セッションのご案内

20160418.jpeg

みなさま、やっほー
日本(大阪)行きます〜。

IH(インテグレート・ヒーリング)キネシオロジーを
ベースにしたセッションをします。
アキュトニクス社の音叉を使った
「フィボナッチ・ヒーリング」も組み合わせています。
(*あなたの身体/筋反射がOKを出すと
  フィボナッチはさせていただいてます)

普段は、大阪市内のレンタルサロンを借りて
セッションをしているのですが、
出張も承ってますので下記をご参考ください。
なお、出張はカレンダーに打ち消しの線(こんなの)
入っていても対応できる日がありますので、
お手数ですがお問い合わせください。よろしくお願いします。

あなたとお会いできますことを楽しみにしています〜♪

あ、そうそう。
セッションに関して小さなお願いがあります。
香水はつけないで、来てくださいませ☆

精油みたいな完全に自然成分だと大丈夫なのですが、
「香水」だと、わたしの嗅覚には刺激が強すぎるのです。
セッションでは感覚をフル回転させているわたしにとって
負担になってしまいます。ごめんね。
なので、セッションへいらしてくださる時には
香水はつけないで来てくださると
とても助かります。ありがとう♡

ではでは、セッションのご案内です。

= = = = = = = = = 

《セッションをご希望くださっている方へ》
セッションはレンタルサロンを借りてしております。
なのでサロンへ空きの確認する必要がありますので
下記をご参考に、ご希望の日を第三希望までお書きの上、
tomoko.it.IH@gmail.com
までメールをお送りくださいませ。
初めて頂戴したメールは24時間以内には返事をしております。
なので、わたしからの返信がなかった場合、
なんらかの理由であなたのメールが届いていない可能性があります。
お手数ですが、再度、左側のメールフォームか、ここのコメント欄に非表示で
あなたのお名前とメールアドレスをお送りくださいませ。


《セッションに関して》
セッションに要する時間は、3時間ほど。
ときには、3時間半以上、4時間かかるときもあります。
なので、お時間には余裕を持ってご予約くださいませ。

セッションの場所は、
大阪府、大阪市科学館のすぐ近くにあるレンタルサロンです。

出張セッションもしております。
もし、マッサージテーブルをお持ちの方で
お部屋をお借りできるのなら、私がそちらへ出向くこともできます。
大阪市内や近郊であれば、交通費込みでセッションさせていただきます。
ただ、利用交通機関の数や種類(タクシー)など、
場合によっては交通費の一部ご負担をいただく場合もありますので
ご了承ください(お問い合わせください)。
なお、遠方への出張セッションもしておりますので
こちらもお問い合わせくださいね。

セッション料金は、20.000円。
セッションレポート付きです。

*もし、ご予約後にキャンセル、もしくは変更したい場合について*
サロンを借りている都合上、レンタル規約があり
サロンに一度予約した日は変更できないのです。
なので、一度ご予約くださった後にキャンセルとなりますと
「サロン代:2000円」を頂戴することとなります。
そして、変更の場合も、上記同じ理由で
セッション料金にプラスして頂戴することをご了承くださいませ。

ではでは、ご案内カレンダーです。

************************ 

・10月15日(日)9時からのみ
・10月16日(月)
・10月17日(火)
・10月18日(水)
・10月19日(木)
・10月20日(金)〜22日(日)
・10月23日(月)
・10月24日(火)
・10月25日(水)
・10月26日(木)
・10月27日(金)
・10月28日(土)
・10月29日(日)9時からのみ
・10月30日(月)
・10月31日(火)


あなたのご希望の日を第三くらいまで書いて私へメールをお送りください☆
その後、レンタルルームに空き状況を確認いたします。
セッション開始のお時間は、カレンダーに時間が書かれていない場合、
9時から13時までの間で、ご都合の良いお時間をお選びください。
************************

以上です。

ご質問・お問い合わせなどお気軽に
左側のメールフォームか
tomoko.it.IH@gmail.com
までお送りください。

あなたにお会いできることを楽しみにしています~♪


優しくなりたい、と思う訳

20170329.jpeg

3月もそろそろ終わり。
今日は、友人がハワイのクラスへと出発しました。
わたしも来週出発!
ということで、セッションもそろそろ終わりを迎えています。

沢山の方にお会い出来て嬉しかったな〜
ありがとうございます。
今日は、掲載の許可も頂戴したので、
頂いたご感想を紹介させてくださいね。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー

セッションありがとうございました。
セッションが終わって、こんなに心がすっきりして、
落ち着いていられるのに驚いています。
今回のセッションに行く前は、時々、
肩を上げ下げして体をほぐすと心が軽くなるので、していたのですが、
そんなことをしなくても、こころがすっきりしている・・・すごいです。
セッションがはじまって、眠たかったのですが、音叉をしていただいて、
それが終わったら、体にずしっと重みがかかり、頭がすっきりしてすこし驚きました。

私は今まで、自分が本当は嫌なことを、
嫌なことだと全く気が付いていなかった。
これをすることが正しいと思ってしていた。
自分の気持ちより、世間一般ではこれが正しいとかを
優先させて行動していたんだと気が付きました。
仕事では、こうすることが皆のためだと思って行動している・・
ちょっと押しつけがましい人でした。
仕事がいっぱいになってくると、キレたりして・・・
まわりも突然怒ったりしたら迷惑ですよね。
もっと仕事を周りの人に頼んで、助けてもらったらいいんだと思いました。

