また会える時を楽しみにしています!

2015.03.18 21:47|谷田先生講座
みなさま。おかげさまで、
ものすごく充実した日本滞在を送らせてもらいました!
イタリアに帰りまーす。

今までの日本滞在の中で最高に楽しかったです。
日本の良さを沢山再認識させてもらえたし。
ほんと、みんなのおかげ。ありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

あっという間に過ぎたような感じもするけど、
そんなこともないような。
すごいギッシリ感があって、濃かったなー
今はただ、ものすごい充実感があります。

今回の滞在は、かなりの転換期だった感じする。
今までしないようにしてたこと(スケジュールみっちり、とか)
今までしたことがなかったことをしました。
楽しかった~!

今までしたことが無かったことのひとつが、食事の面でのこと。
わたし、串揚げを食べたことが無かったの。
カウンター席のお店で初体験させてもらったんだけど、
なんかね、テーマパークに来たようなワクワクさがあって
すごい楽しかった。
あ、そうだ。『アジのナメロウ』 って、みんな知ってるのかな?
わたし知らなくて、アジの種類に 『ナメロウ』 という魚がいると思って
「『アジ』 と 『アジのナメロウ』 って、どう違うの?」
なんて質問しちゃったよ、、、
あとね、『どて焼き』 というのも初めて食べたの。
存在すらも知らなかったのだけど、
食べさせてもらったらすっごい日本の味だった。
イタリアに帰る前に食べられてほんと良かった。

・・・ふふふー
わたしのことを前から知ってる方だと
「あれ?ともこさん、食を変えたの?」 と思ったかも。
あのね、 「ま、いっか」 としたの。

以前から魚と肉を食べない生活をしてたんだけど、
でもその時から食べたくなったら食べることにはしてました。
だから、日本に来たら数年に一度は、たこ焼きを食べたりしてた。
そこを、今まで以上に 「ま、いっか」 としたの。
機会があったら、食べよう、と。
そしたらすごい楽しいの。
なんか、、、上手く伝えられないのだけど、
感覚として、すごい楽しさがあるのね。
もしかしたら、この 「ま、いっか」 を自分に出したことで、
自分に優しくなったのかなぁ、と。

わたし、濁すことが苦手でね、
陰陽五行の要素でも、わたしは金がちょっと突出してるから。
きゅっとしがちだし、自分に厳しいとこあるし、
一度決めたら くそ真面目にしちゃうとこある。
そんなところも、自分を 『金だから』 と枠にはめちゃって
ラクになった部分もあるけど(ここでお話させてもらいました)
そこへ、今回の 「ま、いっか」 が入ったことで、
もっともっとラクになった感じ。
そして、すっごい楽しい。
いろんなことが、もっともっと楽しめてる感じ。
身体と心から、力が今まで以上に抜けたんだろうね。

そんなこんなな今までの中で最高に楽しかった日本滞在。
いつものように支えてもらい、
いろんな人に出会えて、
いろんな宝物や魂の輝きを見せてもらえ、
わたしにとっては幸福の時間そのものでした。

気づかせてもらえたことや
学ばせてもらえたことが沢山ありました。

あなたに会えて、ほんと幸せでした。
ご縁を繋いでくださったあなたへもありがとう。
みんな大好きです。

そしてそして。
今回の日本滞在で、作戦に嵌ったように、、いえ、冗談!
楽しくて好きだったから、せっせと通った谷田先生の講座シリーズ。
ものすごく成長させてもらえて、
多大なる影響を与えてくれました。先生、本当にありがとう!

わたしの人生ラクになったセミナーもあるし、ざっと振り返るとね:

陰陽五行セミナーは、ほんとわたしをラクにしてくれました。
(わたしの主観なんだけど。でもね、ほんと人生ラクになったの)
自分と周りの人間関係もクリアに観えてくることもあったので、
五行に興味がある方には特に、わたしはおすすめしたいです。
あんな難しそうなことをさらりと分かりやすく教えてもらえるのだもの。

経絡ストレッチセミナーね、谷田先生のサポート(フィールド)ありきで
音叉コラボの時にみんなの状態を見せてもらえた時だけでなく、
実際に自分が受講してても、すごいリリースだったのは、覚えてる。
でね、受講したなら、続けてみて欲しいなぁと思うの。
任脈・督脈のポーズだけでも。
しばらく続けると、ポーズを取る前と後の違いが
体感できるようになると思うから。
『心と身体は繋がってる』 という言葉がありますが、
その実、『心と身体は一体』 なんじゃないかなぁと思う。
経絡がスッキリ開通してると、心もスッキリするから。
心から身体へのアプローチも良いけど、
身体から心へのアプローチも良いと思うの。
分かりやすいし、体感もあるからね。

どぅる~んタッチセミナーは、
あの 『どぅる~ん』 の感覚は、もうね、ラク~な感じ。
で、この状態にいろんな秘密があるような感じがするの。
普段、日常的に緊張している方や
思考型の方には衝撃的な感覚じゃないかなぁ。
あの領域にいられるのなら、
自分がストイックになっている状態から抜け出せる境地が分かるし
ボディワークをする方なら、自分の身体のどこに余分な力が
入っているのか、が、感じられるんじゃないかなぁ、と思う。

脈ナビセミナーはね、
自分の意識の状態が、ただ自分がそこに存在するだけで、
どれだけ相手に伝わっているか、を身をもって感じさせてもらえます。
普段、口で言うことと心で思っていることが違う人には、
特におすすめしたい。分かる人には分かるんですよ~
口で言ってても、本心じゃないってこと。ふふふー
なぜバレてるのか。それを知りに受講してみて!

でね、谷田先生のセミナーに限らず、
なんかの講座やワークショックに参加するとき、
「なんでこれに参加するんだろう」 とか
「これは何に役立つんだろう」 や 「どう今後に役立つのだろう」 など
頭(思考)で考えたりせず、
「受講したい」 「行きたい」 「やってみたい」 という感覚だけでも
ドーンと参加してみてくださいね。

わたしもただ 「受講してみたい」 「やってみたい」 という
気持ちだけで参加してきて、それで最高に楽しかったです。
友人の中には受講後に 「なんで受講したのか分からないんだけど・・・」
と言う人が今までもいましたが、それでも 「楽しかった!」 と言ってました。
そんなもんだと思うなぁ。
気持ちに正直になると、結果、気持ちが喜ぶことをしてることになる。

だから、頭でこねくりまわさず、
そのときの気持ちの波に乗ってみてくださいね。
そんなときに、いろんな鍵がもらえます。
人生の転機の鍵となるようなことを。

わたしも鍵をほんと沢山もらいました。
友人に 「ともこさんのここ一年での変化はすごいね」 と言われたほど。
ボブにもそれを言われててね、
「ここ数年のきみの変容は感じてたけど、
 ここ最近の変化は特にすごいね」 と。
ああ、言われてみれば、、、と自分でも気がついたのだけど、
そういえば変わったなぁ、と。
自分の感覚が、大きく変わったから。

