結果は同じでも、前提が違うと

2014.05.18 03:46|思ったこと・気づいたこと
昨日の明け方に見た夢。

何かの筆記試験を受けているのですが、
質問が英語で、イタリア語で回答してるんですね。
最後は「400以内の単語で論じなさい」な質問で
なんとか記入し、提出。その後、
試験にパスしたかどうか事務所に聞きにいくと
「あなたの論文は差別的で私達にとっては
 評価に値するかどうか判断できません」
と言われ、別室の学者に評価をもらい行くように、とのこと。
私は英語の質問が理解できてなかったのか?!と考えたり、
でも差別的なことは書いた覚えないしなー、どこがそう取られたのだろうと
ちょっとドキドキしながら学者に会いに行き、
「事務所では差別的表現があると取られ、評価を頂けなかったのですが」
「差別?そんなのありませんでしたよ。あなたの論文は素晴らしかったです!」
と絶賛してもらい、試験も合格してました…

と、こんな夢。
昨日は、学者に分かってもらえてよかった〜試験合格して良かった〜
程度にしか思ってなかったのだけど。
今日になって気がついたのが、私には
『一部の人に分かってもらえればそれで良い』という思い込みがあったこと。

今、私は翻訳をしているのですが、内容が専門的な部分が含まれていて、
その分野をかじった人なら、たやすく理解してもらえそうなのだけど、
その分野を全く知らない人には、どう表現したら分かってもらえるのか、
且つ、著者の意図や表現のリズムを変えないで、と取組み中でした。

自分からしたい!と思って始めたこの翻訳ですが、
表現していく上で、ちょっと行き詰まった感がここ数日ありました。
でも、自分に確認すると、やめようとは思わないのね。魂はすると言ってる。
だから何かあるのかなと思ってたのですが。これだったのか!

私はずっと
『一部の人に分かってもらえればそれで良い』と思ってた。

それでもいいんだけどね。
きっと全ての地球人に『私』という存在(思考・嗜好を含めて)の
全てを完全には分かってもらえないと思うから。
そして、それがいろんな考えがある良さだと思うから。

でもね、前提として最初から『一部の人』としてたのは、
今の私からは狭いなーと感じる。
あと、自分は、一部の人以外に対してもアクションしてたのか?という疑問。
アクションせず諦めてなかったか?と。

なので、前提変えました。
『できるだけの人に分かってもらえるよう表現する』
そして
『一部の人に分かってもらえたらそれで良い』。

最終的に得る結果としては、前の私と変わってないのだけど、
前提を変えたせいか、なんか可能性が広がったような、
ドアがいくつも開いたような感じがします。

そして、今はスッキリした。
翻訳に対する姿勢も軽くなった〜!

いやー、ちょっと行き詰まったような感があった翻訳ですが、
あんな夢見て、こんな発見ができるとは。
ほんとすべてのことから気づきがありますねぇ。

正義と愛と

2014.05.11 04:04|思ったこと・気づいたこと
ふとしたことをピックアップしたら
ドンっと大きなデトックスがまだ続いています、こんにちは。

しかもそこから展開があり、それもどんどんと。
ブログに書こうかなーと思いながらも、他にしたいことをしてたら、、、
なんか過ぎたことになっちゃった。
なんだかどんどん変化してる感じです。今そんな時期なのかしら。

さて、今日はフェイスブックに流れてきたことからです。

まずは、アメリカの警察官の対応の内容に感動したお話のブログから。
自閉症の息子さんがお店の中で突然いなくなった…ということから
お話は展開するのですが、娘さんの対応の仕方、そして、
警察の対応の仕方と内容もすごいなぁと感動しました。

そして、そのブログで貼ってくださってた動画;
『あなたならどうする?』


レストランで、一般客が、自閉症の少年とそれに苦情を言う男性に
どんな反応をするのか、という8分程の動画です。

動画はたぶんアメリカだと思うのだけど、沢山の人から
子供の状況やご家族に対する思いやりが感じられて、いいなと思いました。

イタリアでも同じ反応…というか、同じ状況で苦情を言う人は、
もし居たとしてもごく少数だと、私は思う。
特に子供に対しては寛大だから。
(食事をつまみ食いされたら、苦情が出る確立はぐっと上がりますが
 そこまでヒートアップしないし、一緒に食事をするのなら日常な感じです)

そんなイタリアに住んでいるから感じたのかもしれないのだけど、
この苦情を言ってた男性が立ち去る際に
みんなが拍手していたとこで、心がざわめきました。

なんかね、みんなから『正義感』を感じた。
正しいことを勝ち取ったぜ!みたいな。

なんかちょっと悲しかったです。
あの立場の男性にも愛が込もった対応が欲しかったな。

自分が思う『正義』を押し付けるのではなくて、愛を込めて対応し、
同じ考えを共有できなくても、愛だけは忘れないように。

最後のひとりも愛からハブれないような世界がいいです。

動画観てたら、マチルダを思い出しちゃったよ。
動画で苦情を言ってた男性は役者で演じてたのだけど、
もし実際にそんな方がいたら、
マチルダだったら、彼女の存在と愛のエネルギーで
言葉以上に伝えることができるだろうなって。