周りの人にやさしくできないこと(産休明けの人が1時間早く帰るのがいいなとか)、
こんな気持ちを持つのはひどい人だと思っていました。
でも、今まで自分の感情を無視して、見ないようにしてきたことが
こういう形で教えてくれていると言われて、
すごくほっとして、すっきりしました。
自分の気持ち、感情などこわがって見ていなかったというのに・・・
納得、これからは自分の感情と向き合っていきたいと思いました。

セッションが終わって家に帰り、「ちびまるこ」をテレビで見ていたら・・・
まるこのお母さんが刺繍が上手で友達とおそろいの給食袋をつくってくれることになり、
お母さんは夜遅くまでかかって給食袋に刺繍をしてつくってくれました。
次の日できた給食袋を友人に渡したら、
1人の子が自分のよりまるこのほうがかわいいので変えてくれとわがままをいいだし、
まること喧嘩をする。
最後は誤って仲直りするという話ですが・・
これを見ながら、涙があふれてきました。
ああ、わがままってそういうことだったなあ・・
この友人も自分の気持ちに正直にまるこのがほしいと言う。
私はわがままもわからなくなっていたな・・・
こういう気持ちは随分前から封じ込めてきたんだなあ・・・
私なら人のものをほしいと言ったら相手が困るとか、考えるなあ、
私がまるこなら喧嘩したくないから給食袋を嫌だけど交換してあげただろうな・・・あれ
嫌だけどする・・・嫌だけどする・・・
私の今までの人生は、こればかりしてきたとはっきりわかりました。
これからはこの嫌だけどする・・・をもうやめにしよう・・・と思いました。
うーんまだまだ、時間がかかりそうですが・・・

またまた、だらだらと書いてしまいました。
書くとまた新たな気づきもあり・・・

ともこさん、本当にありがとうございました。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー


「人に優しくなりたいんです」と話してくださってました。

人に優しくしたい、優しくありたい、と思うのは、
いろんな要因があるのですが、
多くの場合は「自分に優しくして」という心の声です。

ご感想に書いてくださったのですが
「産休明けの人が1時間早く帰るのはいいな、という
 気持ちを持つのはひどい人だと思ってた」と。

そうやって、そんな気持ちを持った自分を
ひどい人と責めちゃってるんですね。

あのね、そんな気持ちを持った自分をジャッジするのでなく、
なぜ自分は「そんな気持ちが湧いたのか」を見るのが大切なのね。

で、なぜ自分は「そんな気持ちが湧いたのか」?

それはね、この方の場合は、
自分で自分に同じことをすることを許可していないから、が
大きな要因のひとつとしてありました。

そんなことしちゃダメ!と思い込んでる。

「本当は、自分も早く帰っていいのに(帰れる機会があったのに)、ダメだと思ってる」
「本当は、自分もそんな特別扱いをして欲しいのに、ダメだと思ってる」
「本当は、自分もみんなに気遣ってもらいたいのに、ダメだと思ってる」

だから、
帰っていいのに帰らないし、
特別扱いしてもらっても受け取らなかったり、
気遣ってもらっても拒否したり。

じゃあ、なぜダメだと思い込んでるのか。

これもいろんな要因があり、

周りの目が気になる、周りを気遣ってしまう、
人を信じられない、人を頼れない、甘えられない、
集団意識、和を乱すことへの恐れ、
自己価値の低さ、完璧主義、責任感の強さ、正義感の強さ

などがありますが、肝心なところで、
自分が何を感じているのかが分からない、というのがあります。
「本当は特別扱いしてもらいたいのに、認めるのが怖くて、見ないふりをする」
とかね。そうして欲しいことに気づいていない。

こうなると、自分が何をしたいのか、どうしたいのかが分からなくなってくる。

分からないものだから、正しいかどうか、で行動しようとするんですね。
「世間一般」を、ものさしにして。

世間一般では、こうするべきだから。
世間一般では、こうあるべきと言われてるから。
みんなが、そうしてるから。

でもね、そんな行動の「ものさし」は
「世間一般」であり、
「自分」とは合わないことが多いんですよ。

だから、自分と向き合う。
自分の気持ちを見るのね。

うん、最初は、小っ恥ずかしいかもしれない(笑)
だって、今まで見たくないから、見てこなかったんだもの。

「うわ、私、こんなん思ってたんや!」
「え?甘えたいって思ってた?!この私が??」

なぁんて、にわか信じられなかったり。
でも、それも、自分ですよーー
とっとと認めた方がラクよ〜

で、そこから行動するんですね。


ー ー ー ー ー ー ー ー ー

「優しくなりたい」。

そう思う人は、もうすでに優しい人です。
でもね「他人に対して」だけだったのかも。

自分を抑圧し、
他人を思いやって行動し、
自分がおざなり。

あのね、これだと方向が逆を向いてるのね。
まずは自分を思いやる。
自分に優しくする。

すると、

自分が満たされて、
無意識のうちに、人にも優しくなってるんですね。

なので、まずは、自分に優しくある。

いつもお話させてもらっているのですが、
わがままって、究極な自分の思いが詰まってると思うんですね。

なので、自分のわがままを見逃さない。
そこに沢山のヒントも隠れてますから。

シェアしてくださった「ちびまるこ」ちゃんの
エピソードはいいなぁと。

気づきのヒントは、あちこちにあるので
どうぞそこからも自分を見ていってくださいね。

あーだこーだと正当化しようとせずに
そのまんま、ただ、自分を見てみてね。

自分に正直に☆

「セッション後に体調が悪くなりました。今までのパターン通りにいかなくなりました。」

20170301.jpeg

わたしのセッションはIH(インテグレート・ヒーリング)がベースで
その他にいろいろ組み合わせています。
最近よく出てくるのが、
アキュトニクス社の音叉を使った
フィボナッチ・ヒーリングです。
毎回フィボナッチをしている、というわけではないのですが
(筋肉反射であなたの身体がすると言わないとわたしはしないので)
でも、ほぼしています(身体が選んでいます)