ほんと今回の日本滞在は濃かったです。
みんな本当にありがとう~!
また会える日をとてもとても楽しみにしています。

心からいっぱいの感謝を込めて。

【追記】そうそう。わたし、Facebookもしてますよ~
アカウントはこちらです。
もしよかったら、お友達申請を送ってくださいね。
この間、「ともこさんは、Facebookしてないですよね?」と
質問されて「してますよ~」とお返事したら驚かれてね。
そうだ、わたし、みんなに言ってなかったと、
やっと気づかせてもらえました(気づかせてくれてありがとう!)。
遅くなってごめんね~

谷田先生の経絡ストレッチセミナー@音叉コラボ、ありがとう

2015.03.16 22:24|谷田先生講座
谷田先生の経絡ストレッチセミナー:基礎編と応用編、
3月14日(土)、15日(日)と
音叉でサポートをさせていただきました。
(経絡ストレッチのポーズをとっていらっしゃるとき、
 各個人の方に合う音叉の組み合わせを筋反射で選び、演奏し、
 その後、屍のポーズのときにも、音叉を演奏させてもらいました。)

15日(日)応用編ではね、
谷田先生、サービス精神旺盛で
基礎編で習ったポーズ+応用編のポーズ、となり、
通して合計20ポーズと、ものすごい贅沢でしたよ!!
今回参加した方はラッキーだったなぁと思った。
(わたしが受講したときは 『応用編のポーズ』 だけだったの)

でもね、例え応用編だけのポーズだとしても、
なんとなーく、経絡ストレッチは基礎編・応用編と
続けて受講したほうが良さそうだなぁと感じました(わたしの思い、ね)。
そのほうがますますスッキリと出来そうなんだろうな、と。

この二日間は、あっという間に時間が過ぎていって、
笑いあり、涙あり、お昼に食べたニシンが飛び出しそうな方ありで、
用意してくださってた美味しいケーキや
愛が沢山入った差し入れ手作りクッキーがあり、
すっごい楽しい日々でした。

でね、参加者みなさんのリリース度が凄かった。
音叉でサポートさせてもらっていると、感じたのだけど、
さらりさらりと流れていくかのように、いろんなことが
リリースされててね、感動しました。
みんなね、変わっていくのを時間が過ぎるごとに感じるの。

そして、谷田先生のフィールドの作り方、
サポートの仕方(というか先生の感性かしら)も
やっぱり凄いなーとあらためて感じました。
スルスルっと経絡が開通した瞬間に、
最初に気が付いたときはめちゃ感動しました。
先生のあのサポートの仕方、あれはアート(芸術的)だったよ。
あんなにスルスルっと経絡開通するのは
見ててマジック的だった。ほんと凄かったの。
感動の言葉しか出てこない。素晴らしかった。
そして、そのエーテル体(?エネルギーかしら?)の美しさと完璧さ。
先生のエネルギーとポーズ取ってる方のエネルギーが合い
そこに流れる経絡の流れ。輝きが増してキラキラしてるの。
見たその美しさと完璧さには心が奮えるほどでした。
みんなが、本当に美しくて完璧でした。

あとね、セミナー中には、谷田先生が言ってらっしゃるように、
「経絡ストレッチは身体の固さとかは関係無い」 ということを
見せてもらいました。
(そりゃ柔らかい方が身体的痛みは少なめかもしれないけど)。

もっと重要なのは、イメージが出来てるかどうか。
経絡が流れてるイメージ。

例えば、任脈だと、
大きな大きな円の線の一部分に自分が居るように、
そんなイメージを、、
というようなことを、先生がおっしゃってたでしょう?
そういうのをイメージできてるかどうか、が、
ほんと重要なんだ、ということを見せてもらいました。

参加者の中には身体が固い方がいらして、
身体的ポージングでは綺麗じゃないかもしれないけど、
イメージがちゃんとできていらしたら、経絡は繋がっててね。
それを見せてもらえました。輝きが増すの。

あとね、参加者の方が言ってらした言葉:
「意識で無理って思っても、体は無理じゃないのよね〜」
これはほんとそうだと思う、すごい納得。
意識(思考)は、自分が経験したことしか知らないから、
限界を超えた域を知らないのね。
だから、そんな意識(思考)にしがみついてたら、
そこに居てしまう。
なので、逆に、その意識(思考)を外せたら、傍観できたら、
新しい経験が待ってます。限界を超えます。
身体はそんなことお構いなしだもの~
どんどんいくよ。どんどんリリースしていく。

そして、みんなのポーズの後の軽さといったら!
肉体の身体としてはドロンドロンで
ひぃひぃ言ってる方もいらしたけど、
そんな方でもエーテル体的で見ると
(わたしの感じでは)軽くなってて、
これまた感動ものでした。
ほんと、みんな軽かったよ~

こんなに沢山の素晴らしい瞬間に立ち合わせてもらえて
とてもありがたかったです。

音叉は大好きなので、一日中鳴らしてても全然平気だし
楽しいし、わたしにとっては至福のときでした。

ほんと、みなさま、ご一緒させてくださって、ありがとうございました。
谷田先生、機会を与えてくださって、ありがとうございました。
またいつかみなさまにお会いできたら最高に嬉しいです。

日本での最後の活動が、
経絡ストレッチセミナーでのサポートというのは
わたしにとって祝福でした。

いろんな方から感想のメッセージを頂いて、
わたしが感動させていただきました。
内密なことも書いてくださっているので
ご紹介は控えさせていただくのですが、
ほんと、いろんなことがあって、リリースなさったんだなぁ、と。
複数の方のこんな瞬間に立ち合わせていただけたこと、
そして、お話をシェアしてくださったこと、
あんなにも美しくて完璧なものを見せていただけたことは
わたしにとって至福のときでした。

心が幸せでいっぱいです。
ほんと、ありがとう!

沢山の感謝を込めて

ともこ

【追記】経絡ストレッチね、受講したなら
任脈・督脈だけでも、まずは続けてみて欲しいなぁと思う。
続けてたら、なんかが変わってくるのを体感できると思うから。
そして、最初はポーズがとり難いのも段々大丈夫になってくるよ。
わたしね、基礎編のときに見本(?)で
肝・胆系のポーズをとらせてもらったでしょう?
あれね、初めてポーズをとったとき、
先生のサポートが無かったら、身体が曲がらなかったの。
それが今は、最初から、耳がほぼ膝に付く状態になりました。
みんなも試してみてね~

どこに同調するかで得られることは変わってくる

2015.03.11 21:41|谷田先生講座
今日ね、音楽家の友達と会ったの。
脈ナビセミナーを一緒に受講した友達。

ちょうど昨日アップした記事を読んでくれてて、
脈ナビセミナーでの
『ベルリン交響楽団』 と 『東村山交響楽団』 の演奏を
当てる実践をしたときの彼女の発言:

>違いは「ベルリンのには緊張感があった」 と。

という言葉について、付け足してくれました。
この 『緊張感』 というのは、『音の緊張感』 という感じで、
プロとしての姿勢からの音の出方というか、
そういうとこの 『緊張感』 だったそう(・・・だよね?!違ってたらメールください・汗)

でね、引き続き彼女と
『ベルリン交響楽団』 と 『東村山交響楽団』 の演奏を
当てる実践について、話してました。
(音を聞いて当てるのと、
 振動(波動だけ。音はボリューム1で、聴覚的に聞こえない)で
 当てるという実践)

