徒然に。辞退したこと、苦しさについてなど。

2017.10.05 23:13|お知らせ
20171005.jpeg


大阪に入りました〜!
ネットも接続し、おかげさまで落ち着き
大阪の日々を堪能しています。

先日、ボブの診察で病院に行ったのですが、
そこで偶然、数年前に入院した時に知り合った方が
また入院されていて、お会いすることができました。
奥さまに「ともこさん、綺麗になった!」と言われ
「そうですか!?ありがとうございます〜」ムフフと喜んだ瞬間!

「あ、きちんとお化粧してるからだわ」

と切り返されたよ!!
しかも、その通りだったから「確かにそうです!!」と返事して
二人で爆笑したよ!あははは〜

わたしゃ化粧テクニックが上がったようです。
今度会ったとき、チェックしてみて…
いや、それよりキチンと化粧して外出しないと(そこか)。


さて、ところで。

突然なのですが、わたくし、
ロンのワークショップに関するすべての
コーディネートを辞退いたしました。

理由や経緯に関して書き出すとグダグダになるし、
わたし以外の方達のことも書かないと説明が出来ないうえ、
それに、書いたとしても、わたし目線からしか書けない。

なので、そうやってまでこんな公の場で書く気持ちがしないので
経緯などは省略させていただきますね。

コーディネートしていく上で出会えた皆さま、
関わってくださって本当にありがとうございました。
素晴らしい方に出会えて、結局お会いできなかったのだけど
メールで言葉を交わせていただけて幸せを頂戴したので
ほんと嬉しかったです。

ありがとうーーー!



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

今回のことは、いろんな気づきがありました。

辞退したのは、
ちょうどイタリア出発する直前でね。
自分ではスッキリしたと思って
日本に来たつもりだったんだけど
まだ引きずってたようで、
眠りの質が悪いのなんの。

最近は結構スパッと時差ぼけが治ってたのに
それもなく、寝てるんだろうけど、寝られない。
身体が怠い一週間を過ごしてました。

そんな中、苦しさがあってね。

苦しさって、その苦しさの対象への見方を変えると
苦しくなくなるのですが
「いや、でも…苦しい時って苦しいなー」などと
ぼんやり思ってたんですよ。

そしたら、ふと

「死んだらこの苦しさは無くなるのか?」

と疑問が湧きました。
するとその瞬間、パパパッといろんな沢山のイメージが
目で捉えられないほど早く瞬時に変わっていくのが見え、
そしてすぐに

「ああ、苦しみって無くならないんだ」

と気づき、即、めちゃくちゃラクになりました。
なんかね、ほんと、心底ほっとした。

というのも、思ったのが、
ここに居る以上、苦しみは無くならないから
苦しいのは当たり前なんだ、ということ。

なんだかある意味、絶望的な感じもするかも、だけどね、
いやいや、
死んだら苦しみは無くなるとかそういうことじゃなくて

「今、起きてることに対して、
 自分はどう反応しているか、
 何を思う・感じる・考えるのか」

だと思った。
だからね、もう究極なことを一言でいうと

「諦める」

だと思ったよ。
ここでは全ての感情を感じられるし
私達はそれを望んでやってきているわけだから
苦しみを感じるのは当たり前。
さぁそこでどうするか、
どう展開(選択)していくかなのだと思う。


でね、これは自分に対して思ったんだけど、

今、わたしは、日本に居ます。
安全な土地で、戦争は無いところにいて
動物に襲われるようなところでもないから
自分の命の心配をしなくていい。

水道も電気もある場所に居る。
屋根と壁がある空間で暮らしていて、
雨・風を防ぐ場所に居ることができて
清潔な下着と服を着て
これまた清潔で暖かい布団で眠ることができる。

食べ物は十分にあるし、
しかも選択することができるくらい。



……?