でね。

「ヒーリング・クライシス」という言葉があるのですが、
これは、いわゆる「好転反応」のことです。
「デトックス」とも言われたりするのだけど、
ヒーリング後に体調が悪くなったり
感情の揺れが出たりするのね。

人によって、もしくは、その時のセッション内容によって
好転反応が出ない時もあるのですが、
出ることもあり、その程度も
軽いものからヘビーな物もあったりします。

わたしはセッション中の調整で
出来るだけ好転反応も出ないようにと調整もしているのですが
いかんせん沢山のことを扱っているので
いろんな方面からの変容があること
今まで抑圧していたことが出てくることと
そして、フィボナッチがね、、、パワフルなんですよ。

今回は、セッション後に
「体調が悪くなりました。
 今までのパターン通りにいかなくなりました」
とお話を頂戴したので
それについて質問し、お答えくださった感想を
掲載許可も頂戴したので、ご紹介させてくださいね。

ー ー ー ー ー ー ー ー

私の体験、感覚です。
もしよかったらご参考にしてください。


>どんな感じで調子が悪くなったのかお聞かせいただけますか。
>今までのパターン通りにいかないとは?


とにかく、まー、体の調子が悪くなりました。
身体が重いというか、気分がすぐれないというか。
とにかくだるい感じでした。

で、今までのパターンが通用しない。というのは、
私は今まで何かあっても

『大丈夫、大丈夫、私は大丈夫!!』

で乗り切ってきたところがありました。
それこそ呪文のように唱えて。

その呪文がもう通用しなくなってしまって・・。

人の私に対する言動などにガマンできなくなって、
腹が立ってしょうがなく。

全然『大丈夫』じゃなくなってしまったのです・・。

周りに怒り散らしていました。
実際に怒鳴ったり。
で、疲れ果てたり。

なんていうか、むきたまごみたいになってしまったのです。
あらゆる感情がビシバシ直接流れ込んでくるというか。

今思えば、脱皮直後な感じだったのかな?って感じです。
今まで、固い殻に覆われてマヒして、
感じなくなってたものが、敏感に感じるようになって、
ほんまにしんどくなりました。
人込みに出かけたらヤバイなぁ。って感じです。

だって、殻がなくて中身そのままむき出しって感じでしたもん。

傷つきやすくなってしまったようにも感じました。
これは日常生活に支障をきたすなぁ。と思ったくらいでした。
人に会えないなあー。って感じでした。
なんで会えない。と思ったのか不思議ですけど。
なんでだろ?
汚される気がしたのかもしれません。

今となったら、どんな感じだったのか
よくわかならい感じになってしまったのですけど。

今まで、たぶん無意識に押し込めすぎてたんですねー。
えへへ。
ビックリです。

本当にありがとうございました!

ー ー ー ー ー ー ー ー


この後、また質問させていただいて
今回、彼女が落ち着いたのは
一週間〜十日後ぐらいだったと聞きました。

その間に、身体からのアプローチが必要と感じられて
整体へ行かれたそうです。
これはよかったなぁと。

好転反応をデトックス中として
おうちでゆったりと過ごす、という方法もありますが
ピンとくることがあれば、それをするのもいいと思います。

抑圧していたことが大きければ大きいほど
そこが解放されたら、その後の反応も
大きいことがあります。

今回、感想をよせてくださった彼女は
とにかく楽観的でした。
達観しがちでもあり、我慢強く、
頑張りやさんで、自分のストレスにも気が付かないほどで、
気が付かないで無理をしていたという、、、

楽観的って、よさそうな感じがあるのですが、
でも、楽観すぎると自分の弱さを見なくなったりするんですね。

「これくらい大丈夫」と自分を言い聞かせたり
「なんてことないじゃん!」とはっぱをかけたりして
自分に無理をさせてしまう。

そしてそこに、頑張りやさんの要素が入っちゃうと

どんどん頑張っちゃって
どんどん気がつかない無理をして
どんどん疲れてる(不調な)のに気がつかず
どんどん呪文:大丈夫、私は大丈夫!を使って、
また最初の「どんどん頑張っちゃって」に戻って…

…と、ぐるぐる回っちゃう。
そうなると、感覚が麻痺してくるんですね。

身体は疲れてるのに、
感覚が鈍っちゃってよく分からない。
もっと頑張れちゃったりするし、
自分が分からなくなったりもする。

なので、彼女がお話しくださった

「今までのパターン通りにいかなくなりました」
「呪文がもう通用しなくなってしまって…」

を聞いて、ほんっと嬉しかったです。
ああ、やっと自分に呪文をかけるのをやめてくれたんだって。

そもそも「呪文をかける」ということは、
「呪文をかけないとできない」のであり、
それは、
「素の自分ではできない」ということなんですね。

そう、「呪文をかけて」自分に無理をかけてるんですよ。

無理をさせ続け、傾きすぎていたことを調整すると
その直後は繊細になったりもします。
感じないでおこう、見ないでおこう、としていたことを
やっと感じられるように、見られるようになったので
敏感・繊細になってるんですね。
で、ここで「好転反応」と呼ばれる反応が出てきたりするのです。

でもいろんなことが統合されていくと、それもおさまってきます。

わたしもヒーリングセッションを受けた後、
好転反応が出たことは何度もあり
どーーんときたこともあります。
体調的には、発熱したり、風邪みたいな症状が出たり
突然生理が始まったり。
感情的には、敏感になって繊細すぎになったり。