わたしの反応は興味深いね、と。
わたしは、波動だけを感じてたとき、なにを拾ってたんだろう、と。

で、彼女に聞かれたの。
「ともこさんは、あのとき脈をみてたの?」 って。
これ聞かれたとき、ハッとした。
わたし、脈を観よう(脈を感じよう)としてたけど、
そういえば、演奏の波動だけで判断したとき、
身体が先に反応してたってことを思い出させてくれた。

わたしの場合、身体が反応したということは、
何かに同調した、ということだと捉えています。

音を聞いてたときは、しっかりと脈を感じ取れてたの。
でも、演奏の波動のときは、身体が先に反応してた。
東村山交響楽団は、楽しさが伝わってきてて、
ベルリン交響楽団は、ちょっと重くてピリリとしてたの。

わたし、演奏の波動の、、何を拾ってた(何に同調してた?)んだろうね。

音楽家の友人曰く、東村山交響楽団の方たちはアマチュアであって、
もしかしたら音がそんなに滑らかでなかったり
『音的』 には超一流じゃないかもしれないけど、
演奏しているときの楽しさ、嬉しさはとても大きいかもしれない、と。

反対に、ベルリン交響楽団の方たちはプロであり、
そんなプロ意識からくる音への緊張感
(良い意味でね。たるみが無いという感じで)や
姿勢があるのかも、と。

彼女も言ってくれたのだけど、
どこを拾うか(どこに同調するか)、で、感じることは変わってくるね、と。
わたしはどこを拾って感じたのか、はっきりとはよく分からないのだけど、
彼女が音や演奏の説明をしてくれて、ものすごく納得しました。

もしかしたら、演奏の波動だけで拾ったのは、
東村山交響楽団からは、演奏することの楽しさ、
ベルリン交響楽団からは、プロとしての音の緊張感、
これらを感じたのかなぁ。

そして、音を聞いて拾ったのは、
『音』 が醸し出す、演奏としての 『音のハーモニー』 を感じてたのかな。
だから、
東村山交響楽団からは、音がわたしが好むように整っておらず
ベルリン交響楽団からは、音がとても素晴らしくて楽しい
と、感じたのかな、と。

************************

でね、音楽家のお友達ね、
もうひとつ、とてもとてもステキなお話をしてくれたの。

彼女が持ってるテープでね、
ルーマニアの民族音楽で、結婚式でのライブ演奏があるんだって。
ライブ演奏だから、犬がワンワン吠えてるような音やいろんな雑音、
しかも、カセットテープだし、ダビングしたときの状態もよくないような
そんなテープなんだそうだけど。

彼女はとても好きなんだって。
ヴァイオリンだったかな(ごめん、間違ってたら!)の演奏が、
良いらしくてね、でも、彼女の友人が解析したところ、
・音としては滑らかでない
・音程がズレている(でも、民族音楽だから確かなとこは分からないのでは?とも)
などなど、沢山のことが 『音』 としてはダメらしいのだけど。
でも、彼女は好きなんだ、と。

でね、ここで、彼女からこの音の素晴らしさに
わたしも同調させてもらったの。
そしたらね、もうなんとも言えない素晴らしさだった。

演奏の波動がね、言葉では言い表せないほどなの。
ここまでピュアなことがあるのか、と思うほど
ピュア度が凄かった。
愛とかそんなのを超えたとこにあること、
それに触れさせてもらいました。
もう素晴らしすぎてね、こみ上げてくるくらいなの。

例えていうとね、、、
自然の中で、満天の星空を見上げたことがありますか?
自然の中で、オーロラを見たことがありますか?
それらを観たときの、胸がいっぱいになる感じ。
あの美しさを、あの演奏の波動で感じられたの。

ヴァイオリンのプロの耳で、
『音』 として、このルーマニア民族の音を聞くと、
ダメダメなのかもしれないけれど、
なにを拾うか、どこに意識を置くか、どこに同調するか、で、
得られるものはまったく違うんだ、ということを
とてもとてもはっきりと気づかせてもらえました。

************************

結局、すべてはそうなんだろうなぁ、と。

たとえどんな状況に自分が居たとしても、
どこに意識を置くか、で、自分の感情や立ち位置が変わってくる。

「これダメじゃん」 「それどうなのよ?」 的な
否定や不完全だという思いを持つと、
そっちに同調して同じような否定的・不完全さにいるのだろうし
(それもいいだろうし、その中から解決方なども見つけられるのだけどね)
逆に
「それ良いやん」 「そっちはどうかな、いけるかも」 的な方に
同調していると、良さそうな波動を保っていたり、
行けそうな道が開けてくる、ということがあるのかな、と。

すべては、どこに意識を置くか。
その意識を置くのは、『わたし』 であり、
わたしが選択をしているということ。

他人がどうこうではなく、
『わたし』 がどうしたいのか、どうありたいのか、を
見据え、行動していくんだなぁと。

どうせ観ていくのなら、
魂を、本質を、コアな部分を観ていきたいなぁと
つくづく思った今日でした。

脈ナビセミナー:再受講は気づきが多かった!

2015.03.10 21:30|谷田先生講座
なんだかやけに谷田先生付いてるような気がしないでもないですが、
先週 『脈ナビセミナー』 を再受講してきました。
一回の受講では、脈をみるのを
ちゃんと掴めてなかった気がしたから。

前回の初めてのときは、ただただ「楽しかった~!!」の
思いが強かった(記憶がある)のだけど、
今回は難しいわ~という思いと同時に
いろいろ気づかせてもらえました。

********************

お相手の脈を観て、
『どんな状態の脈ですか?』 なら
まだ感じたことを表現できるのだけど、
じゃあ、
『お相手の方に合うアロマを選びましょう』 となると
今回は難しさをとことん感じてしまいました。

わたしね、相手の方の脈を 『響く感じの脈』 と
感じたアロマがあったのね。
となると、この 『響く』 ってなんだろう?と。
響いたらどうなんだって、分からないの。
相手にとって 『響く』 のはどうなんだろう、何なんだろうって。
初対面の方だったから、ほんと分からなかった。
こうなるとね、もう本当にますます分からなくなったの。
相手の方のこと知らないから、
この方にとって脈がゆっくりになるアロマを感じても
この方には、合ってるのか合ってないのか。

うーーーん、、、
初回受講時にわたしはどうやって
お相手の方のアロマ選んでたんだろう。
適当にしてたのか??
それとも、今回、くそ真面目になりすぎたのか??
相対的だから、『わたしが感じた、お相手に合うアロマ』 なので
正解も不正解もないと分かってるのに
なんかね、やけに考えちゃった。

********************

受講中の実践に、小さいメモ用紙2枚に
『好きなこと』 『苦手なこと』 みたいなことを
それぞれに書き、手にのせて、脈をみて当てる、、、
みたいなことをしたのだけど(はっきり覚えてなくてスイマセン)、
すごい面白い発見をしたの!

