Hawaii; Acutonics Level2&3

2017.05.03 04:27|Acutonics(Fibonacci)
20170502.jpeg

今回のハワイ行きね、
実は、わたしのマインドがこう話しかけてました。

「もう道具は増やせないよ?
 ハワイなんて行かなくてもいいんじゃない?」

わたしは、サロンを借りてセッションをしているので
キャリーケースで移動しているのですが、
もうすでに重くてパンパンなのです。
これ以上は道具は増やせない状態。
そこをマインドが突いて話しかけてきてました。

でもねぇぇ、ハートは迷いがないのです。

「行く」

ただそれだけ。
そのおかげで、ハワイに来てたのでした。

で、来て良かった!!!
アキュトニクスのレベル2&3のクラスも最高に楽しかったです。

レベル2では、1で使ってた音叉のハイ周波数を入手し、
希望者はそれらのロー周波数音叉も購入して、
ロー/ミドル/ハイをレイアリング(重ねて)するという
ものすごく贅沢でガッツリ身体に入ってくる手順を習いました。
ほんと、レイアリングは素晴らしい。
スルスル入ってくる感じで、
ハイ・トーンは身体にかざしてるだけなのに
ビリビリくるし、乱暴な手の動きをすると
うっ…とくるほどでした。
ここで、新しいプロトコルも習ったのですが、
これがまた!えらい役に立つというか。
今、セルフヒーリングでも大活躍です。

レベル3はね、美しかった!!
水星・金星・火星・木星・土星・
天王星・海王星・冥王星・キロンとのアチューンメントが
わたしにとってはものすごかったです。

それぞれのアチューンメントで感じたこと・
見えたイメージがそれぞれ違っててね、
例えば火星では、ものすごく怒りを感じてました。
歯ぎしりしそうなほどだった。
(いや、実際には軽く歯ぎしりしてましたよ、、、)
最初は、この怒りはわたしのではないと感じてたのだけど、
ふと「あ、これはわたしのでもある!」と気がついた。
「内あるがごとき外ありき、外あるがごとく内ありき」
これはわたしのでもある…と気づいたら
ふと怒りも楽になりました。
いや、まだ怒ってたんだけどね(ははは)、
怒ってることが楽になったの。

きっと、こちらから押す(避ける)ことによって
反発のエネルギーがかかるんだろうと感じました。
これを止めることで、圧もかからないから反発も起こらず。
ふとエネルギーが軽くなったのかな、と。
これは、すべてに置いてそうだなぁと
なんか妙な体感での納得がありました。

他には、海王星のアチューメントも印象的でした!
もんのすごく美しかったです。
見えるイメージが、ただただ美しくて流れるようで、
どんどんイメージは展開されていくのだけど、
やっぱり、ただただ美しい。
…ということを、後でドロシーにシェアしていたら
「そうね!海王星は美しいわね!!
 私も海王星は大好きなの。
 あ。あなたは海王星を持ってるわね。
 私には見えるわ」と言ってくれました。
そう、海王星はわたしの大好きな惑星なのです。

以前はね、音叉を手にしていると
「音叉を持っている」という感覚があったのだけど、
アチューンメントの後は、
音叉を手にしても「自分自身が音叉」という感覚でした。
全然違和感がなく、音叉と一体化している感じ。
ものすごく軽い感じもあります。

そして、それぞれの音叉を音叉を持つたびに
「自分自身」が音叉そのものになっているかのような
感覚があります。

あとね、
北斗七星と北極星とも関わりがある禹歩(うほ)の
セレモニーの再現、イニシエーションも素晴らしかった!
わたしたちの身体の細胞は60兆個と言われていて、
その数ほどの星が空に存在しており、
それぞれは身体の細胞と対応している…そうなんだけど。
これがね、体感できたようでした。
身体の細胞がピリピリと目覚めるような、
それぞれの臓器に電気がピリリと走るような
そんな感覚がこのセレモニーの後ではありました。