でもそれらも、出るだけ出たら
身体は前よりも軽く感じ、
感情的にも以前より安定していて
毎回スッキリしています。

でね、一時、この好転反応に関して
いろいろ考えて、研究してたんですよ(今でもしてますが!)。

「この好転反応をすっ飛ばして、
 新しいステージにいきなり入れないのか。
 感情の揺れや体調不良起こすことなく
 ポーンと次へ進めないのか」ってね。

で、まだ研究途中なのですが
セッションを重ねていくうちに見えてきたのが
心の動きって筋肉と似ているところがあるなぁと。

心の動き方ってね「そういう方向」に動いたことがないと
動き方が分からなくて。
なので、まずは動かしてみないといけない。
で、動かしたことがないから繊細・敏感でね。
だから、自分の新しい感情の動き方をし始めると
今まで使ってこなかったので、
筋肉痛(好転反応)が出ることがある。

でも、ちゃんと使っていくと、筋力(動き方)もついてきて
しっかりしていく…と。

やっぱり自分で自分の心を動かして
新しい感情の動き方を習得しないと、
動き方を知ることができないことがあるんだなぁと
今のわたしは感じています。
(すべてが必ずしもこうとは限らないのですが)

特にね、めちゃ傾いてた場合。
究極に一方に傾いていたら、反対側のことを知らないんですね。
なので、
例えば、右に究極に偏っていたら、
今度は、バランスをとるために
究極に左へ行く傾向があると感じています。
それでやっと自分の中で混じってきて統合され、
ようやくバランスがとれる、という。。。

で、バランスをとるために、
究極に左へ行ってみることが必要なんだけど、
行ったことがなかったものだから、
いろいろ大変なんですね。
いろんな反応が出てくる。
これが、好転反応でもあるかな、と。
だから、ある意味、好転反応はしょうがないとこがあるかなぁと。
それすらも過程のひとつですから。

IHは素晴らしいヒーリングのひとつですが、
人間という生き物、アナログっぽく
ひとつひとつ感じていくことが必要な場面もあるなと感じ、
人間であることが愛おしいというかなんというか。

今日は、セッション後の好転反応について
率直な感想をいただいたので、
なぜ出てしまうのか、ということも合わせて
お話しさせていただきました。

毎回のセッション後に必ず好転反応が
出るわけではないのですが、
自分に無理をさせ続けてきた場合は
感情的な揺れや体調不良が一時的に出る方も
おられます。が、一時的です。
どうぞゆったりお過ごしくださいね。

いろんなことがあったとしても大丈夫。
絶対に大丈夫なのですから。
 
 

ヒーリングを受けたら「性格が悪くなった」あなたへ

20170208.png
わたしのセッションに来てくださる方は
他のヒーリング・セッションを受けられた方も多く
そこで疑問を受けたことを
お話くださることも多いです。

今日ご紹介したいのは、他でセッションを受けた後に
性格が悪くなったと感じる…とおっしゃってくださった方。
そのお姿はあまりにも可愛らしくて(愛を込めての意味です)
思わず笑ってしまったほどです〜。

セッションから一ヶ月後のお便りを頂戴しました。
掲載の許可も頂いたのでご紹介させてくださいね。

ー ー ー ー ー ー ー ー

性格の悪さについてモヤモヤしてた私ですが、
光?陽?だけじゃなく、闇、陰も含めて
全てひっくるめて持っていくことで現実が動く。
どちらかだけでなく両方大切なのだと。
陰陽ひっくるめて全てなのだと。
だから、感覚が麻痺してた私が
ようやく私の闇、陰に気づけたことは良かったと。

というようなことを仰ってくださったことが、
自然に、いつの間にか身体に吸収されています。
これが腑に落ちるということかーと最近じわじわ思っています。
(腑に落ちるというのは、何かスッコーンと衝撃に近いことだと思っていました💧)

そしてこの感覚が私を楽にしてくれます。

それから、最近、気分が下がり気味で、
私のこれからの人生の選択について、
気持ちを確認することが何度もありました。

その度に不安や焦りや色々な思いが出て来て、
この前まで希望に溢れてた私はどこへ?という状態でしたが、
毎回、やっぱりIHをやっていきたいと思いました。

仕事…と思うと不安になりますが、IHの素晴らしさを深く体感したい、と思うのです。

上手く書けませんが、ともこさんにすごくお礼を伝えたくてメールさせていただきました。

ー ー ー ー ー ー ー ー



声を大にして言いたい!

「性格が悪くなったのは、素晴らしいのよ〜♪」

ほんっと、おめでとう♡♡
よかった〜。わたしはすごく嬉しいです。

…え?どういうことなんだ?って??

あのね、あなたにとって「性格が悪い」って何ですか?
どういうことですかね?

ちょっとスペース空けるので、よかったら考えてみてくださいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


さて。
性格が悪いって、どういうことだと思ったかな。

我がままを通すこと?
自分勝手にすること?
遠慮しないこと?
怒りっぽいこと?