私も彼女のように愛あふれる人になりますように。
そしてどんな状況でも愛だけは忘れず、
最後のひとりも愛からハブれないような世界を作っていけますように。

みんなが愛を感じられますように☆

もうひとつ認められなかったこと

2014.05.02 03:48|思ったこと・気づいたこと
今日、知人夫婦に離婚の文字がちらついたと聞きました。
「話したって相手は理解しない」と言うので
「この際『分かってもらおう』として話すのではなく、
 『自分の想いを伝えよう』として話したら?
 想ってることを今伝えておかないと、後悔するかもよ」
と言わせてもらったのだけど。
後でボブは「こりゃ浮気が絡んでるね」だって。
ええ?あ、確かに変だなぁと私も思った点あったんだけど、、、

と、浮気かしら?と考えていたら思い出した。
父は男の子が欲しかったのでは?という想いを
ずっと認められないでいたのだけど、
もうひとつあったのを思い出しました。認められないこと。

それは、父が浮気をしてたんじゃないか、ということ。
家族でもない全く関係の無い第三者から言われたんだけど
それがずっと気になって引っかかってました。

ことの始まりは私が短大生のとき。
コピーを取ってたら、保健の先生が偶然そばを通り、話しかけてきました。
私は先生と顔見知り程度だったんだけど、
先生は「いつも暇でおしゃべり好き」と自他共に認める方でした。
そして、保健室でお茶を一緒に飲みましょうと誘われ、
むかーしの私は目上の方の言うことは何を置いても優先するタイプだったので、
気が乗らないままでも行ったのです。

そしたら「最近どうなの?」から始まって、
会話は進み、今はなぜそんな話題になったのか覚えていないのだけど、
私の家族の話になりました。
当時、妹がすごい荒れてて攻撃的で暴力的になることもあり、
両親も手が付けられない状態で彼女の振る舞いたいようにさせていました。
そして母も心身的に崩れてしまいました。

そんな話になったら先生が唐突に
「それは、お父さんが浮気してるからよ」と言います。
突然の展開についていけず、浮気を察したこともなかったので
「お父さんは浮気してないと思います」と伝えたのですが、
「いや、絶対してるわよ」と言い張ります。
そして、過去の教え子にも似たケースがあったと、
詳細を交えて話してきました。
「そこもお父さんが浮気をしていた、
 だからあなたのお父さんも絶対浮気してるわよ」と。
どれだけ私が家族の目で父を語っても分かってもらえず、
何を言っても「いや、絶対浮気してる」としか返ってこないので、
とにかくその場を去りたくて「そうですか、では」と部屋を退出しました。

まったく私のことを知らない、まして、父のことを知らない人が
なぜそんなことを言うのか、と先生に対する怒り。そして、
毎日朝早くから夜遅くまで仕事をしている父がそんなことしてるわけない…と
その後は先生をできるだけ避けるようにしてました。
でも、なんか気になってしまい、忘れられないんですよ。
そして言われたことをずっと引きずって時間は経ち。

数年前にね、ふと「やっぱり父は浮気してたのかも」と思った。
なんとなーく、ふと。
でもね、認められなかったんですよ。
『私のお父さん』がそんな…と。

それがね、今日。ふと
「ああ、お父さん、浮気してたのかもなー」と
穏やかに受け入れることができました。

母に聞いたわけでもなく、
父に直接問うたわけでもないので、
本当のとこはどうか分かりません。

(*だから、お父さん、浮気してなかったかもよーー)

ただね。
なんだろう。上手く言葉で言えないのだけど、
今はどっちでもいいやって感じです。

なんかね、
お父さんを、『父』としてでなく、『人』としてみれるようになった
そんな感じ。

前は『お父さんが』とみてたので、
そこに『私が理想と想像しているお父さん像』をはめてしまい、
浮気は悪いこと、としてしまって(よいこと、とも一概には言えませんが)
「私のお父さんは浮気なんて悪いことしない…」と認められなかった。

今は、してたとしても、してなかったとしても、どっちでもいいや。
お父さんはこれからも私にとって『父』なのだけど、
それ以前に『人』なんだなーという思いでいっぱいです。
プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますこと、
再会できることを楽しみにしています〜!
(*セッションのご予約はこちら
ご参照ください。

*Facebookしています。
アカウントはこちらで、
お友達申請ウエルカムです〜。

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

お会いできることを楽しみにしてます。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