いや、ほんと、
アキュトニクスのレベル1を受講された方には、
レベル2&3も是非ともおすすめしたいです。
今回はエリンが、今まで接してきた症例から
いろんなことをシェアしてくれたこともあり
施述に関していろんな情報が得られたことも
とても大きかったのですが、
惑星とのアチューメントが、
自分と音叉の関係を大きく統合してくれたことも
とても素晴らしかったです。

今回のレベル2&3では、
日本でアキュトニクスのレベル1を受講された方も
参加されていました。
だから、これからも、こんな形で受講可能だと思います(要確認だけど)。

わたしね、日本でアキュトニクスを受講されている方と
もっと交流したいと思っててね。
ハワイ受講生と日本受講生のみんなで交換セッションとか
できたらいいなと思っているのです。

実はわたし、日本のアキュトニクスの講師が大好きなんですよ。
会ったことはないんだけど、
彼女の生徒さんと接したり
彼女の活動やカリキュラムを通じて感じることは、
彼女の深い愛です。
地球に対して、人間に対しての深い深い愛。
そして、彼女の叡智も素晴らしい。
広く深くいろんなことをご存知です。

そんな彼女の生徒さんたちとも、もっと交流したいなぁと。

でね、よかったら、
ハワイでロンとエリンからのアキュトニクス・クラスも
おすすめしたいなぁと。
「え?アキュトニクスの音叉でこんな使い方もあったの?!」
というような目からウロコ的面白さもあると思う!
ロンとエリンも日本の講師と同じように
ものすごく愛が深くて叡智に溢れています。
ハワイのクラスは、素晴らしい日本語通訳さんもいらっしゃるので
是非とも参加していただきたいなぁと。

ということで。

みんなーーー!
来年のハワイでの、アキュトニクスのクラスに
ご興味はありますか?
レベル1がいい、とか、レベル2&3をして欲しいなど、
リクエストがあれば、ロンとエリンに話してみます。

もしよかったら、ご連絡ください〜
アドレスはこちらです。

tomoko.it.IH@gmail.com

質問でも、ちょっと話してみたい…でも、なんでもOKです。

日本のアキュトニクス講師の叡智がますます輝きますように。
アキュトニクスの光がもっと放たれますように☆

ハワイで再会とWSを楽しんできます〜!

2017.04.05 00:35|Acutonics(Fibonacci)
20170405.jpeg

さぁ明日からハワイですよ、ハワイ!
ATIHとアキュトニクスのクラスに参加してきます。
ひゃっほぅ〜♪

去年のクラスに参加した時のことを
まだはっきりと思い出せるくらいなのですが、
もう一年経ったなんて。
あっという間だったな〜

ハワイに行く前に記事を書きたいと思っていたのですが
書きたいことが沢山あったようで
いざネットに繋がるとなんだかどうでもよくなるような(いいのか?!)

また落ち着いて書きたいと思っているのですが、
ここ数ヶ月は、自分を満たすことにとことん費やしてました。

「自分を満たす」ということは
「自分が何を欲しているのか」を見ることでもあり、
そして、何を欲しているのか、を、
「思考」で捻じ曲げていないかどうかを
見ていく作業でもありました。
そしたら、自分の思考癖、思い込みにどんどん気がつくんですよ。

「眠いけど、でも、今やっておくと、後でラクだから」
「これ食べたいけど、でも、あっちの方が体に良さそうだから」
「このカバンの方が好き。でも、あれの方が便利そうかも…」

いやもうビックリですよ。

後々の便利さ、損得などを一瞬にして思考が考え、
どれだけ自分のやりたいことをやっていないのか!

例えばね。
(今回は、ひっかからなかったんだけど・笑)

さっきハワイ行きの用意をしてたら
わたしのお気に入りの小さいスーツケースの中に
すべて入らないことに気がついたんですよ。

そしたらボブは
「僕のを使いなよ!僕のはもうちょい大きいからすべて入るはず」
と、かなり押してきたのですが。

でも、ボブのケースは、わたしは「ときめかない」んですよ。
持ってて楽しさが湧いてこない。
以前のわたしだと、ボブのケースを使ってたと思う。
全部入るから、と実用性と便利さを優先して。

