過去の私と今の私と同じお題と

昨日、ボブとちょっとしたことでやりとりがありまして。
私は私のやり方でやりたいのに、ボブが彼のやり方を押し付けてくる…
(と、そのときの私には取れた)
そして最後にボブは「君ってheavyだよね」と言ったのです。
もちろん私の体重が重いとかでなく『重い』と。
この一言に、もやもや〜としたものが浮き上がってきて、
これは何かある!と考えました。

うーん、これは、何だろう??何のレッスン??
1)私がボブの意向を組む(人の意見を聞く)レッスン
2)私はボブ(人)に何と言われようと気にせず自分が思うことを貫くレッスン
3)これら以外

道路上でのハプニングだったので、パンパンパンと考えたのですが、
この時間の無さが良かったようで、ハートが物申し、
2)だ!と直感で選択。
これだわ、ボブに何言われても、譲れないとこは譲れないから
私が思うとこを貫こう、と。そしたらスッキリ。

でもボブとしてはスッキリしないようで
「なんだよ、MEで頑固の調節してもらったくせに治ってないのな!」
なぁんて言ってました。
というのも、前からボブには私の頑固さを指摘されていて。
そして、私、マトリックスエナジェティクスのセミナーを受けたときに、
メリッサにデモで選ばれて、頑固でテーマに入って調節してもらったんですね。
これをボブは言ったのです。
でも、ちょっと前にも全く同じことをボブは言ったし、私は違うふうに感じたので
「というか、あなたに問題があるのでは?
 あなたは、私があなたの思うようにならなかったから悔しいのよ。
 そう思うのなら、それはあなたの問題よ」
と言いました。ボブは「何だって?!」とあーだこーだと言ってましたが。
どうなのでしょう?!これは二人に対してのレッスンだったのでしょうか??

でね、この件でふと思ったんですよ。
今回は私は
2)の『人に何と言われようと気にせず自分が思うことを貫く』を選択し、
これだとハートでも感じたのですが、
もしこれが昔の私だとすると、
1)の『人の意見を聞く』が当てはまるのです。
前の私はフレキシブルに欠けるとこがあり、
一旦こうだと思ったら貫くとこがあったので。
でも、今の私は違う、と。
同じ人でも、変わってくるんですね〜

こりゃー容易く人にアドバイスできないな、とちょっと考えてしまいました。
知っている人だと思っていても、状況が違ったりもし、人も変わってくるし。

うーん、やっぱりその都度セッションして実際にみていくのが
一番分かりやすいんだろうなぁと今の私は感じています。

カルマと私の意見とMEの可能性と

ずっとカルマ(業)のことは信じていて、あると思っていたのですけど。
去年くらいかな、カルマはないんじゃないか、と、思うようになったんです。

そして、この間またふと思い出して、考えてたんだけど、
カルマは気づきを与えてくれるための姿の一つなんじゃないかと思った。

気づきを得られたら、そこで終わり。
なので、『因果応報』や『自業自得』と表現されるような
同じ体験をもってしてカルマを燃やす必要は必ずしもないのでは、と思った。
そう思われて/信じてこられたのは、一種の集合意識もあったのでは、
と、今の私は思ったのです。

過去の悪(という表現もちょっと違うかも)の行いについて、
どれだけのことをしたのか、などに気がついたら
いたたまれなくなり、それについていろいろ考え、これからどう行動しようか、
などとなると思う。

だから、カルマはないんじゃないか、
気づきを得るためのサインの一つの姿じゃないか、と
思うようになりました。

いろんな考えがあるし、
また私も考えが変わるかもしれないんだけどね。

そして、マトリックス・エナジェティクスがここに
何か大きな影響を与えてくれるんじゃないか、と思っています。
まだなにかはっきりと掴めていないんだけど、なんかそんな気がして
何ができるんだろうーと探ってるとこです。

根底にアクセスして、可能性を広げてくれるのは分かってるから、
そこから何か展開があるのかな。

わくわくしながら、またそのうち気がつきます!