あ、わたし恵まれてて、、

あれ??わたし、暇なのかも。

暇で、あれこれ考える余裕があって
苦しさまで選択して味わえる暇と余裕があるんだなー

と気づきました。

いや〜、わたしの場合、
一生懸命になりすぎたり
真面目になりすぎると
視点が偏っちゃって、大きく見れていない。
そして、遊び心を忘れるから
楽しむことを忘れて、
息をすることすら忘れてる感じ。

そうなると、ドツボにハマってます!ひぃ〜…

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

長くなっちゃったのですが、

苦しさや辛さの中では
それらを無いことにするのではなく
見る(パターンがあるのならそれも認識)。
そして次の展開・選択をすること。

それか、、もうね、
諦める!もうしょうがないよ。
ここは苦しさがあって当然の場所だもの。

…ということを改めて体感した先週でした。

さぁ、今週末は京都にいきますーー!
日本滞在楽しみまーす。

お会いできる皆さま、楽しみにしてます〜



 

日本でお会いしましょう!

2017.09.25 04:04|お知らせ
20170924.jpeg

みなさま、やっほ〜!
いよいよ日本へ移動する時になりました。
早かったわ〜〜

書きたいことは沢山あるのだけど、
もう頭がボーッとしてるので
日本に着いてから、お話させてください☆
いつも読んでくださってありがとうございます。

今、思ってるのはね、、
日本着いたらどんな楽しいことあるかな?!ということ、
もう心が弾んで楽しくてしょうがない!

友人に会えるしー
あなたにも会えるしー
あ、ワークショップもするんだった!!
と思い出して、これがもう!最高に幸せ。

わたしがずっとしたかったことなので、
遊びに来てくださるみなさんが
ありがたくてしょうがない。

もう何度も書いててしつこいんだけど、
ほんと、みんな素晴らしい魂を持っててね、
ほんの少し気がつくだけで、どーーんと変容していく。

コツさえ掴めば、
いろんなことへの気づきが日々あるし、
自分の視点もどんどん広がっていきます。

自分の癖を知って、
手放したいパターン・習慣を
新しい習慣へと置き換えていく。

あの、こういうことって、
慣れが必要だと感じます。
慣れてないと、また元に戻ったように感じて
「なんや、やっぱアカンのちゃうか」とか
思っちゃうかも、だけど、違うの!!
慣れてないだけなのよ〜〜

なので、ワークショップの後は、
定期的に、一ヶ月に一度くらい
みんなで会えてブラッシュアップしていける
機会を設けていきたいと思っています。

遠方の方であっても、ネット使ったりして
方法はいくらでもあるし。

わたしの特技、かつ、したいことは、
みんなの輝きを見ること!です。
人が大好きで、その美しさといったら
ただただ愛おしく、眺めるばかりです。

お会いしてくださるみなさま、ほんとありがとう☆
大好きです〜

ではでは、日本で!

追記:しばらく移動の日々となる上、
ネット環境を整える必要があるので
お問い合わせ等、お返事が遅くなることをご了承くださいませね☆




#EatForItaly #AMAtriciana

2016.08.27 03:19|お知らせ
イタリア中部地震に関して
今も続いてメッセージを頂戴しています。
みんな優しいなぁと温かい気持ちがしてほっこりし
同時に嬉しくて幸せです。

わたしだけでなく、イタリアにも
愛を送ってくださったり
お祈りしてくださったり。

ほんと、ありがとうございます♡
イタリアも段々と整うと思いますので
引き続きお見守りくださいませね。

さて、最近はFacebookを開いておらず気が付かなくて、
Facebookをしていないボブから教えてもらいました(珍しい!)。

#EatForItaly

14067497_172237063203221_4094891131154432821_n.jpg
(クリックでもうすこし大きな画像になります)

ローマ在住のパオロ・カンパーナ氏が立ち上げた
AMAtriciana(アマトリチャーナ)」という運動。
(アマトリチャーナとはイタリア料理の名前で、
 AMAは愛するという意味があります)

震源地近くであり被災した町・アマトリーチェは
アマトリチャーナ発祥の地です。
なので、この運動は、レストランをも巻き込んで
「アマトリチャーナを食べて寄付しよう!」
という呼びかけです。

アマトリチャーナ・一皿につき、
2ユーロ(1ユーロはレストランから、1ユーロはお客さんから)を
寄付することになります。
お金はイタリア赤十字に寄付されるようです。

すでに多くのレストランから賛同があるようで、
イタリア国内だけでなく、スペイン・ドイツ・ギリシャ
果てはカナダでも始まっているようです。(8月26日現在)
レストラン・マップはこちらです。