でも、もう止めました。
ちょっと不便でも自分が使ってて嬉しい・楽しいのにすることにしました。
すると、不便さも「不便じゃなくなる」んですね。

お気に入りの物を使ってるから、不便すらも楽しいんですよ。
自分が好きな物・使ってて嬉しい・楽しい物は、
多少不便でも使ってるとやっぱり楽しい。

ああ、こういうことなんだ…と体感しています。
だから、自分の感覚・したい・に従うんだなぁと。

ということで。
小さめのスーツケースと、大きめの手荷物で行きまーす。
移動や空港内は手荷物は持ち歩かないといけないので
重いわ〜とか思うかもしれないけど、
でもそれすらも楽しいだろうし、
もし、重くて大変だわ〜と思うのなら
次回は変えるだろうしね。
その時その時に対応すればいいだけの話なんだ、と。

ではでは。行ってきまーす。
またハワイから帰ってきた4月末に!

みなさまも素敵な春を♡

アキュトニクスとフィボナッチと叡智と

2016.04.20 04:15|Acutonics(Fibonacci)
20160418.jpeg

イタリアに帰ってきてから
まだ一週間も経っていないのですが、
まるでずっとここに居た感覚があります。
疲れや時差ぼけが今回は全くないのも
手伝っているのかも、ですが
ほんと楽で、同時にちょっと不思議な感覚があります。

今回の日本滞在はすごく濃くて
いつも以上に駆け抜けた感があるのですが、
特に3月のハワイ島での
アキュトニクス&フィボナッチ受講以後は
めちゃくちゃ突っ走ったという感じです。
今思い出すと笑ってしまうほど
凄かったな〜

自分でスケジュールを組んだので
自分で状況を作ったのですが
どこか他人事かのようで(どないや)
なんだか突き動かされるように動いてました。
考えるより、感じるまま・身体が欲するまま
動いてた・そう動くしかしょうがない状態だったので、
特に夜は眠くなると寝るしかしょうがなかったです。
以前までだと、眠気が来ても頭の切り替えができてたのに
それが出来なくて、寝る、と。
なので、3月末に頂いていたメールのお返事が溜まってて
今頃書いてます、、、は、ははは、、、
(お返事書くのは好きなので、気長に待っていただけると嬉しいです〜)

なんだかね、
自分の意思だけでないところで動いてるような
そこに自分が組み込まれているかのような
そんな感覚でした。

実は、今もまだその感覚があります。
未だ言葉ではっきりと表現できないのですが
感覚として
「大きな動きに乗ってしまった」という感じ。
それもピッタリと合ってて
「カッチリとはまって動きに乗ってる」というふうで、
なんだか他人事かのような感じもあるのだけど
でもその実、自分の奥深い潜在意識の選択であるという
確信も同時にある感じです。
でもでも、自分の意思ではどうにもならないような
起こるべきことの波に乗っている…とふうな。

これがフィボナッチ効果なのかしら?!

書いててふと思ったのですが、
今頃になって「大きな動きに乗ってる」と感じられるようになりましたが、
その実、以前からそんな波には乗ってたんだろうな、と。
ただ、感覚がなかっただけで。
そこをフィボナッチのおかげで感じられるようになり
ますますカッチリとはまって波に乗っている、
そんな感じがします。

ほんとにね、フィボナッチはすごいと思った。
ご縁があったということは
「自分の準備が整いました」というタイミングであり、
自分の魂から潜在意識でOKを出した、、というような。
そしてそこからは有無を言わさないような感じで
魂、いや、個々の存在を超えたようなところまでをも
思い出させてくれて、そこから望んでいた状態に
設定されていく…という。

わたしが受けたフィボナッチセッションは強烈でした。
過去、いくつもの世を渡って引きずっていた
助けられなかった感や罪悪感を解放してもらえ、
改めて自分の魂が望んでいること(ヒーリング系)に
向き合わせてもらうことができました。
今はそこから細々したことが浮上してきて、
また自分への自己ヒーリングをし、
ますます解放して、進んでいってる…という感じです。

