好きと嵌ると執着と

2013.06.29 21:32|思ったこと・気づいたこと
この間お友達にすんごい物を教えてもらったら、
あまりの魅力で、私、はまっちゃったんですよ!
教えてもらったサイト見てたら湯あたり状態。

そして、お友達はそのすんごい物だけでなく、あるエピソードも語ってくれて
それが私にも共通してるとこあるなーと思うとこがあり、
ああ、私、この物に執着してるんだなぁと気がつかせてもらった。
そしてその直後に届いたお友達からのメッセージに『落ち着こうね』ってあった!
あまりの図星に爆笑したよ。

いやぁ〜、今まで気がつかなかったな〜。そうか、これが執着か!
よくよく考えてみたらですね、、、
結構あるかも。執着。

もっともっと掘り下げてみたら、、、
あれ?と思った。
あの悩んでたタッチフォーヘルス(TFH)も、そうだったんじゃないかって。

去年からずっとセミナー受けたくて、でも、タイミングが合わなくて。
やっとこぎ着けて予約したら、私が熱出してキャンセルしたとか。
今からあのときの私を思い出すと、あれは、執着だったなと思う。

幸いにもTFHは講師が突然電話してきてくれて、その二日後には受講したのですが。
全てはタイミングがあって、執着してもしなくても、時期が実ればやってくるんだよね。

うーーん。
好き、と、執着。
ちょっと似てそうで、全然似てない。
好きが執着に変わってしまう、その際を見つめたいと思います。

水の分子と波動と可能性

2013.06.29 03:29|ATIH
ATIHのその後で、ふと思ったんだけどね。

あの、ちょっと話が飛んだりするのですが、どうぞお付き合いください。

人間の肉体は、70%が水分で出来てるじゃないですか。
空気中にも水の分子が飛んでます。それを呼吸で吸い込んでます。

そして、
ハートのチャクラには、アンダーチャクラというのがあって、
いつものハートチャクラの下にあるそうなんだけど、
そこから無条件の愛が出てるそうなのね。

さて、私たちのこのハートのアンダーチャクラを『全てが一つ』と同じ振動をさせ、
次に、水の分子にこの波動を与えて、同じ振動を保つようさせて、
「これから触れ合う水の分子にも同じ波動を与えるように」させていくと、
私たちの体、私たちの呼吸から、触れ合う何兆億個もの水の分子が
『全てが一つ』の波動を保ち、いろんな人、植物、存在、物質へと入っていく…

…ことになりませんか?!

ちょっと、いや、かなりファンタジーが入ってるのかもしれませんが、
可能性があると思うんです。

『全てがひとつ』の波動がいろんな入ってゆき、じんわりといつの間にか
『全てがひとつ』と同じ波動を持っている。

いいなーと思うんです。

ねぇ、一緒にしてみませんか?

ドランヴァロのワークショップATIH、その3

2013.06.21 03:38|ATIH
いやー、ATIH凄かったです。内側からガツンと組み立て直してもらった気分です。
IH(インテグレート・ヒーリング)でいろいろ出てきたからこそ、
ここまでATIHを味わえたのかもしれませんが。

IHセミナー受講中にいろんなことがでてきて、もう折り合いを
つけたつもりだったのですが、それも今回でてきて、
ガツンと修正…というか、見せて、分からせてもらいました。
そのほとんどはものすごい速度で画像(?)で見せられたので、
表層意識では分からないんだけど、何か感じ取ったものがある感覚ははっきりとしてます。

私、今まで「今は地球に生まれてきたんだから」と自分に言い聞かせて
きたのですが、それは、ただ切り離しをしていただけだと気がつきました。
ちょっと違ったのね、過去の私も今の私と繋がっていて、
みんなと繋がっていて、それで『全てが一つ』だから。

ハートの聖なる空間へ入るときにね、入ったらみんながいるのが
感じられました。ああ、これが『全てが一つ』というのか、と体感以上に魂で
感じさせてもらった。みんながいなかったら感じられなかった。
だから、あのタイミングでATIHを受けたみんなもあそこで
出会うべきして出会えたのだな、と感じています。

講師のヴァレンティーナと出会えたことも最高のプレゼントでした。
彼女ね、急所が分かるようで、必要な人には必要な時に最適な方法でに突いてくる。
また、その人が自分で気がついていなかったこと、足りていなかったこと、
もう手に入れたこととかも気づかせてくれるのね。
ヴァレンティーナの仕事に対する姿勢、していることへの責任感、
一人一人への愛が光ってて、この人からATIH教えてもらって良かったーーと
心で叫んでたよ。学んだことを忘れないように、と瞑想会をセッティングしてくれて、
しかも、定期的にしているそうです。参加者一人一人への愛をいつもすごく感じてました。
ワークショップ後、彼女にメール送ったのね。その後お返事を送ってくれてね、
一人一人に返事を書いてくれてることにも感動したんだけど、私に宛ててくれた内容が、
もうね、泣けたよ。私の中の中まで見てくれていないと絶対に分からないことを
書いてくれてて、ここまでしっかり見ててくれたんだという思いと
彼女の愛を感じて泣けました。彼女に会えて良かった〜。彼女に見つけてもらえて良かった。
人に対する姿勢に責任と愛を持って対応してるのが感じられてね、
ああ、この人から教わることができてなんて光栄なんだとつくづく思います。