美味しいアマトリチャーナを
作って幸せになって
食べて幸せになって
その幸せが
アマトリチャーナ発症の地を
その周辺地域を幸せにしていく

幸せがぐるりと回っていて
その輪に入れるのもこれまた楽しいな〜と。

よかったら、いろんな形で参加してくださいね。
(お知り合いのレストランに
 「アマトリチャーナをメニューに入れて〜!」と
 呼びかけてみる、、などなど)

#EatForItaly

20160826.jpeg

大丈夫です(伊中部地震に関して)

2016.08.25 04:18|お知らせ
20160824.png

イタリア中部の地震、
わたしは無事に元気に過ごしております。

沢山のメッセージとお心を寄せてくださって
本当にありがとうございます。

昨夜はうちも軽く揺れました。
揺れで目が覚めたものの、
体感はあるけど激しくないな…と、また眠りにつき
一時間後にまた揺れて目が覚めました。
でもまだのんびり構えていて再び眠り、
朝起きてニュースチェックして驚いたほどです。

イタリアもこういう時の助け合う精神や
慈愛がとても強いし、
いろんなところからヘルプも
回ってくるんじゃないかな、と感じています。
(みなさまが思いを馳せてくださったように!)

わたしもできることをし
いつもどおりの生活をして
いつもどおりのエネルギーを保っていきます。
そうすることで、きっと
被災された方たちにも「いつもどおり」のリズムが
やってくると思うから。

今回いただいたメッセージの中に
「リラックスエナジーの粉の振りまいときますね」
というのがあって、助かるなぁと感じました。
震源地の山間部にほど近いところに友人が住んでいるので
情報収集のためにいろんな画像や映像を観たせいと
昨日からの友人の他界の悲しさが相まって
メッセージを見るまではっきりと気がついてなかったけど
悲しさなどの集合無意識に繋がっていました。
(もう大丈夫です)

被災に想いを馳せていても、
自身のいつもの状態(リラックスなど)で居ることは
被災でバランスが崩れたエネルギーを整えることなんだ、と
実際に体感させてもらえました。

あと、頂戴したメッセージで

「じゃあまたね、と言って
 また会えることは有難いことと思う」

と書いてくださったのがあり、
ほんと有難いことだったんだ、と胎に響いてきました。

こういうとき、いろんな気づきがあると改めて体感。

当たり前のことだ、と思ってたけど
有難いことだったんだ、とか、

人ってここまで力が出せるんだ
こんなに深い他愛があるんだ、とか、

わたしってこんなに人に思われてたんだ、
愛されてたんだ、と気づく。

いつも本当にありがとうございます。

みんなの大きな深い愛を感じて
わたしは幸せです。
そして、元気で過ごしています〜。

イタリアにも愛を

バカンスシーズン真っ盛り

2016.08.01 03:35|お知らせ
20160731.jpeg

7月も終わり、8月ですね!
イタリアはバカンスシーズン真っ盛り。
2週間のお休みは当たり前だし、
最近は減りつつあるのだけど、
個人経営のお店だと、1ヶ月丸々お休みする所もあります。
かと思えば、8月15日の祝日前後だけ、という所も。
それぞれ違うのですが、うちの近所では
2週間くらいのお休みのところが多いです。

この時期になると思い出すのが
友人から聞いた話。

もう何年も前の夏のことなのですが、
郵便物が届いてないなぁと気づいたそう。
でもあまり気にしておらず、日々は過ぎ。
ある日、偶然ご近所さんに道端で会って、そのご近所さんが
「今から郵便物を受け取りに郵便局行くよ。君はどう?」
とおっしゃったそう。
友人は意図することが理解できず、たずねたら

「あれ?知らないの?
 今の時期は配達がないんだよ。
 僕たちが郵便物を受け取りに、郵便局へ行かないといけないんだよ〜」

友人にとっては青天の霹靂だったそう。
「どうりで郵便物が届いてないはずだよ!
 そういや今までずっと夏の終わりにごっそり届いてた!」
とやっと気がついた、と。
「数年ここに住んでて知らなかったよ、、」と言ってました。
今はバカンス時期には代理の配達人の方が入るので
もうこんなことはないそうです。

でも、郵便事情は悪いのは変わらないのですが。
この間も、北イタリアからの郵便物が
一ヶ月かかってました。
でも、これも、もしかしたら、
中部イタリア以南に限ったお話かもしれません。
北イタリア内では、一週間くらいで届いてるそうですから!!