お相手の方がね 「脈が反対の反応で出る
(*反対の反応、つまり、好きなことが苦手のような反応の脈が出る、と)」
とおっしゃったのね。

この方、好きなこと、として 『花』 と書いていらっしゃいました。
そのメモ用紙が手のひらにのると、
脈は、『穏やかになって嫌になる』 んだって。
なんでだろうね、、、と一緒に話してて、閃いた!
で、おたずねしたの。
「もしかしたら、お花は好きだけど、枯れるのは嫌じゃないですか?」 って。
そしたら、「そうです!」 とお返事。
この発見には感動した。
そうなんだ、脈はそこまで出るんだ~って。

でもね、
脈はそこまで出る。

それを感じられてた。

でも、解釈を間違ってた、、。

そうなのよ、脈を感じられても、解釈を間違うと
ちゃんとした気づきが得られていないんだと、気づかせてもらえた。

その実、わたしも、このメモ用紙実践では、
「逆の反応が出てた」 ひとりでした。

わたしのメモ用紙は絵入りで 『大好き』 と 『大嫌い』 でした。
『大好き』 だと、わたしの脈は遅くなってたのね。
『大嫌い』 だと、わたしの脈は突き上げるようで元気だと解釈しました。
・・・とするとですね、元気な感じを好きな方と捉えたんですよ。
あれれ? 『大嫌い』 感情が、今日のわたしは好きなのかしら??
と思ってたんだけどね、気がついたの。

『突き上げるような脈』 は、元気になってるんじゃなくて、
突き上げてイヤイヤと表現するほど嫌だったんだって。

『遅くなってた脈』 は、
遅くなって、穏やかになるほど、ゆったりできるんだって。

いや~、、脈を感じても、
『どんな表現をしてる脈なのか』 までを分かっていないと、
気づきがまったく逆のことになってしまうこともあるんだなーと。

********************

あとね、今回、もうひとつ難しいと感じたこと。
脈でみようとする前に、
身体全体が感じて(身体が反応してしまう)ことが多かったこと。

『貴船神社の五寸釘痕がある木の写真』 と
『緑がある元気そうな木の写真』 を裏返しにし、
シャッフルをして、どちらがどちらか、を、
脈をみて当てるのだけど、
意識を 写真の裏返しに飛ばすだけで、
脈をみる前に、身体が反応し察知して分かるのね。
脈みてる間がなくて、なんか必死に脈みようとしたりして。
ひぃひぃしてました。
前回の受講時はそうでもなかった記憶があるんだけどなぁ。。

********************

あ、そうそう。
個人的にすごい興味深い発見をしたのがね、
『ベルリン交響楽団』 と 『東村山交響楽団』 の演奏を
音を聞いて当てるのと、
振動(音はボリューム1で、聴覚的に届かない)で当てる
という実践。

これも、身体が先に反応してしまい、
脈を後からみる、、みたいな状態だったのだけど、

音を聞いて当てるのは、
わたしは 『音を聞いて』 判断していました。
楽しいのは 「ベルリン」 で、
途中からなんか飽きてきた感じが 「東村山」 でした。
で、それで当たってたのね。

さて、次は、波動(振動?)だけで、
「ベルリン」 か 「東村山」 かを当てる実践。
いざ波動だけ流れてきたらね、、、
一曲目はなんかすごい楽しい感じが伝わってきたの!
こんなに楽しいのなら、さっきも楽しかった 「ベルリン」 だと思った。
二曲目は、なんかね、
ちょっと重いというかピリリとするのがあったの。
じゃあ、「東村山」 だと思ったんだけどね。

違ったの。

一曲目のが、「東村山」 だった。
一緒にセミナーに受講していた音楽家のお友達曰く、
違いは「ベルリンのには緊張感があった」 と。

それ聞いたとき 「東村山~、しっかりしろよ!」 みたいな感じで
みんなと笑ってしまったんだけど。

後で気がついた。

音を聞いて脈みてたときは、『音』 からだったけど、
波動(振動)を感じて脈みてたときは、『音そのもの』 ではなく、
『音を消して残ったとこにある波動』 を感じてたんだって。
(音が聞こえてないのだから、当たり前っちゃー当たり前なのだけど)

二曲目で感じてた 『ちょっと重い、ピリリとした感じ』 は、
あれはベルリンの緊張だったんだなぁと。

ベルリンの音を聞いたときには楽しかったのに、
波動(振動)だけを感じたときは、ちょっと苦手だった。
『音そのもの』 と、
『音を消して残ったとこにある波動』 はここまで違うのか、と
考えちゃった。

もしかしたら、わたしが感じてたのは、
『音を消して残ったとこにある波動』 ではなく、
『演奏者たちの波動(緊張感)』 なのかも知れないのだけど。
どこに意識を置くか、で、同じようなことも
違う反応が出るんだなーとすごい感動しました。

********************

・・・と、なんとも沢山の「難しいのぅ」的反応が多かったのですが、
いろんな発見があって、難しいながらも楽しかったです。

今回、脈みる前に身体が反応することが多々あったのだけど、
これは、ここ数ヶ月セッションすることが多く、きっと、
それで波動との共鳴力が強くなったからかしら、と思うのだけど。
どうなんだろう。

それにしても、どこに意識を置くか、で、
得られるものが違ってくるんだということを
ものすごく感じさせてもらえました。
意識の力ってやっぱり凄いなぁ、と。

あとね、脈の表情をちゃんと掴めていないと
解釈も間違ってくる、、、ということを
痛いほど学びました。
これは、数をこなして、経験していかないと
細かい表情も感じ取られないのだろうなぁと。

あんな小さな指三本的スペースに詰められた
沢山の情報。
脈の表情をちゃんと感じ取れられるのなら
最高に楽しいだろうなぁといつかの日を夢見てます。

どぅる~んの境地と出会いと

2015.03.10 21:10|谷田先生講座
延び延びになってた、先月受講した谷田先生
『どぅる~んタッチセミナー』 のお話です。

実はね、ずーっと 『どぅる~ん』 というオノマトペがよく分からなくて、
どうしても感覚が掴めなくて、最初は興味が無かったの。
どれだけ 『どぅる~ん』 を想像しようとしても、
イメージが湧いてこなかった。
『ど』 から始まるオノマトペだよ?
濁音から始まる感覚の言葉でっせ、奥さん!想像できます?

それが、別の講座に参加していたときに、
この 『どぅる~ん』 な感じを味わさせてもらって
もうビックリ。何これ?!な状態でした。
相手との境界が無くなり、
相手の丹田と自分の丹田が融合する感覚。
すべてがひとつを感じられ、ふわりとなる瞬間。
うわーー、はまってしまいました、『どぅる~ん』。

でね、これはこれはと思って、
『どぅる~んタッチセミナー』 に参加したの。

もうね、意識の世界でした。
どれだけ意識がぼーっとできるか、みたいな(あははは)
どれだけ感覚的でいられるか。
思考がおしゃべりしだすと 『私(自我)』 が出てくるから、
相手との境界線が出てくる、、、
そして、どぅる~んじゃなくなる、みたいな感じ。

そして、意識だけでなくてね、
身体の向きや手の位置、目線でさえも、
それらがどういう状態であるか、で、
気(エネルギー)の向きや量が完全に変わることを
体感させてもらえました。

ほんと凄かった。

わたしが一番感動したのが、
手をお相手の方の頭の上に置いたとき。
手の形は、手のひら と指で包むように丸く置いてたの。
それでもちゃんと気は流れてたんだけどね、
谷田先生がいらして、
同じように頭の上に手を置いたら、、、
明らかに気が流れてる量が違う!!
すごいの。グワングワンって感じ。
わたしのは、フワンフワンって感じだったのに。

さて、先生とわたし、どこが違うか、というと。

『置く手の形』 でした。
先生のは、真っ直ぐだったのね。
わたしのは、包み込むように曲がってた。

考えてみたらさ、、、そりゃそうだな、と。
エネルギーって、水が流れるようなもので、
曲がってると、流れも緩やかになってしまう。
真っ直ぐだと、ガンガン流れやすいね。
ああ、そうか、と、すごい納得でした。

でね、なんかハッとしたのが、
別に、手や指に向かって「流れろーー」と
意図するわけでなく、
ボーッと どぅる~んの境地に居るだけで、
気の流れが出てきて、相手に伝わるということ。
これって、凄いと思った!意図してないのに、だよ??