いろいろあるんじゃないかなぁと思うんだけど、
大抵の場合、それらを突き詰めると
「周りに気を配らず自分が感じるまま思うままに振る舞うこと」が
性格が悪い、とされるんじゃないかなぁ、と。

なので「性格が悪くなった」と感じるのなら
「自分の中で抑えつけていたことが出てきた」
「自分に正直な反応が出てる」
ということなので、ああよかった〜と思うのです。

特に、今まで「いい人」でいた人は、ね。
やっと、出せなかった・出てこなかったことが
出てくるようになったねぇと思って
おめでとう!と祝福を感じます。

感想を送ってくださった方も「いい人」でした。
でもその「いい人」は、自分を抑圧した上で成り立っていたんですね。
人への思いやりが強すぎて、常に自分は後回し。
和が大切で、我がままを言えてなかった。

…となると、抑えている自分は、抑えつけられたまま残っちゃうんですね。

あのね、

置き去りにした自分は放りっぱなしにはできません。
いつかは迎えにいって、一緒に連れていかないといけないのね。

なので、ヒーリングやセッションを受けると、
その「置き去りにした自分」、例えば

「怒りっぽい自分」
「不満をぶーぶー言う自分」
「嫉妬深くメラメラする自分」
「ジメジメ暗ーい自分」
「もうダメだと落ち込む自分」

なんかが出てきちゃうわけです。

ええ、出てきていいんですよ。
というか、出てきて当たり前なんですね。
だってその一面も自分なんだもの。

「自分」という人間は沢山の面で出来ていて、
すべての面があるからこそ「自分」なんですね。

なのに

「ええーー、△□の面は嫌やーー」と
面の選り好みをして、受け入れないということは
その面を否定していることであり、
「自分を丸ごと受け入れていない(自己否定)」となるのです。
その面があるからこそ「自分」が出来上がるのに。

で、その実、

「自分が嫌だと感じる面」にこそ、
「本当の(今まで気がついていなかった)自分」が隠れてますから。

だからこそ、余計に、そんな嫌な面を受け入れる。

思うんだけどね、
「光」だけじゃあ疲れるなぁと。
例えて言うとね、一日中24時間太陽が出ずっぱなしで
これが365日続いていると想像すると、、、
なんかしんどくないですか?フル回転な感じがあります。
「闇」があるからこそ、休息しエネルギーを蓄えることができるんですね。
ということで、闇の自分を感じることができるから、
自分を休めてまた見つめることができるとわたしは感じています。

でね、

不安や焦りや色々な思いが出てくる、というのは
いいことだと思う。
自分の奥に残ってる「しこり(塊)」みたいなのが
溶け始めて、浮かび上がってきてる…とわたしは感じています。
で、そこ(闇の中)にある光を見出すのね。絶対にあるから。
そしてそれは宝だから。

なので、不安とかはある意味「超汚い宝箱」かなぁと思う。
開けてもドロドロしてるし、手突っ込んで物色するのも
なんか嫌だけど、でも宝を見つけられたらその輝きといったら!!
ああ、そっか、自分が置き去りにしてきたものだ…と気づく。

だからね、
不安になる、ということは自分と向き合ってるということで、
置き去りにして忘れてきた宝を取り戻してるところだ!と
覚えているのがカギかなぁと。
不安になりつつも「ラッキー♪また宝物見つけられる」と楽しんだり
「おいおい、また私不安になってる〜あはは〜〜」と笑い飛ばすのも
面白いかなと思ってます。
…どんな遊びや!って感じですが(ははは)

人間は常に揺れ動く生き物で、いつも一定しているわけじゃないです。
なので、浮き沈みがあって当たり前なんですね。
そのたびに自分を感じて、整っていく。

感想をくださった彼女はIHをしているとのことで、
色々な思いが出てきつつも、
毎回、やっぱりIHをやっていきたいと感じていらしてね、
こうやって自分の中が研ぎ澄まされていくのだと思います。

どんな思いが出ようとも、どんなことになろうとも
すべてはベストなことで、最高最善なんだ、とわたしは確信しています☆

さて、あなたはどうでしょうか。

揺れ動いてる?
我がまま言えてる?性格悪いかしら?!

え?わたし??
わたしも揺れ動くよ〜。
そして、我がままですから!
ボブにも「きみはワガママだね」と
しょっちゅう言われるほどの筋金入りです(ははは)
性格も悪いよ。
今回の日本滞在中の間だけで、ボブに何度か
「きみは自分のことしか考えてない」と言われたほどだから!

でもね、ボブは前より自分の好きなようにしてるし、
「きみはなんて素晴らしい夫がいるんだ!」と
自画自賛で嬉しそうにしてます。(わたしもそう思ってるんだけど)
しかもね、なぜか「ともこさん、親切ね」とか
「優しい」って言われることがあります。

…分かる?このカラクリ?!!
よかったら、考えてみてね。
今回はあえてわたしからは書きません〜(性格悪い?!)

どうぞあなたも、これからも性格悪く(!)
感じるままに、ワガママに振舞ってくださいませね。
サプライズが待ってるよ〜 
 
 

世の中に楽しいことは有る??無い??

20170118.jpeg

いつもセッションのご感想を頂戴し、嬉しいかぎりです。
ありがとうございます♡
セッション後の気づきを送ってくださったりもしてね、
ああそういうことに繋がったんだな、と嬉しいだけでなく
わたしにとっての勉強にもなったりして、とてもありがたいです。

本当はすべてをご紹介させていただきたいのだけど
わたしが文字を書くのに時間がかかるのと
まとまった時間をとれるのが限られているので、
わたしのタイミングとあった方のを
掲載許可をいただいて紹介させていただいてます。

今日ご紹介したいのは、
ちょっと長めかなと思ったのですが描写が分かりやすいので
そのまま掲載させていただきますね。ありがとう〜!