人によっては歩く道が違うので合う合わないがあったり、
タイミングがあるのだろうけど、ATIHは世界中の人におすすめしたいです。

ハートの中に居ること、全てがユニヴァースの流れで、それにのっていると
全てがベストな方法でベストなタイミングでやってくる。。。
それを感じさせてもらいました。

みなさま、繋がっててくれてありがとう☆

インラケチ

ドランヴァロのワークショップATIH、その2

2013.06.21 03:37|ATIH
ワークショップ中に参加者の1人が
 「『私はここ(話の前後から地球と解釈)に来たくなかったんだ』と
   言う子供がいる」という話になったんですね。
それで別の参加者が
 「子供を変えようとするのは大人の都合なので、
  その子を無理に変えようとせずそのままにして、
  大人が接し方を変えるのが筋じゃないか」と言ったんですよ。
そしたら講師のヴァレンティーナが
 「その子は生まれる前に自分で地球に生まれてくることを選択しました。
  だから、その子がここでの生活に上手くとけ込み、
  ちゃんと生活していけるようにするのがその子の親や大人がすること。
  地球で上手く生活していけないのは辛いことだし、生まれる前に
  地球ですると決めたことを思い出さないとね」と。
その子は適応障害がある上に日中ずっと一人…というか見えない誰かと
話しているそうです。親が声をかけて、意識をあちら側からこっちに戻すのですが、
またすぐに一人で誰かと話し始めたりするそう。ヴァレンティーナは
「子供は親を選んで生まれてくるからね、親がなにかできるのかしらね」と話してました。

そんな話を聞きながら私が思ったのは、自分でここに生まれてくるのを
選択したのは分かるんですよ、ということ。覚えてるというか。
なんだかんだいっても地球は楽しかったり素晴らしい面も沢山あるし。
でも『なぜここに来たか』を思い出せないのは辛いなぁと。
だってね、ただ地球を楽しむだけにいるようなものになっちゃってて、
楽しんでても途中でふと「もう十分楽しんだしそろそろおいとまを…」
となりがちなんですよね。うーん、グラウンディング重要ですね。

さて、個人的な経験としましては、初日(だったかな)で『見る』ワークを
したのですが、最初は楽しかったのに、途中で見えすぎて怖いという
恐怖感みたいなのが出て、その次の段階で、もんのすごいいろんなことを
超高速で見せられ、超高速すぎて何見たか顕在意識は分かってないのに、
見たくないものまで見せられた感がすごくありました。
不安なような感じがして胸の当りに重圧感まで感じて。
その直後にどんな感じだったかシェアし合う時にこのことを話したら、
ヴァレンティーナが「大丈夫、あなたは安全な場所にいるからね。守られてるから」
と言ってくれて、なぜだか分からないけど泣きそうになって、ああ私は今は
安全な場所にいるんだとすごい安心感をもらいました。

ハートの聖なる小さい空間に入ったときにもいろいろと見せられましてね、
このときも超高速過ぎて何見てるか分からないのに
「なんでこんなことまで見せるのよ」と思い、辛い感じがしたんだけど
見て置くべきことだと分かってたし、前もってヴァレンティーナに
私は安全な場所に居るんだと気づかせてもらったので、そのおかげで
不安感も恐怖感もなく見ることができてました。

でね、この『見る』ことなのですが。
私、小さいときから視力が悪かったんですよ。
不思議なことに私以外の家族はみんな視力は超良いのね。私だけメガネ。
小学校入る時は視力検査でメガネが必要か否かの境目のとこだったんですが、
しばらくメガネなしで過ごしてました。そしてメガネをかけはじめると、
あれよあれよという間に視力がどんどん落ちていきました。
新しいメガネを作ってかけ始めても、次の年には見えてたとこが
見えないという風に、視力は悪くなる一方でした。大人になってからは途中
「目が見えない方達ってなんて尊いんだろう。目で見て判断するのではなく、
 心の目で見て判断なさってるんだから」と『目が見えないこと』に対して
憧れみたいなのも抱いちゃって、いやいやこれはいかん、と自分を牽制したのですが。
心のどこかで自分は逃げてることが分かってたし、本当に目が見えなくなれそうだったから。
…と、このことが『見る』ワークでの不安や恐怖と繋がってたと思うんです。
全てを見ることが怖かった。でもね、もう大丈夫。
私は安全なとこにいることが分かったから。