そして、どぅる~んの良いところ、と感じたのが、
お相手の方に 「どうぞお好きなように」 とお渡しすること。
こちらが 『流す』 とか 『過剰な気を引く』 とか 『足す』 とか
そんなことをするのでなく、ただ繋がって、流れが出てきて、
受け取ってくださる方が、お好きなようにしてくれること。
(*わたしが感じたことなので、ほんとのとこは違うかも、です)

これはいいなぁ、凄いなぁ、と。

どぅる~んの境地は、すごかったです。
そして、そこまでエネルギーの流れや、
脇が甘いとエネルギーだだ漏れ、とか、
そんなとこまで感じ取り、仕上げた谷田先生も凄いなぁ、と。

もう感覚の世界ですからね。
普段、思考のおしゃべりが多い方。
一度味わってみてください。
新しい世界が広がるかも、ですよ~~!!

********************

最後になったんだけど、
セミナー参加といえば、人との出会いもあり、で。
素晴らしいなぁと感動した人と出会いました。

自分を等身大でさらけることが出来ていらして、
虚栄することなく、誇示することもなく、
自分に正直で、どんな状態であっても、
そのままのご自身を受け入れてらして。
自分の弱さもご存知で
そのまま表現なさってるのね。
それでサラッとしてる。
男性でここまでの方に出会ったのは、
ものすごく久しぶりな感じがして感動しました。

ちょうど今日、お友達と
「人は 『ただ存在する』 『自分が自分であること』 の価値を
 まだ完全には信じていないのかなぁと思っちゃうときある」 と
お話ししてたとこでした。
『その人がその人自身であること』 は、本当に、
周りの人にとってものすごいありがたいことなの。

今回の出会いは、人の素晴らしさ、
そのままで居てくださることのありがたさ、
そしてピュアさも見せてもらえたようで
ほんと感動しました。

セミナーの内容話からちょっと脱線したのだけど、
こんなステキな出会いと気づきと感動もあるということで。

よかったら 『どぅる~ん』 に参加なされてみてください。
自分の感覚も変わってくると思います。

【お知らせ】施術予約、経絡ストレッチセミナーコラボに関して

2015.02.26 22:52|谷田先生講座
ひゃー!もう2月が終わりそうですよ!!
いかがお過ごしですか。

書きたいこともいっぱいあるのだけど。

まずは、お知らせです。
セッションのご予約は終了させていただきました。
ありがとうございました。

最後のご予約は、鳥肌物でした。
わたしの都合日と、いつもは予約が取り辛いサロンの空きが偶然重なり、
しかも、そこへシェア枠にポンと予約が入ってきた、、とか、
他にもエピソードがあって、奇跡的なご予約だったので、
もう鳥肌が立ってビックリでした。
セッションはやっぱりご縁なのだなぁと。
また、次回、日本へ来るときにご縁のあるみなさま、
どうぞよろしくお願いします。

そして、もうひとつ。
先週末、谷田先生の『どぅる~んタッチセミナー』を受講してきました。
セミナーに関しては書きたいことがたくさんあるので、
とりあえず、優先したいことを!

『どぅる~んタッチセミナー』では、任脈・督脈のポーズが
カリキュラムとして組まれています。
そこで、わたし、音叉を鳴らせていただきました。

今度、経絡ストレッチセミナーで音叉でコラボさせていただくに先駆けて。

わたしね、音叉を鳴らすときは、セッションをしているときと同じ状態なの。

そう、セッション中に音叉でクライアントさんを調整している状態と同じ状態で、
経絡ストレッチ中も音叉を鳴らしています。(なんだか超ミニセッションみたいだ!)

なので、音叉を鳴らしている相手(ストレッチをなさっている方)と共鳴してるのね。
だから、その時々に、その方の恐怖や恐れや辛さ、悲しみなどや
中々オープンになれないとかを感じていましたが、
音叉と一緒にサポートしつつ、
最後にはみんなかなりいろんなことをリリースしたことを
感じていました。

みんなすごいなー、と。
谷田先生のサポートもやっぱりすごいな、と。

でね、感想も頂戴したの。
何かを得られた方や、気づきを得られた方もいらしてね、
音叉が鳴ってたから・・・みたいに言ってくださったのもあったけど、
でも、もしかしたら、それはただの偶然で、
その方のタイミングだったのかもしれないのだけど。
何しか、わたしは、そこに居合わせることができて、とても幸福でした。

みんな、ありがとう!!!

ということで。
任脈、督脈のポーズだけで、ここまで感じさせてもらえたので、
やっぱり、経絡ストレッチセミナーでは、
ひとりでも多くの方にお会いできたらなぁと思っています。

14日(土)の基礎編は、もう定員に達したのですが、
参加したいのよ、、という方は、谷田先生に連絡していただけたら、
何とかなるチャンスがある、、かな。たぶん。
先生に連絡してみてください!
(先生はわたしのブログ読んでないだろう、と、好き勝手なこと書いてるけど!ごめん~
 でも、ほんと、わたしのセッションを受けたことがある方、今ここ読んでくださってるあなた!
 基礎編に参加したい場合、よかったらわたしにもメッセージください。
 わたしから先生にお願いしてみるから!ご一緒しよう~)


15日(日)の応用編は、現時点では、まだ何名か空席があるはず、です。
前にも応用編に参加したことあるけど、なんやキツかったわ~という方には
違いを感じてもらえるのでは、、、と、わたしは思うのだけど。
音叉といっしょに奮えて、もう要らなくなったことをリリースしませんか?
そのお手伝いをさせていただけることは、わたしにとっても最高のギフトです。

わたしね、自分のことを、キネシオロジストであり、セラピストだと思ってる。
なので、
わたしにとって音叉を鳴らすことは、演奏(音を聞いてもらう)だけじゃなく、
エネルギーバランスを整える音の波動をお伝えし、
わたしのエネルギーを、全存在を持って、
聞いてくださってる方をサポートすることなの。

今回の日本滞在、最後にみんなに会える機会。
それも、複数の方に同時に会えるなんて、
わたしにとって最高のギフトなので、
ひとりでも多くの人とお会いしたいです。

経絡ストレッチセミナー、ピンと来た方、
ちょっとでも気になる、、という方。
是非是非、ご参加くださいね。

あなたにお会いできますことを楽しみにしています。

音叉!谷田先生『経絡ストレッチセミナー』で音叉とコラボ

2015.02.18 09:29|谷田先生講座
音叉(おんさ)をご存知ですか。
チューニングフォークとも呼ばれており、
U字型をした金属製の物で、
本来は、楽器の調律をするのに使われていたそうです。
それが、今ではヒーリングで使えるような物も創られています。