イタリアは、北部は全然違うと聞いています。
ブレインジムを受講した時の先生は、
北イタリアでのクラス開催が多かったそうで
「やたらと時間に正確な人ばかりで息がつまりそうだった」と
言っておられました。
「10時とスケジュールに書いてあると、みんな10時に待ってるのよ」
「遅れて私が到着すると結構な剣幕で怒られるの」だって。

イタリア人って時間にルーズな印象がありがちだと思うのですが、
(うちの近辺はここにハマるのですが)
これは、北イタリアを除いて、かもしれませんね。
北イタリアは時間に正確な人が多いようです。
そして、中部以南の時間が守れないイタリア人の中にも
時間に正確な人もいます〜!そんな時は嬉し驚きなのです。

バカンスのお話から、北イタリアの話へとずれてしまいましたが、
さて、わたしも南仏はビアリッツへしばらく行ってきます。

セッションのお問い合わせやご予約に関してのメールへの
お返事が遅れるかもしれません。
ご了承いただけたら嬉しいです。

ではでは、いってきま〜す。
みなさまもステキな8月を☆


パステル画講座、ご一緒しませんか

2015.10.09 02:13|お知らせ
日本で楽しみにしていることが
いっぱいあり、そのひとつが
「パステル画講座」の受講です。

小さい時からお絵描きや切ったり貼ったりなどが好きで、
学生時代にもデザインコースに通ったりし、
その後もちょっとは続けていたのですが。
ここずーーっと描くことはなく。

それがね。

全体の日本滞在中に、絵をいただきました。
画面には大きく羽ばたいた翼が描かれていて、
ふんわりとした印象がありながらも力強くて。
ものすごくピュアな感じを受けてね。
見た瞬間、鳥肌が立ち、その絵に惚れ惚れしてねぇ。

それが、パステル画でした。

今までパステル画を観て、素敵だと思ったことは
何度もあり、いつかわたしもまたパステルを使ってみたいと
思ってはいたのですが、こう、、湧き上がってくる感じで
「描きたい」と思ったのはこの翼が初めてでした。

でね、いただいた翼の絵は「結晶の花」という
講座の流れのひとつだそうで、
習いたいと思ったのですが、
絵をくださった方は、関西在住ではなく。
むむーー、どうするべ〜〜と思ったのだけど、
大阪で講座開催の打診をしてみたら!
OKの返事を頂戴したのです!!

よかったら、わたしと一緒に
パステル画を受講しませんか?

今回の講座は、パステル初心者向けのクラスです。
パステルの道具の使い方など基礎を教えていただきます。

「結晶の花アートセラピスト講座」
11月11日(水)11時より17時まで
場所は、大阪市立科学館のすぐ近くです。

当日は、こんな絵を
20151008.jpg
2枚描くそうです。

講師のなつこさんも
「パステル初心者の方も大歓迎」と
おっしゃってくださってます!

あとお二人くらいお席が空いています。

自分を表現するのにね、
お料理やスポーツ、
文字を綴ったり(本やブログや詩など)、
音楽(歌ったり演奏したり)など沢山あってね、
そのひとつが、絵を描くことでもあると思います。

自分を表現していくと、
自分の日常的な意識では気付かない部分が出てきたりもして
面白いことがあります。
楽しいですよ。

もしよかったら、パステル講座、わたしとご一緒してくださいね。
お問い合わせなど、お気軽に左側のメッセージフォームから、か、
tomoko.it.IH@gmail.com
までメールをお送りください。

あなたにお会い出来ますことを楽しみにしています♪
プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますことを
楽しみにしています〜!

【ワークショップのお知らせ】
ブレてもまたバランスを
取り戻せばいい!
自分で自分を整えるコツをお伝えする
1Dayワークショップです。
詳しくはこちらをご参照ください

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