でね、ここで『全てが一つ』というのに触れることができました。
今までワンネスとか聞いて分かってたと思ってたんだけど、それは『つもり』で、
完全にハートで感じられてなかったんだなぁと気がつきました。
あれを感じられた後、ものすごい安心感で満たされた。
ああみんないるんだ、あるんだな、という感じ。
人々だけじゃなくて、全て、星や惑星の宇宙の全てが一つになってた。

これね、この時の一時的なものではなく、ハートの聖なる空間への瞑想をすると
いつでも感じられます。だからこの瞑想は凄いと思うんですよ。
ドランヴァロ凄い!こんな方法を世界中に広めてるだなんて。
ここまで左右脳のバランスがとれてて左右脳同時に活性させられてる人は
珍しいのではないかしら。ドランヴァロは「これが僕のすることだから」
と言ってるそうです。

あら、長くなったので、ここでいったん切りますね。続きは後ほど…

ドランヴァロのワークショップATIH、その1

2013.06.21 03:37|ATIH
ドランヴァロのワークショップであるATIH,
Awakening The Illuminated Heartに参加してきました。
講師はヴァレンティーナ、ものすごく良かったです!

どこから来たのか、なぜ来たのか、を体感はもちろん、
それを超えて魂でも感じさせてもらいました。
一緒に参加したメンバーのおかげでワンネスも感じさせてもらい、
自分のガイドとも会えたり。もう感動の日々でした。
こんなに濃密なワークショップだったとは思いもしませんでした。

参加者は全部で11人+講師のヴァレンティーナでした。
11人のうち男性は4人でした。
ドランヴァロは「だいたい参加者の40%が男性で60%が女性」と
言っていたそうなので、まさしくその図という感じですね。
年齢としては下は35歳から上は70オーバーでした。
職も全員から聞いたわけじゃないのですが、現在ヒーラーなどを
職業としている人はいなかったもよう(元教師で退職後ヒーリングっぽいことを
していたような方はいましたが「今は休みたい」と休業)。
このまさしく老若男女というのがものすごく良かったです。
人間の性格・感情・行動のいろんな種類が見れたから。

セミナーが始まる時にヴァレンティーナが
「参加者一人一人に自分が反映していろんな面が出てくると思うけど、
 相手に対して優しくあってください。私に対しても辛抱強くあってね。
 そして自分に優しくしてください。」
という言葉をかけてくれたんだけど、本当にこのとおりだった。
参加者一人一人に私の面があってね、あーそういえば私もこんなとこあるなー、
とか感じました。そして、私が持っていない素晴らしい面をみんなが持ってて、
それが光ってて(?)分かるのね。良い感じだなぁなんて。

男性4人参加というのも、女性の立場からしてはとても良かったです。
奥入った男性特有?な考え方とか普段そうそう見れないもの。
発言してくれたの聞いてると、ははーそんな考え方があるのか!とかね。

さて、こんないろんなタイプの参加者に囲まれてのワークショップだったのですが、
『受講する』というだけじゃなく、気がつかない間にお互いがお互いを支えて
進化していったという感じでした。行き先は同じ船の乗組員って感じ。
お互いがお互いを支えて目的地へ行くという。
あのみんながいなかったら、私のいろんな面も見れなかったし。

それにしても情報盛りだくさんでした。凄いの一言。
『フラワーオブライフの1・2巻』と『ハートの聖なる空間へ』を
読んではいたのですが、それ以上のこと、最新情報?というか、
もう本当にいろんなことを教えてもらって、すごい情報量でした。
でも、分かりやすかったです。本を読んでてよかった。
(ATIHにご参加なさる場合は上記三冊は前持ってお読みになることをお薦めします)

自分の反応を観察したら

2013.06.06 13:08|思ったこと・気づいたこと
うちの母が「チャーミング」とか「美しい」と言われ、
『そうかな…』と反応した私。

時間経ってからふと
『あれ?なんであんな反応しかしなかったんだろう。
 そういえば『ありがとう』と感謝もしてない』
と気がついたんです。

で、考えてみたら。
私は母のことを『母』『自分の親』という視点でしか
見てなかったのかな、と。

いつも大変そうだった母、
会えば・電話だとしょっちゅう愚痴が出てくる…

ああ、そうか。ひとりの人として見てなかったなのかも。
そんなことに気がつきました。

そして、父親も、ひとりの男性なんだよね。
そんなこと考えた昨夜&今朝です。

良い一日を!
プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますこと、
再会できることを楽しみにしています〜!
(*セッションのご予約はこちら
ご参照ください。

*Facebookしています。
アカウントはこちらで、
お友達申請ウエルカムです〜。

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

お会いできることを楽しみにしてます。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