わたしが使っている音叉は、
イギリスの故アラン・セールス氏によって創られたものです。

アランは、サイバーキネティックの創始者。
そして、エンジニアでもあり、元ミュージシャンでした。

ミュージシャンでしたからね、音の達人ですから!
そんなアランが創りだした音叉は、
とにかく音が素晴らしいの。
倍音が素晴らしく、スッキリとした透明感があり、
繊細でありながらもキリリッと、どこまでも響くのね。

音叉の金属成分や形についてもこだわりがあるらしく、
金属成分に関しては読んでいても分からないのですが、
音叉の形としては、握る部分(グリッド)の端が
丸くなっているので握りやすく、そのおかげもあるのか、
音を鳴らしやすくて、音がほんとうにどこまでものびるの。

アランの音叉の音は、一目(一耳)惚れだった。
聞いた瞬間に「これだ!!」と思った。
ほんと、身体の細胞のひとつひとつが震えるような感じ。
心にも触れられたようで、振動してくるの。

この音叉の音は、いくら文字で説明しても、
実際に聞いてもらわないと掴んでもらえないかなぁ。。。
体感してもらったら、アランの音叉がどのくらい体と心に
働きかけてくるか理解してもらえると思う。
わたしが現在持っているアランの音叉シリーズの中で、
「音」として使うのは

・チャクラの音音叉
・神の音音叉


です。

チャクラの音音叉は、8本のセットになっています。
正式な名前はChakra Sound (チャクラの音)です。
アランのサイトの説明では、

身体の前面と背面に位置している主要なチャクラの振動周波数に
同調させた8本の音叉で構成されています。

こちらのページより抜粋)

とあります。
これも倍音がすごいのだけど、
わたしにとってはチャクラ音叉は振動がすごいかな、と思う。
調子が悪い辺りで音を鳴らすと振動はありつつも、
音の響きが少ないのね。
調子が悪いところに吸い込まれていってる感じ。
そして、何度も鳴らしていくうちに、音がのびてきて
だんだんと響くようになります。
すごいなーと毎回思う。


そして、
神の音音叉の方は、14本セットになっています。
正式な名前は、
Sounds of God [14 Sacred Bible Codes/Kabbalah]
神の音 〔14の聖なるバイブルコード/カバラ〕、です。
アランのサイトの説明では、

アラン・セールスによって研究され付加されたさらなる音叉と一緒に
特別な “Healing Bible Codes(癒しのバイブルコード)” に同調された
14本の音叉で構成されています。

これらの音叉は、72のヘブライの神様の名前カードと、
カバラを教えるための書籍 “Technology for the Soul(魂のためのテクノロジー)” を
組み合わせて用い、開発されました。

こちらのページより抜粋)

とあります。

聞いたところ(アランから聞いたのではなく、人づてに聞いたのですが)
なんでも、72のヘブライの神様の名前の波動(音域)から
低い所、高い所、間、を取って、14本にしたそうです。
だから、どの音叉がどの神様というわけではないそうなのだけど。

音は、最高に素晴らしいです。
倍音がほんと、言葉にできないほど衝撃的で細胞が震えてくる感じ。
わたしのセッションでも、神の音音叉は調整でよく出てくるのですが、
クライアントさんもみなさん「素晴らしい」とおっしゃってくれています。

***************************

さて。
音叉のお話が長くなったのですが、これらの音叉を使って、
来月、3月14日(土)・15日(日)
谷田先生の『経絡ストレッチセミナー:基礎編&応用編』
コラボをさせていただくことになりました。

経絡ストレッチセミナー中に
それぞれの経絡で、
わたしが、その参加者の、その時にとって
最適な方の音叉セット(チャクラの音音叉 or 神の音音叉)、
そして、その音叉セットの中から、
最適な本数の音叉、と、組み合わせを
筋肉反射で選び、音を鳴らさせていただきます。

毎回、その瞬間に、あなたにとって
最適な組み合わせの音叉を鳴らしますので!!
もうね、これはすごい贅沢だと思う。自分で言うのもなんですが(!)

というのも、
一度ね、わたしも、谷田先生に施術をして頂いたとき、
任脈・督脈のポーズの後に屍のポーズで休憩中に
音叉(神の音だったのかな)を鳴らしてもらったの。
もうね、すごかった。
「ひゃ~~」という感嘆符しか最初口から出てこなかった。
言葉にならない。あの感覚。

自分の肉体的感覚としても、『身体に響く』 という
感じがありつつも
経絡があるようなエネルギー体の方でも
音の振動が伝わったように、響いてるの。
意識も、ものすごく広がってなんだかどこかへ行ってるような、
いや、もしかしたら、どこか行ってるようで、
すべてと同化して 『今ここ』 にあるような。

是非是非、みなさまにも体感していただきたいです。
経絡ストレッチと、音叉の響きの組み合わせ。

あのストレッチ後の『屍ポーズ』の間に鳴り響く音叉の音。

わたしね、経絡ストレッチの基礎編の方を、
ほぼ毎日続けてるのですが、し終わった後にね、
自分で音叉を鳴らすこともあって
毎回音の素晴らしさを感じるものの、
でも、やっぱり、誰かに鳴らしてもらうのでは
得られる感覚が違う。

谷田先生の経絡ストレッチを楽しみつつ
音叉の音で贅沢を味わいに来てくださいー
わたしにとっても、
あの音叉の音を聞いていただけるのは祝福です。

日程は、

・3月14日(土):経絡ストレッチ 『基礎編』
・3月15日(日):経絡ストレッチ 『応用編』


詳しくは、谷田先生のブログをご参照ください。

わたしは、このコラボの後、イタリアへ帰ります。
最後にみんなに会える機会。
誰にお会いできるかしら?!
わたしの全存在で、
経絡ストレッチをサポートさせていただきまーす。

あなたにお会いできますこと
とてもとても楽しみにしてます!

経絡ストレッチの威力!

2015.02.10 21:26|谷田先生講座
先月、谷田先生の経絡ストレッチ:応用編を受講してから、
毎日 『任脈・督脈』 のポーズはするようにしてました。

そしたら、段々、基礎編で習ったポーズもするようになって、
最近では、ほぼ毎日、基礎編の8ポーズをしています。

わたしは前から体調が良いので、ストレッチを続けてても
これといった変化は感じなかったのだけど、それが!!

今日はすっごい感動したことがあったの!

今日ね、朝からちょっと胃の調子がお疲れ気味でね。
食べ過ぎたせいで胃が消化するのに疲れたようで、
しくしくしてるような不快感があった。

夕方もそんな不快感があったまま、
いつものように経絡ストレッチしました。

そしたらね、脾・胃ポーズをとろうとしたら、
なんとまぁ、膝も肩も床にくっつかないんですよ!!!