ロンはアキュトニクスの知恵は
アトランティス時代からの叡智だと言ってましたが
ほんとそんな感じがします。
わたしは今生では今回初めてアキュトニクスに触れたのですが、
アキュトニクスの音叉の音や、
音叉でクライアントさんを包むようにする動作などは
今回が初めてではないような、ものすごく懐かしいような感覚があるのです。

わたしはフィボナッチをIHのホログラムの中でしていて、
フィボナッチだけのセッションの経験はまだ無いのですが、
フィボナッチをさせていただいてるときは
ほんとに深い深いところ、時空間を超えたようなところに
アクセスしてる感覚があり、
セッションを受けてくださったご感想として
フィボナッチ中に見えたことを語ってくださったり、
「寝てるのか寝てないのかよく分からない感覚だった」
「寝てる状態と起きてる状態の狭間を漂っていました」
「どこかに行ってました」
「遠いところに行ってました」
などを頂戴してます。

わたしのセッションでは寝てしまう方も多く
はっきりと覚えてらっしゃらない方も多いのですが、
ただ、セッションをさせていただいてるわたしの感覚では、
みなさん、いろんなとこに行ってらっしゃる感覚があります。
でね、そこがどこなのか、とか、何してるのか、とか。
わたしは、はっきりとは分からないのだけど、
わたしが受け取る感覚として、
みなさん、源に帰っていってる(アクセスしてる)ような
状態だと感じています。
そこでいろんなことを思い出し、収集しているような感じ。

ほんと、フィボナッチは、いろんなことを
思い出させてくれるなぁと。
なので、顕在意識では思ってもいないことが出てきたりして
それがまたサプライズ・ボックスが開くような感じでもあり
楽しさもあります。

あ、そうそう。フィボナッチだけじゃなくて、
アキュトニクスの叡智と音叉自体がほんと素晴らしいです。
アキュトニクスでは、奇経八脈だけでなく
経絡や経穴(ツボ)も使うし、
東洋の叡智がたっぷり入っていて、そして
天と人間と地とを結んでいる叡智があると感じます。
身体(ボディ)・精神(マインド)・霊的(スピリット)に
働きかけてくれるなーとしみじみしてます。

アキュトニクス(フィボナッチ)の音叉は、振動系です。
音を聞く場面もあるのですが、主には振動でね、
体に音叉を直接当てたり、かざしたりするのですが、
セッション中、微かに聞こえる音の中、
振動する音叉を当てていると
周りの空気まで振動しているかのようで
すべてはエネルギーなんだなぁということを
感じさせてもらえます。

今日もアキュトニクスの音叉を使ったセッションをしたのですが、
あの微かに聞こえる音の中、音叉の振動を伝えていると
まるで自分(の一部)も調整されているような感じがあるのです。

結局は、
ひとりだけが癒されているのではなく
すべては繋がっていて
すべての中の一部がわたしであり、
「内あるがごとき、外ありき」で
わたしも癒してもらっているということを
ものすごく感じさせてもらっています。

アキュトニクスの音叉と叡智は、ほんと凄い!
もっと広まって恩恵を受ける人が増えたらいいなぁと思ってます。

来年早々にハワイで
アキュトニクス・レベル2と3のクラスがあるそうですが、
一足先に、10月頃NYで
アーキュトニックのレベル1とフィボナッチのクラスを…という案が
上がっているそうです。

NYは通いのクラス(リトリートでない)だそうです。
リトリートはみんなで一緒の時間が多くなり、
そこに楽しさがあるのだけど、
通いは通いの利点もあるし、なにより、
前回行けなかった方には、NYはチャンスかなぁと。

アキュトニクスのレベル1とフィボナッチのクラスを受講するのに
キネシオロジーやIHを学んでいる必要はないです。
難しく考えることなく「アキュトニクスに興味ある!」とか
フィボナッチや音叉に興味がある、触れてみたい…という
そんな気持ちでいいんじゃないかな、とわたしは思います。
「ヒーラーじゃないし」「ヒーリングを勉強したことない」などの
心配はいらないと思う。
ロンとエリン(エリンもまた来てくれるのかな)に会えば、
そんな心配もぶっとぶと思うよ。大丈夫!