ー ー ー ー ー ー ー ー

ともこさんにセッションをしていただいた次の日、
朝からほんとに気持ちが軽くて、
何をしてもとても楽しかったんです‼️
歩くことも、食べることも、いろんなものを見て回ることも✨
そして驚きなのが、人との関わりが苦手な私が、
人と話すことも楽しかったんです。その日は一日中、
いろんな場所でいろんな人たちと話してました。
ランチの時、買い物をしてる時、更にはバスの待ち時間や移動中まで。
買い物をしたお店の店員さんには、
さっき話してた人は友達ではなかったのかとまで言われました。
元々、人見知りとはいえ、その日限りの関係であったり、
全く利害関係の無い人と話すのは、私にとってそれほど
ハードルの高いことではありませんでした。
以前友達に、人見知りが激しい割には、
お店の定員さんとかと話すのは平気なんだねと
指摘されたことがありました。
これって、人見知りというよりは、今回のテーマでもあった、
人の評価を気にすることと大きく関係しているんだろうなと、改めて思いました。
ただ、今回の旅行中の人との関わりは、
感覚的になんだか今までとは違っていました。
説明するのは難しいんですが、例えば、旅行中、
道を聞いたりするために、私の方から話しかけることもよくありました。
ただそれ以前に、今回は行く先々で、自然といろんな人に
よく話しかけられたんです。で、ずっと笑ってました。
こんなこと、今まではありませんでした。

とはいえ、一日目にかなり飛ばし過ぎたのでしょう。
散々動き回って夕方頃になると、少しずつパワーダウンしているのがわかりました。
案の定、ホテルに帰りついた頃には疲れはてていて、
次の日もその疲れを引きずることになりました。
そんな疲れた状態でむかえた二日目の観光ですが、
その日はどこに行っても恐ろしく人が多くて、
人ごみの中を歩いたり、長時間立ちっぱなしだったりと、
疲れた体に追い討ちをかけるようなことばかりが続きました。
そんなこんなで、体も気持ちも萎えてしまって、
旅行を楽しむどころか、イライラばかりしていました。
不思議ですね。こんな状態だと、一日目とうってかわって、
人と話す気にもならないし、人から話しかけられることすらありませんでした。

こんな感じで、2日間の京都旅行は、
全く対照的な時間を過ごすこととなりました。
一日目の私と二日目の私、何が違ったかといったら、
一日目の私は周りがどうあろうと関係なく、
私自身がその時その時を楽しんでいました。
そして気がつくと、そこに自然と誰かが関わってきて、
いつの間にか一緒に楽しんでいるといった感じでした。
それに対して二日目の私は、何かを楽しむ余裕も人を
受け入れる余裕もありませんでした。
こういうのって、口に出したりしなくても、
きっと伝わるものなんだな、人と人って、
お互いにエネルギーのようなものを
感じとっているんだなということを、今さらながら強く感じました。

そして今日、休み明け初の仕事となりましたが、
さすがに職場での人間関係は、旅行先よりハードルが高かったです😅
どうしても、ついつい気を使う癖は抜けないし、
ハートも思いっきりは開けませんでした💦
とはいえ、これまでと違うのは、自分がそういう行動をしてるな、
またやちゃってるな、ということに気付けるようになったことです。
無意識に張り巡らしていた無数のアンテナも、
今日は以前より本数が減らせてるような気がしました。
とりあえずは焦らずに、エネルギーの使い方を少しずつ
コントロール出来るようになれたらいいなと思っています。
そうすることで、心にも体にも気力を取り戻してあげれると思うので。

今回の大阪行きも、本当にたくさんの収穫がありました。
私自身、何をやっても楽しいと思えてなかったのは、
世の中に楽しいことが無いわけでも、
私に感じる心が無いからでもなくて、
エネルギーを全く別のことに使いきっていて、
心が疲労していたからなんだということが、とっても腑に落ちた感じです。
心に余裕があれば、日常の些細なことでも楽しめる自分がいることを、
今回の旅行で実感することが出来たので。
そして、改めて、自分に起こっている出来事は、往々にして、
自分自身がつくっているものなんだなということを、
改めて感じることが出来た3日間でもありました。

今回も大阪まで行って、本当に本当に良かったです😄
温かいセッションを、ありがとうございました💕
また、ともこさんにお会い出来る日を楽しみにしています。

ー ー ー ー ー ー ー ー


一日目と二日目の違い、分りやすいでしょう?!
ほんとにね、わたしたちは口に出していなくても
お互いに何かを発信し、感じ取ってるんですね。

で、自分が行動していく上で感じたりすることは
自分の中を写し出しててね、
キャサリンは「ミラー・イメージ」という呼び方をしてたのだけど、
自分の中が鏡に映し出されているような状態なんですね。

だから、自分の周り・環境が荒れていると感じたら
自分の中をみつめて整えたら、外(自分の周り・環境)も整う。

でね、大切なのが
「荒れている自分にバツをつけない」ということ。

どんな自分であっても『私ったらそうなのねぇ』と受け入れる。
そんな自分も私の一部なんだ、ってね。

感想でも書いてくださっていたのですが、

>自分がそういう行動をしてるな、
>またやちゃってるな、ということに気付けるようになったことです。


そうなの。まずは「気付いて受け入れる。」なのね。
ここで「うわ、またやってしもた、もう私あかんわ…」などと
あーだこーだと考えない。

まだ今までの癖が抜けない?
また同じことをしちゃった?

それでいいのよ〜
そうすることで、自分を守ったりもしてるからね。

なので、まずは

気がつく。
そんな自分を受け入れる。

それから

何かしたいのであればすればいいのですから。

でね、わたしはいつも
「人生、楽しいことは絶対ある」とお話させてもらってるのですが
あなたはどう思いますか?

楽しいことはあると思う?
楽しめていますか?