いつもは、最初から肩だけでなく背は床に、
膝もほぼ床についてるの。
それが、浮いた状態だなんて!
もうね、感動した。
身体の変化(胃の疲れ)がこんなにはっきり現れるだなんて。

そして、そのままゆったりと脾・胃ポーズでいたらね、
段々と肩も背も床について、しかも気持ちよくなってきて
うっかり寝そうになったくらい。
すっごい気持ち良かった。

その後、
最後の肝・胆ポーズでは、右に倒れていくとき
右腕小指側が痺れるような感じが、、してきた、、、
と、感じてたら、軽く攣りました(笑)。
ああ、もう笑ったわ。
ここでも身体の調子を感じられるだなんて!!

恐るべし食べ過ぎ。
消化器系器官のみなさま、ごめんなさい。

でね、すべてのポーズが終わり、
ヨガの屍のポーズも終えて、立ち上がったら。

胃の不快感がまったく無いの!!!

もうビックリしたのなんのって!
ものすごい感動したーーー!

しかもね、夕食を食べたのだけど、なんともなくて、
胃の調子も、まぁほぼいつもの調子に近い感じ。

すごいわ、経絡ストレッチ。
こんな威力があるだなんて。

わたしは体調が良いので、
経絡ストレッチをしててもビフォー・アフターの変化とかを
あまり感じていなかったのですが、
その実、体調はこんなに反映されるものなのかな、と
今回思いました。
じゃあ、心境も?!

ねえねえ、経絡ストレッチを受講したみなさん、
経絡ストレッチしてる?
せめて、任脈・督脈のポーズだけは、
毎日することをおすすめします。

スッキリするよ、ほんとに。
しばらく試してみて~~
違いが分かると思う。

そして、経絡ストレッチをまだ受講しておらず、
でも興味はある~という方へ。
谷田先生にコンタクトしてみてくださいね。
ブログはこちら
http://ameblo.jp/389navi/

経絡ストレッチセミナー中に先生のサポートで越えられる壁といい、
あの感覚といい、ほんと面白い。おすすめです!

ああ、経絡ストレッチ、ますますはまりそう。

あえて枠にはまって、そして、観察すること

2015.01.11 20:29|谷田先生講座
年末から年が明けて日々が経ち。
やっと落ち着いた感、、、というか、
頭の中にあることが出てきて
やっとスペースが空いてきたような感じがしています。

なんかね、年末から凄かったの。
私の内面の棚卸し総決算、みたいな感じだった。

いろんなものがおろされ、入れ替わり、整理されているような。
次から次へと、ものすごい数の気づき。
回転が速くて、気づいた瞬間「はい、次、行きまーす」ってな具合で、
気づいた瞬間から手放して、次に進む、という具合。覚えてられないのよ。。。

そんなお年始なある日。
なんかモヤモヤしててね、
「なんだろう、自己肯定感が低いのか?」とか思ったんだけど
それも完全にはスッキリせず。
なんだろう、なんだろう、、、と探ってたら、
ふと、「枠にはめてみよう!」と思い立った。

普段、「枠は外しましょう」とか「ルールは外しましょう」
「自由になりましょう」とか「創造は果てしなく」とか聞くけど、
あえて枠にはめてみたのね。

『私は、ここまでしかできません』 と自分を枠にはめてみた。

そしたらね、しばらくしたらスッキリしたの。
それで、ああ、そうか!と思った。
わたし、自分のことを過信してたんだ、と。

・まだまだできる
・もっとできるはず
など、自己過信的な思いがありました。

これしんどいんだよねぇ。
わたし、過去の行動に関しては、その時その時に
自分が出来る限りのことをしてきたと分かっているので、
『もっとできたはず』的な過去に対しての思い・後悔とかは無いのだけど
先の未来的なことに関しては、「もっとできるだろう」とか
自分を追い込んじゃってたよ。

いやー、うぬぼれもいいとこだな、と。
ほんとに『まだまだできるのか、わたし?』と自問しちゃったよ。

************************************
でね、『枠にはめる』ということでね。
谷田先生の陰陽五行講座のことを思い出したの。

わたし、人生がラクになったって書いたでしょ?
あれね、枠にはめたからだって気がついた。

人は五行のすべての要素を持ち合わせているけど、
ときに、あるひとつの要素が突出してることがあるのね。
私の場合は、『金』の要素だった。

そこで、「わたしは『金』の要素が強いから」と
『金の要素という枠』に自分をはめたのね。

だから、次のような

・湿気が大大大の苦手で、日本の夏は苦しい
・湿気が苦手なので、日本人なのに温泉が苦手
・頑固な気がある
・うっかり裁く気が出てしまうと、大岡越前な勢いになってしまう
・老けてみられる(冷静沈着なせいか?)
・痩せてきて、筋肉質っぽくなってきてる

・・・と、こんな、どうでもいいけど、
なんか気になってたことが気にならなくなった。
しょうがないかーって。金なのだから、と。

最近、特にちょっと気になりだしてたのが痩せてきてること。
体調はすっごい良いし、生理もちゃんと定期的にあるし、で、
脂肪が落ちてるだけなので、まったく心配してないんだけどね。
ただ、鍛えていないのに、筋肉質になりつつあるんですよ。
どうやらこれは金っぽいらしい。

しかもね、金の要素として、
・天食 (自然界のエネルギー)
・人食 (人と関わることで得ているエネルギー)
・地食 (物質化した食べ物)
をあげると、天食(自然界のエネルギー)を
取り入れやすいんだって。

これを教わったとき、すっごいラクになった。
胸のつかえが取れ「ああ、そうなのか!」って。

わたしね、うちから最寄り駅までお気に入りの場所があって、
そこは、通りに面した植え込みなんだけど、大きな木が何本かと、
その根元には綺麗な凛とした花が咲いててね、
細長い緑の葉っぱも、わさわさ植えられてるの。

そこが大好きでね。
そして、そこに隣接して、小さな小さな公園もある。
大きな木が何本かあって、落葉樹と常緑樹が植えられてて
秋には落葉樹がそれはとても美しい色を見せてくれてね。
今は冬だけど、常緑樹もあるし大好きなの。

駅までの道のりで、そんなお気に入りの場所を通り、
大きな木や凛とした花を見て、繋がっては、幸せ~になって、
エネルギーをもらってたのは、薄々感じてた。

で、それが、『天食』だったとはねぇ。
なんかね、これを知れて、ほんと救われた。

筋肉質になってきてることで、
元から強かった自分の中の男性性が強くなってるんじゃないか、、、とか
ほんとは気になってたのに、考えないようにしてたみたい。

去年からの私のテーマのひとつが女性性でね、
マインドは元から男性思考だとは分かってたので、
なんとか内面も外面も女性性アップ、、、とかしてきてたんだけど。

もういいか、と、手放せた。

だって、わたし、金だもの。
筋肉質でもしょうがない。
柔らかい女子でなくてもいいかーって。

そして、ここで、気がついた。

わたしは、わたしの理想女性像(柔らかい)を描き、
そこに自分を持っていこうとしてたのね。

それだと、自分じゃないのね。
『自分の理想』に当てはめただけ。

頑張ったけど、
自分の本質じゃないから無理だったんだ、と気がついた。
じゃあ、どうなんだ、と、言うと。

自分が持ってる素質から、自分が思う女性性を表現するということ。
これが女性性アップのために自分がすることなんだなぁ、と。

理想像を追いかけるのではなく、
足りないと思っているとこを補うのではなく、
自分が持っていることの中から、表現していくこと。

これにやっと気がつきました。

************************************

わたし、今まではどちらかというと、
枠が無いことが好きで、外してきてたんだけど、
今回、あえて『枠にはまってみる』ということで、
落ち着くこともある、と気づかせてもらえました。