今の段階では希望者を募っている状態だそうですが、
興味がある方は、是非是非、NYのりこさん
連絡してくださいね。

norico1@earthlink.net

アキュトニクス、フィボナッチの叡智が
これからも広がりますように。

ハワイ島でのギフトと至福と祝福と

2016.04.10 01:08|Acutonics(Fibonacci)
20160409.jpeg

ハワイ島でのクラス受講中に日蝕がありました。
わたしね、日蝕があるとは知らず
それだけでもサプライズだったのですが、
ロンがみんなで一緒に瞑想をすることを
提案してくれたのがものすごく嬉しいサプライズでした。

瞑想は、クラスのお部屋の向かいの上にテラスがあり、
みんなで椅子を持ってそこに行きました。
まずはロンの誘導で瞑想を始めたのですが。

もうね、至福の中にいるとしか表現ができないような
祝福に包まれた感覚しかなかったです。
こんな大きくて深くて濃い至福と祝福と愛があるのか、と感動し
そこに居られたことに大泣きに大泣きでした。
おさむさんの音楽がこれまた最高に素晴らしかったです。

途中で急にビジョンが出てきた(見えた)のですが、
それは、集団での瞑想かお祈りをしているところで
わたしは後ろの方にいたので、
みんなの後ろ姿しか見えなかったのですが、
でも、その人々たちは
今回のクラスに参加しているみんな+αな人々、、、
という確信がありました。

今回、クラス受講の際にロンが
「みんなといつかどこかで一緒でした。
 また会おうという約束をしていたのです」
というようなことを言ってくれていたのが
とても懐かしい感覚があり、印象的だったのですが
それを実感・体感できたというか。
ほんと、みんなまた会えたね、という
懐かしさでいっぱいでした。

それともうひとつ。
あの時のわたし(のエネルギー)に
触れることができたのは、
わたしにとって、とても大きな癒しとなりました。
「わたしもあんな大丈夫(上手く表現が出来ないのですが…)な時があったんだ」と。
それは、あそこにいてくれたみんなのおかげがあります。
クラスに参加してくれたみんなのおかげです。

誰ひとりとして欠けることなく、
みんなおひとりそれぞれが、あそこに居てくれたおかげで
わたしはとてつもなく癒してもらえました。
ほんと、あの場にご一緒してくださった方皆さんに
感謝の気持ちでいっぱいです。
瞑想の後にクラスに戻った時に
「シェアしたいことがありますか」と
ロンが聞いてくださったのだけど
大泣きに大泣きしたわたしは話すこともままならない状態でした。
どれだけ泣くのだろうと自分でも思ったのだけど
あの時の至福と祝福と愛に触れた感覚はとても濃くて、
今だに思い出すだけで胸がいっぱいになるほどです。

ハワイ島での日々は、ほんと素晴らしい毎日でした。

あ、そうそう。
ハワイ島では現実化の速さを何度も見せてもらえました。
ルームメイトの方々と一緒に朝食を食べてて
その時に「ライスプディングという食べ物があるんですよ」と
お話をしたんですね。
そしたら数日後になんとライスプディングが出てきたんですよ!!
ルームメイトの方は
「話を聞いた後、食べたいなと思ってたんですよ」と
お話をしてくださって、現実化が早いなぁと。

こんな話は他にもあって、
雨上がりにクラスメイトの方と歩いてたら
「虹が見えたらいいなぁ」とおっしゃったんですね。
「ほんとだねぇ。雨降った後だし見えたらいいね」と
言いながら一緒に歩いていたら、しばらくしてふと目線を上げると
虹が出てたんですよ。しかもダブルレインボー!
そしたら彼女、その後に
「ハワイに来たら食べたい物があって、
 リリコイというデザートなんです」と話してくれてね。
それ聞いた瞬間「食べられる」という感覚がふと湧いてきて
その後の食事を楽しみにしてたのですが、出てくるデザートは
違う物でした。「あれ、リリコイ食べられると思ったのだけど、
彼女だけが食べられるのかな、、」と思っていたら。
最後の日の夕食後のデザートにリリコイが出ました。
しかも、この時に彼女と一緒にお食事の列に並んでたのです。
いや〜〜、驚いた。