楽しめない要因はいくつかあるのですが
そのうちのひとつが、自分にエネルギーがなくなっていること、なんですね。

例えば、信念として

「ちゃんとしなければ」
「和を保たなければ」
「迷惑をかけてはいけない」
「目立ってはいけない」
「人の目が気になる」
「人の意見が気になる」

などを持ち合わせていると
一日中気が張った状態になってるんですね。
例えば「ちゃんとしなければ」と思い込んでると
本当はゆるゆるノロノロとやっていきたいのに
ちょっとでもそんなことをしようものならハッとして
自分に鞭を打ち「ちゃんとしろよ、自分!」と
奮い立たせたりしてね。

信じ込んでる自分の信念体系を守るように
気が張って、自分を見張って。
こんなことしてるものだから
ここでもんのすごくエネルギーを使うんですよ。
そしたら、疲れきっちゃって、
喜びや楽しさを感じるエネルギーが無くなってる。
そこまで回らないの。

自分の信念体系を守って、生き延びることで精一杯。

なので

もう要らない信念体系や
したくないことをやめる。

そして

したいことから、していく。
心が躍るようなことをする。

>私自身、何をやっても楽しいと思えてなかったのは、
>世の中に楽しいことが無いわけでも、
>私に感じる心が無いからでもなくて、
>エネルギーを全く別のことに使いきっていて、
>心が疲労していたからなんだということが、
>とっても腑に落ちた感じです。


ほんとそうなの。
みんな感じる心は持ってる。
ただ疲れ切ってて、心が動かなくなってたり
思い込みがあったりするだけなのね。

人生を楽しみたいですか?
楽しめていますか?

絶対に楽しいことはあるから、
諦めないで欲しいなぁと思います。

どうか自分を大切にしてね。
思いっきり可愛がってください。
余裕があると、いろんなことが見えてくるから。
彩りに気がつけて、ポップアップしてくる。

毎日、朝起きたら
「今日はどんな日だろう?!楽しくてしようがない〜〜!」
という日々を送っていますように☆

ヒロインに憧れて同じことをしたけど、でも、

20170117.jpeg

セッションの感想を頂戴しました。
掲載の許可もいただいたので
ご紹介させてくださいね。

ー ー ー ー ー ー ー ー

前回のセッションでもすっきりとしたのですが、
今回のセッションで「今にいない」
と言われてその通りだとおもいました。
また「洞察力を高める」と言われ、
洞察力とは考えたこともなかったなあと思いながら帰りました。

それから2日後の夜に、私の好きなことはなんだろうと考えていました。
何が好きだったかな・・小学生の時には絵をかくのが好きだったな。
(いや他の子よりちょっと上手にかけて先生に褒められるのがうれしかっただけかな)
物を作るのが好きだったなあ・・職人になりたかったなあ・・
などと考えていたのですが、

突然、中学時代を思いだしました。
(中学時代は私の中で楽しくない思い出です。)
中学生になって私は「エースをねらえ」(アニメ)の
岡ひろみにあこがれて、テニス部にはいりました。
しかしテニスは全く好きではありませんでした。
好きでもないことを無理して続けていたな。
本当は美術部か生物部に入りたかった。
そして、テニス部の友人と今でもたまに会うのですが、
この友人が「テニスが大好きだった」と話をしてくれたときに、
私はものすごい罪悪感を感じたことを思い出しました。
私は自分にウソをついていた。そして周りの人にも
迷惑をかけていたと気が付きました。

そうすると、不安な気持ち、
すべてを失うような恐怖感が襲ってきました。
この時ともこさんがセッションで
「インナーチャイルドを癒すことをおそれません」と
言ってくれたことを思い出しました。
すると、不安な気持ちはなくなり、ともこさんへの感謝、
テニス部の友人に感謝、今まで出会ってきた人たちに感謝、
両親に感謝の気持ちがわいてきました。
ああ、私はみんなに助けてもらっているなあ・・

そして私はいつも同じことを繰り返していたなあ・・
(うまくいかないことは人のせいにして)
好きでもないことをイヤイヤやっていたな。
自分にウソをついて、自分を大切にしていないからなのかと気が付きました・・
ああ長かった、でも気づけてよかった。
これからはすきなことをやっていこうと思います。

この日は涙と興奮でなかなか眠れませんでした。
しかしそのあと、ウミガメが脱皮して
大きな甲羅の皮を脱いで海に帰っていく夢をみました。
私も脱皮できたのかなあと思います。

ー ー ー ー ー ー ー ー


「今にいない」というのは、
自分の「意識が《今》に無い」ということを言っていました。

別な言い方をすると、
いつも何かの心配をしていたり、不安を感じていたり、
こうすれば良かった、と考えてたり。

心配をする、不安を感じるというのは
まだ起こってもいないことをあれこれ考えている状態なんですね。
「こうなったらどうしよう」とか。
こういう状態では、意識は飛んじゃってます。
まだ起こっていない先ばかりをみて「今」を生きていない。

で、こうすれば良かった、と考えるのは
後悔だったり、もう過ぎたことをあれこれ考えて、
過去ばかりをみている状態なんですね。
これも意識は飛んじゃってます。
過去にいて「今」を生きていない。

人間は今を生きて生活しているので
過去や未来を生きていては、
グラウンディングも弱くなってくるし
喜びや楽しさも感じにくくなります。
なので、今に意識がある状態が大切なんですね。

でね、

自分の内を観ていくにつれ、
「すべてを失うような恐怖感」が出てきたと
聞くことが度々あります。

今まで
「それが正しい」
「そうするべき」
「そうやってずっと生きてきた」のに
自分の中を観てたら本当は違ってたことに
ガツンと気がつくからなんですね。

「本当は違ってたんだ!」
「本当はしたくなかった/したかった」
「本当は嫌いだった/好きだった」
「よかれと思ってしてたことが、逆だった」
「『自分はそう思ってた』と思ってたのに、あれは他に影響されてただけだった」

などなど、今までの自分が
根底からガラガラと音をたてて崩れるようで、
すべてを失うような感覚が襲ってくるんですね。
でもね、失うわけじゃないから。
視点が変わっただけなんですね。
だから大丈夫なの。
どうなったとしてもいつも「自分」なのですから。

彼女の感想でいい例をあげてくれたなぁと思ったのが
「エースをねらえ(アニメ)の岡ひろみにあこがれて、テニス部にはいった」
ということ。

こういうことはよくあると思うのね、
「○○に憧れて◇◇を始めた」というパターン。

でね、この「○○に憧れて」というのが曲者なんですよ!

