
その数ほどの星が空に存在しており、
それぞれは身体の細胞と対応している…そうなんだけど。
これがね、体感できたようでした。
身体の細胞がピリピリと目覚めるような、
それぞれの臓器に電気がピリリと走るような
そんな感覚がこのセレモニーの後ではありました。

いや、ほんと、
アキュトニクスのレベル1を受講された方には、
レベル2&3も是非ともおすすめしたいです。
今回はエリンが、今まで接してきた症例から
いろんなことをシェアしてくれたこともあり
施述に関していろんな情報が得られたことも
とても大きかったのですが、
惑星とのアチューメントが、
自分と音叉の関係を大きく統合してくれたことも
とても素晴らしかったです。

今回のレベル2&3では、
日本でアキュトニクスのレベル1を受講された方も
参加されていました。
だから、これからも、こんな形で受講可能だと思います(要確認だけど)。

わたしね、日本でアキュトニクスを受講されている方と
もっと交流したいと思っててね。
ハワイ受講生と日本受講生のみんなで交換セッションとか
できたらいいなと思っているのです。

実はわたし、日本のアキュトニクスの講師が大好きなんですよ。
会ったことはないんだけど、
彼女の生徒さんと接したり
彼女の活動やカリキュラムを通じて感じることは、
彼女の深い愛です。
地球に対して、人間に対しての深い深い愛。
そして、彼女の叡智も素晴らしい。
広く深くいろんなことをご存知です。

そんな彼女の生徒さんたちとも、もっと交流したいなぁと。

でね、よかったら、
ハワイでロンとエリンからのアキュトニクス・クラスも
おすすめしたいなぁと。
「え?アキュトニクスの音叉でこんな使い方もあったの?!」
というような目からウロコ的面白さもあると思う!
ロンとエリンも日本の講師と同じように
ものすごく愛が深くて叡智に溢れています。
ハワイのクラスは、素晴らしい日本語通訳さんもいらっしゃるので
是非とも参加していただきたいなぁと。

ということで。

みんなーーー!
来年のハワイでの、アキュトニクスのクラスに
ご興味はありますか?
レベル1がいい、とか、レベル2&3をして欲しいなど、
リクエストがあれば、ロンとエリンに話してみます。

もしよかったら、ご連絡ください〜
アドレスはこちらです。

tomoko.it.IH@gmail.com

質問でも、ちょっと話してみたい…でも、なんでもOKです。

日本のアキュトニクス講師の叡智がますます輝きますように。
アキュトニクスの光がもっと放たれますように☆

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますことを
楽しみにしています〜!

【ワークショップのお知らせ】
ブレてもまたバランスを
取り戻せばいい!
自分で自分を整えるコツをお伝えする
1Dayワークショップです。
詳しくはこちらをご参照ください

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