大切なのは、
枠にはまって、そして、観察すること、なのかなぁと。

枠にはまって窮屈だったり、居心地が悪かったら、合ってないから外す。
枠にはまって居心地が良いのなら、そのままでも良いんじゃない、と。

最終的には、枠にはまってもOK、はまってなくてもOK、
そんな状態にたどりつけたらいいなーと思う。

だってね、
ほんとに自分の中で解決していることなら、
たとえ枠にはめたとしても、外したとしても、
痛くも痒くもなく、ただ「・・・ふーん、、、」と、
どっちでもOKになると思うから。

自分の中で解決していないから、気になるものだから、
枠にはめたり、外したり、はまってなかったりして、
なにかと反応するのだと思う。

枠にはめて、観察して。
枠をはずして、観察して。

そして、いつの日か、枠があってもなくてもOKになりますように☆

人生がラクになった陰陽五行セミナー:応用編

2015.01.09 18:49|谷田先生講座
ちらりと話した後、延ばし延ばーしになっていた
谷田先生の陰陽五行セミナー:応用編のお話です。

すでに基礎編で、宇宙的深さがあったと思ったのに、
さらにそこからぐぐぐーーーっと深く入り、
自分で応用が利くように、
ちゃんと自分で使えるようにと
セミナー内容は展開されていました。

私ね、五行は自己流にしか勉強したことがなく、
しかも東洋医学に至っては、まったくの素人なのだけど、
谷田先生の説明は、聞いてて、ほんと分かりやすい。
難しそうなことを誰にでも分かるようにお話ししてくださるの。

受講生の私が言うのも変だけど、
先生は陰陽五行の世界を
本当にしっかりと掴んでいらっしゃるのだなぁ、と。
安定を感じるし、ブレがないもの。
だから、セミナー受けてても安心感があるし、すごい気持ち良い。

実際のケースをあげて、いろんな角度から見ての考察とか
セラピストだったらヨダレが出そうな内容でした。

応用編を受けるにあたって、
基礎編での内容を家で復習していたら
「なぜ金の要素で五主が『皮毛』なのか」が
どーうーしーてーも理解できなくてね。
考えても考えても分からず、最終的には
「えっと、、毛はケラチンやん?じゃあ髪とか爪はどうなのよ??」
と、いったい何考えてるのか分からない状態に。。。

そしたら、上手い具合に応用編のセミナー中に
五主の話が出てきてね、先生が説明してくださったのだけど!
聞いてたら私の中では解釈がどんどん進んで、
「うわ、私、一部を見て全体を見てなかった!!」と気がついた。

なんかね、あの瞬間に、突然いろんなことがリンクした。

そのうちのひとつが、
私の中のどこかで「身体からのアプローチは身体にしか効かない」
みたいな思い込みがあったことに気づかせてもらえたのね。
物理・生理・心理ですべては繋がっていて、切り離せないもの。
ということは、身体(物理)からのアプローチであったとしても、
心理には効くんだ、と。

いやー、私、勘違いしてたなーーと、すっごいスッキリした瞬間でした。
ものすごい気付きをさせてもらえた。

・・・で、こんな諸々の気付きを得て、
いろんな勘違いがスコーンと抜けたものだから、
肝心な「なぜ金の要素で五主が『皮毛』なのか」をすっかり忘れて、
後でまた先生に教えてもらったという、、、(ほんとすいません)

陰陽五行の講座でこんな気付きまで得られるとはねぇぇ。
ビックリしちゃったよ。

あとね、すっごい面白かったのが、
先生もブログにあげてくださってる
「ラベンダーの精油と五行の属性の金」のお話。
http://ameblo.jp/389navi/entry-11970911930.html

これね、文字で読むだけじゃなくて、
実際にセミナーで聞いて欲しい!!
すごかったよ。先生が最終的に説明してくださる前に
受講生に質問されるんだけど、これもよくてね、
自分でも考えるけど、たどりつけない。
で、話を聞いて、腑に落ちた瞬間といったら!!!
私、思わず拍手してたよ。
「BROVO!」・・・とは、口から出る瞬間に止められたけど、
危うく言いそうになったくらい、すごい感動した。

あ、そうそう。
天照大神のお話を五行にはめた考察も
目からウロコで、納得しながらすごいなーーと。

何がどう、と、お話ししたいとこなのだけど、
ここで書いちゃうと、セミナー行ったときの楽しみがほんと減っちゃうので
ごめんね、あえて書きません。

なので、興味をかき立てられたあなた!
陰陽五行セミナーに参加して、たっぷりと楽しまれてくださいませ☆

**********************************

それでですね、最後になったのですが。
この記事のタイトルにもつけた言葉:
『人生がラクになった陰陽五経セミナー』。

これは、基礎編:応用編の両方を受講して感じたのだけど、
ほんと、谷田先生の陰陽五行を学んだことにより、
私の人生ラクになった感じがする。

人は、五行のすべての要素を持ち合わせていて、
ときどき(?)その中のひとつの要素が突出している場合があるのだけど、
私は金の要素が、他の要素に比べると多いのね。

そうすると、正義感とか、冷静とか、決心が揺らがない、だとかが
心理的にはあるんだって。で、私もまさしくそうなの。

「決心が揺らがない」だなんて、聞こえが良さそうだけど、
度が過ぎると「頑固」なんだよね。

そう、私、むかーしすっごい頑固だった。
今でもまだちょっと残ってる、、、かもしれない。
かなり減ったんだけど、こだわるとこはこだわる癖がまだあるから。

頑固だと辛いんだなー。
しかも、そこにプライドが入ってくると、
ますます自分から折れづらくなってしまう。
分かってるのに中々止められない・外せないもどかしさ。

当時は「なんでや、、、」とか「またかよ、、、」と
落ち込んだりしてたんだけど
陰陽五行のことを知ってたら、
『私は金の要素が強いから、ま、しょうがないか』と
ラクになれてたんじゃないかなーと。

実際、今は知れて、ラクだから。

ということで。

陰陽五行を知ることは、私にとっては、
セラピストとして役に立つことも多いけど、
実際に生活をする上で、物の見方も変わるし
(易の三義とか、陰陽で見る5つの法則とか)
人生ラクになるし、対人関係もラクになる感じです。

陰陽五行を受講する動機として、変かと思っちゃうかも、だけど、
私は生き辛い方にもおすすめしたいかなぁと。

人生においての物の見方が変わると思うよ。

さて。こんな谷田先生の陰陽五行セミナーが気になりつつあるあなた。
1月31日に荻窪で基礎編がありますよ。

チェックしてみてくださいね。

すべての人がご自身の人生において納得されていますように☆
プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますこと、
再会できることを楽しみにしています〜!
(*セッションのご予約はこちら
ご参照ください。

*Facebookしています。
アカウントはこちらで、
お友達申請ウエルカムです〜。

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

お会いできることを楽しみにしてます。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