困ったときはマトリックス・エナジェティクス

ただいまー。久しぶりに家に帰ってきた、のですが!
暖房が入らないというハプニング発生。

うちの暖房は温水が家の中のパイプを通り、
パネルヒーティングもしくは温風が出るという仕様になっているのですが、
ボイラーがまずはオン状態になりませんでした。

ボイラーが入らないということは、シャワーも浴びれないということで!
そこでマトリックス・エナジェティクス(以下ME)登場。

まずはツーポイントをしたのですが、うんともすんとも言いません。
ボイラーのフィールドに手を当ててみたら、どうもメカニックな部分が
ものすごく硬く感じました。なので周波数1を投入。投入・投入・・・
ボッと言う音と共に動きました!!

これでシャワーは確保です。が、暖房部分のサインがまだ入りません。
MEを続けていたのですが、外は寒いし、シャワーを浴びたかったので、
とりあえずは止めて家の中に入りました。

次の日の朝。
もう一度MEをしてみます。フィールドに手を当ててみると、
まだメカニックな部分がカッチカチに硬い感じがします。
出てきた物を使ったりもしたのですが、どうもしっくりこず、
あれこれしてみて、最後に開いたウインドウがパラレルユニバースでした。
そこで、ボイラーが動いているとこにシフトし、シフトし、シフトしていったら、
最後の最後に見えたのが、真っ白で真新しいボイラーでした。
フィールドに手を当ててみると、軽いのに力強いエネルギーを感じます。
なので「あ!工場から出荷直後の今のボイラーにシフトできたんだ!」と思い、
これで暖房は入ると思ったのです。そして、MEをツーポイントを手放しました。

さて、この後に夫も暖房試してみようかと言ったので、一緒に入れてみました、が、
入りません。あれ?確かにMEしたときに真新しいボイラーを見たんだけど、
と思ったので、もう一度試してもらったのですが、やっぱり入りません。
おかしいなー、ま、いっか、と気にしなかったですが、
その後にボイラー設置会社を訪問したときに気がつきました。

結局は新しいボイラーを設置することになったのですが、そのボイラーは真っ白でした。
そういえば、うちにあったボイラーの色は、シルバーでした!
どうやら私は、設置されるであろうボイラーを見たようです?

とりあえずは、シャワーも確保できたME。
新しいボイラーも今のよりエコだし、これからは絶対こんな問題も起こらないそうです。
困ったときはマトリックス・エナジェティクス。これからもどんどん使えそうです。

合わせ鏡とマトリックス・エナジェティクス

今読んでいる本は、フレッド A.ウルフ著の書籍『もう一つの宇宙』なのですが、
その中で合わせ鏡について出てきました。

合わせ鏡、したことがありますか?
鏡の中にもう一方の鏡が映しだされ、その鏡像の中にまた鏡像が映って・・・
お互いの鏡の中に鏡像の中に鏡像、その中にまた鏡像と、無限に見えます。

と、こんな合わせ鏡のことを読んでいて思いついたのが、
この無限をマトリックス・エナジェティクスを使ってみたらどうだろう?!ということ。
ツーポイントをするときに、鏡と鏡で合わせるようにしたら、
この間には無限の可能性や次元が生まれるのでは?と。

さっそくツーポイントで合わせ鏡風にしてみました。
ものすごい密度と深さを感じて、ガクンときました。あの感覚は凄かったです。
これはタイムトラベルやパラレルユニバースでも応用できるのでは?!と、
いろいろ想像し、遊んでいます。

よかったら、一度遊んでみてください。
おもしろい発見があるかも、ですよ。

___________________________
___________________________

フレッド A.ウルフ著の書籍『もう一つの宇宙』の中の合わせ鏡についてのくだりで

ここで一つ気がつくのは、なにかが二つあって、その二つがフィードバック・ループ__自己矛盾のない言及のループ__を形成していれば、そこから無限を生じさせることができるということである。どちらの鏡も互いに相手の鏡について言及している。だが、それぞれが同じ鏡像を映し合っているわけだから、これは自己言及ということになる__つまり、そこに矛盾がなんら含まれていない自己言及である。

とありました。
合わせ鏡と無限、そしてマトリックス。なんだか最強タッグな感じがしてワクワクします。
プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますことを
楽しみにしています〜!

【ワークショップのお知らせ】
ブレてもまたバランスを
取り戻せばいい!
自分で自分を整えるコツをお伝えする
1Dayワークショップです。
詳しくはこちらをご参照ください

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