ロンが三次元と四次元の違いとして、
「四次元では思ったことがすぐ現実化される」と
話してくれてたのですが、
これを体感させてもらった感じがします。

さて、アキュトニクス・フィボナッチクラスで学んだ事ですが、
早速セッションの中でも出てきています。
身体が伝えてきた時に、ですが
フィボナッチもIHの中に組み込んでしています。

アランの音叉も凄いなーと思うのですが、
アキュトニクスの音叉も凄いです。
身体の細胞の一つ一つに働きかけている感じが
手に取るようなのね。
そして「身体」だけでなく感情体やエネルギーの細胞
(エネルギーに細胞があるんかいなって話ですが)に
働きかけているのが振動を通して感じ取れるようなのです。

フィボナッチに至っては、魂に戻っていく感じがあります。
魂の記憶を思い出すという感じ。
フィボナッチでは、奇経八脈の経穴(ツボ)に
音叉を当てていくのですが、その最中や
音叉で身体を包むようなことをしている時は特に
クライアントさんが魂の記憶を呼び起こしているような
感覚がわたしにはあります。
フィボナッチは寝てしまう方がほとんどで
セッションが終わってから
「寝てました」、か、
「寝てたのか、起きてたのか、よく分からない状態でした」と
おっしゃる方がほとんどなので
実際の体感のところはどうなのか存じないのですが。

アキュトニックス・フィボナッチクラス受講から
一ヶ月近く経っているのですが、
わたしは未だに統合中の感じがしています。
クラス受講直後に比べると落ち着いた感もあるのですが、
まだ身体の細胞や脳がチリチリとする感覚が時々あり、
情報を得るための感覚もまだ慣れている途中という感じです。

IHにフィボナッチを組み合わせても最高なのだけど、
そこにレベル1で習った音叉の使い方を組み込むと
ほんと「ガッツリしっかり優しく」という感じがします。
ただ、今のわたしには、IHだけで時間を費やしている部分が大きく、
フィボナッチとレベル1で習った手順までするのには
かなりの時間がかかってね。
どういう風に出来るかな、と模索中です。
ふふふ、楽しみです!

前回のハワイ島の記事から
えらい時間があいちゃったのですが、
ほんと、アキュトニクス・フィボナッチ受講で過ごした
ハワイ島の日々は、わたしにとって最高のギフトでした。
今だに写真を見ると胸がいっぱいになります。
学びに行く…つもりが、学びだけでなく
こんなに癒してもらって、無条件に愛されている感覚、
それも、深くて、とてつもなく昔から愛されているという体感を
思い出させてもらった感じがしています。

ほんとにね、わたしたちは皆、それぞれに
ソース(源)から無条件に愛されています。

今回、そこに気づかせてもらえた、
体感させてもらえたことは、わたしにとっては大きな経験でした。

セッションで皆さまにお会いする時に、
「ハワイ島での記事を読むと温かくて
 幸せのお裾分けをもらったような感じがします」と
何人もの方が言ってくださったのですが、
それを聞けて、とても嬉しかったです。

ハワイ島での日々。
最高のギフトであり至福と祝福でした。
皆さまにもそれを少しでもお伝えできたのなら
こんな祝福はないです。
受け取ってくださって、本当にありがとう〜〜♡

I am Home. -Acutonics and Fibonacci-

2016.03.19 00:46|Acutonics(Fibonacci)
20160318.jpeg

言葉では表現しきれないほどの祝福と愛で
とてつもないギフトの中、至福の時を過ごしてきました。

出発前は「ロンに会える〜フィボナッチ習える〜」と
ワクワクしていたのですが、
実際には学びだけでなく、ものすごく癒してもらい、
すっかり新しい自分に生まれ変わって帰ってきたという
わたしにとって人生最大級の
学びと癒しと再生(ReBorn)のリトリートでした。

クラスはロンとエリンの二人で教えてくださってたのですが、
この二人がほんと素晴らしく、クラスの内容もすごくて
音と周波数がここまでの可能性を持っていたということ
そして、そこからの振動が身体のポイントから、
全細胞・意識・エネルギー体にまで
ここまで影響があるんだということを体感させてもらえました。
奇経八脈も、ここまで素晴らしいものだったとは!!!
今まで学んだ経絡だけでも感動ものだったのですが、
奇経八脈は、ほんとさらにすごいんだなぁと。

ロンのお話も素晴らしかった。
「普通の質問でもいいよ」と
アキュトニクスの内容には関係無いことでも
快く受け入れて真摯に答えてくださり、
例えばアトランティスの話とか、エンティティの話とか。
そこからの気づきもとても大きく得ることができました。

ロンは凄いなぁと思う点は沢山あるのですが、
今、心に浮かぶのはジャッジしないということ。
そのまんまを受け入れてくれて、愛をいっぱい感じました。
ものすごいピュアさも。
彼の目を見ていると、自分のすべてを癒されるようで、
そして、感覚でいろんなことを思い出すような感じがしていました。
ほんと気さくな方で、いつ話しかけてもウエルカムで
お食事の時にご一緒させてもらって、いろんな話をしてくれたり。
そうそう、彼からはエゴも感じないんですね。
これもすごかったなー。
そして愛が深い。
みんなのことをそれぞれに見ていて、
誰一人とも見逃さないんですね。
30人も人がいると、あまり目立たないような方は
埋もれてしまいがちにもなるのですが、
ロンはそこも見逃さず、みんなと話をするようにしていて
まだ話せていないような方とは
「きみとはまだ話していないね」と声を掛けていたそうです。
本当にね、ロンからのみんなに対する愛をものすごく感じていました。

エリンもすっごい素敵だった!
彼女の知識と智恵もとても素晴らしく、
クラス内での説明は的を得ていて簡潔で分かりやすかった〜!
クラス外でも一緒にお話させてもらえて、お食事の時とか
食事の行き・帰り道でも後ろから追いついて一緒になると
「一緒に行く?」と誘ってくれたり、
心がほんとスィートで優しいのです。
彼女の叡智も素晴らしく、いろいろ気づかせてもらえました。
たわいない話も面白くて、キュートで優しく、
ものすごくピュアでハートが大きい。
「私はこのクラスのみんなに出会えて光栄です」と
言ってくださってて、
「クラスのみんなが私の先生なの。私は30人の先生がいる」とも
言ってらしてね、彼女のピュアさをものすごく感じました。
男性的なさらっとした感じもあるのだけど、
愛が大きくてものすごく深い。
彼女からもジャッジを感じず、
このまんまを受け入れてもらえてる感じがしていました。
そして、彼女の研究心やひたむきさはものすごかったです。

ほんと、すごい二人だったなーー
今生でまた二人に会えたのはものすごく光栄で、
わたしにとってはギフトそのものでした。

それにしても、今回のハワイ島の滞在はほんと凄かった。
クラスに参加するに当たって、その前から
わたしの中にいろんなことが浮上してきて
その度に自己ヒーリングをしてたので、
もう大丈夫だろうと思ってたんですね。
ところが、飛行機に乗った瞬間からドーンと。
座席前にあるモニターにはハワイの映像が流れていたのですが
そこに同調しただけで、自分の奥底から何か大きなのが
動くのを感じてね、これ何だ?!と。
で、ハワイ島に降り立ってすぐに分かりました。
ハワイ島のエネルギーは凄かった。
もんのすごい愛でいっぱい。
そして、破壊と再生のエネルギーも物凄く感じました。

わたしは前世の記憶がいくつかあるのですが、
その中で、罪悪感、救えなかったという思い、
わたしのせいだったという思いなどがあり、
これらはヒーリングをする上でも大きな抵抗になっていました。
かなり自分でも自己ヒーリングをしてたので
完結した…と思っていたのですが、なんのその。
根っこの大きな部分が残っていて、
今回、ここのいろんな思いを手放せました。

人や生物やその他諸々を救えなかったという思い。
これは、本当にもんのすごく大きくて
「わたしのせいだった」という思い、罪悪感がものすごかったのね。
頭では自分はベストを尽くしたとは分かっていても
ハートが追いついていなかった。
ロンに「きみのせいじゃなかったのだから」と言われても
「いいえ、わたしのせいだった」と大声で言い返して大泣きして。
自分の意識の一部は今ここにいるのだけど、
意識の他の一部はあっちに行っちゃってました。
で、なかなか帰ってこなくて。
ロンに「きみはベストを尽くしたんだよ。
きみが見えていたことを伝えても、彼らがそれを聞かなかったんだ」と
言ってもらっても、そして、それらが本当だったことを頭では分かっていても
それをハートで受け入れるのは時間がかかりました。
当時のわたしはサイキック能力が強かったんですね。
先のことが見えていたので、それを伝えたのですが
皆に聞いてもらえず、皆のことを救えなかったのです。
後でロンから、ロンが見えていたということを
話してもらったのですが、それは、わたしの記憶(ビジョン)と同じでした。
ロンは「みなそれぞれにカルマがあるからね。
必要なことが起こっているのだから」と話してくれて
ますます頭とハートで納得できました。

ずーーっと掴んで離さなかった(守っていた)ことをやっと手放し、
(守っていたつもりの)みんなも先に進めたんだなぁ、としみじみ。
手放した今やっと気づけたのですが、
ずっと持っていたというのは、わたしのエゴだったなー、と。
みんなのことを守っていたつもりが
わたし自身を守っていたわけで(これは分かっていたのですが)
でもそれは、実際にはみんなのためじゃなかった。
ほんと、みんなそれぞれのカルマがあるし、
必要なことが起こっているので、
ただ淡々と流れに乗っていくだけなんですね。
それを今回改めて細胞レベルで感じさせてもらました。

この「救えなかった」ということに関することは、
根深くて、ここから人間不信みたいなのもあり
人とのコンタクトを遮断するような生活:
例えば宗教、特にキリスト教関係の修道院に入ったり
神を想い、山に籠もるような人生をしたりといろんなことを繰り返し。
パターンにもなってました。

こんなのがね、すっかり手放せました。
もういいやって。
そして「わたし、クレイジーだったなぁ」と思えるようになりました。
あはははは〜!

あと、他に手放せたのが、歪んだ忠誠心と献身と依存。
古いパターンとしてこれらを持っていて、
わたしの師匠的な存在(グルとか神とか)と
生活や仕事を共にすれば、忠誠心と献身がものすごく強くなってしまい、
そして依存になる傾向があったという。。
ここもやっと手放せた感じがします。
これからは、師匠と共に仕事をするようなことがあっても
自分の中にいられ、師と平等な立場をかけるような感じがします。
ああ、これは大きいな〜〜

今となっては、これだけ大きなことを手放したので
自分の中に、空っぽになった大きな部屋がいくつもあります。
そして、再生(ReBorn)という感覚がものすごいです。
すべてが新しい感じ。
身体も新しくなった感じがするし、
日常的なことも、物質や植物などすべてのことが
向こうから語りかけてくる…というか、
情報を送ってくるという感じ。
情報のシャワーを浴び続けているという感じで
エネルギーでコミュニケーションを交わしているよう。
ほんと、すべてが新しくなった感じです。

この間は、プラスチック袋(スーパーのレジ袋)を手にした瞬間
「え?!何この素材!!」と驚いちゃった!あははは〜〜
知ってるはずですやん!でも、何だか新しい物質に感じられたのです。
毎日こんな調子ですっごい楽しいです。

もうね、「ともこ」という存在だけでなく
「魂」を救ってもらった感じです。ほんとに!
そして今は I am Home. という感覚がものすごくしています。
やっと帰ってきたよ。
いや、正確には帰っていたのですが、わたしが感じられていなかっただけで。
そこがね、I am Home. という感覚が感じられるようになりました。
喜び・幸せがものすごくあり、祝福の中にいます。

まだ書きたいことはあるのですが、今日はこの辺で。
続きは次回に〜
プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますことを
楽しみにしています〜!

【ワークショップのお知らせ】
ブレてもまたバランスを
取り戻せばいい!
自分で自分を整えるコツをお伝えする
1Dayワークショップです。
詳しくはこちらをご参照ください

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