○○の「何に」憧れてたのか?ということなんですね。
これをちゃんとつかめていないと、行く方向を間違っちゃう。
(厳密に言うと間違っているわけではないのですが)

わたしはエースをねらえを観ていないので、適当に例をあげるのですが(ごめん)

・岡ひろみさんが/の
「テニスに憧れていた?」
「トレーニングする姿勢に憧れていた?」
「人柄に憧れていた?」
「人間関係に憧れていた?」
「活躍に憧れていた?」
「送っていた生活に憧れていた?」

というふうに、どこに憧れているのかと感じ取るんですね。
例えばテニスに憧れたのであれば、テニスを始めたらいいのだけど、
もしそれが「トレーニングする姿勢に憧れていた」のであれば、
必ずしもテニスじゃないといけないわけではなく、
柔道でもいいんですね。
で、「人柄」や「人間関係」になると
スポーツは全然関係無くなってくる。

…というふうに観ていくと、「テニスのヒロイン」に憧れたものの
ヒロインと同じことをするのは必ずしても合っているとは限らないんですね。

こういうことは、やってみて気がつく、ということも多いので
とりあえず始めてみるのもいいと思う。
ただ、覚えておいて欲しいなぁと思うのが
「途中で変えてもいい、止めてもいい」ということ。

もちろん「やり遂げてもいい」んだけどね、
「やり遂げなければならない」ことはない、ということ。

「やり遂げてもいい、途中で変えてもいい、止めてもいい、
 そしてまた同じことを始めてもいい」

ということを、頭の片隅に置いておけたらなぁと思います。
そう、なんでもOKなのよ〜〜
ようは、その時の自分に正直であること。

すべてはプロセスなので、結局はどういうことであっても
それでOKなのですが「気づけてよかった」と聞けると
わたしも嬉しくなります。

ウミガメの夢のお話がこれまた素晴らしいなぁと。
わたしを含め、みんなのこれからの象徴的でもあるかも、と感じました。

古くて窮屈になっちゃった甲羅の皮を脱いで海に還っていく。

どんな甲羅を脱皮する年になるか、楽しみです〜!

始めないことには始まらない。いつでも止めることはできるのだから、始める。

20161116.jpeg

週末、ブラッシュアップクラスを開催しました。
二名の方にご参加いただいて、これまた濃密なお時間を
過ごすことができました。楽しかった〜!

沢山ご質問くださってね、
わたしのプライベートなことにも
ご質問いただき、途中でふと
「あら、ともこインタビューの時間?!」と
可笑しくなった瞬間もあったくらい、ほんと楽しかったです。

きっといろんなことがクリアになったのではないかなぁと
思うのですが(いかがでしたか?!)
質問がある、ということは、
自分が分からないことを掴んでいる、ということで
大事な一歩だなとわたしは思うのです。

頭がこんがらがっているときには、
「分からない」と感じているのに
「何が分からないのかが分からない」というような時もあり
こうなると質問すらどうしたらいいのか分からない…となっちゃって。
でもそれすらも大丈夫なの。
自分じゃ分からなくなっているのならそのまんま質問したらいいのだから。

きっと、その道のプロだと、質問者と話をしていると
どの辺から分からないのか感じ取れることと思います。
これからもいろんなところでドーンと質問していってくださいね。

さて、クラスでは、原始反射についてお話ししました。
わたしは数年前に、イタリアとスペインで子供の発達障害に関して
活動なさっている方の講座を受講したのですが
原始反射が統合されていくことで、
学校に居づらかった子供がイキイキしてくる話などを
聞いていると、原始反射って重要なんだなぁとしみじみしました。

原始反射は文字通り「反射」ですから
自分の意識云々では対応できないんですね。

子供たちが学校で
机に覆いかぶさるように座る、姿勢が悪い、
授業中座っていてもモゾモゾ動いてしまう、
黒板の文字をノートに写しづらい、、、
というのは、
原始反射が統合されていないことが要因のひとつでもあるときがあります。
子供が悪いわけじゃないんですね。
まして、親が悪いわけじゃない。
しつけができてないとかそんなんじゃない。

原始反射は生き残る手助けのための反射と言われていて
医学的には、成長するにつれて脳が発達すると
統合され消失されると言われています。
これには、胎児からの子宮内での動きも大切な位置をしめていて
胎児期・乳幼児期に必要な身体の動きをしていなかったり
他のなんらかの状況や要因もあって、
統合されずに残ってしまう場合があるんですね。
で、大人になっても残ってて
感覚過敏、見たいことに集中できない(その周囲が気になる)など
いろんなことに影響が出たりして。

原始反射は残ってても別にいいのだけど
生き辛かったら、統合したら助けになるなと感じています。

今回のクラスでは、沢山ある原始反射の中から
いくつかを取り上げ、スキャンリストも作って
お渡しさせていただきました。

あとね、クラスの中では、微細な筋反射を取ることにも
チャレンジしていただきました。
参加者くださったのはIHを始めたばかりという方でしたが
おひとりは「これかも」と感覚を掴んでいらっしゃいました。

でね、筋反射もそうなのだけど、何事も
始めないことには始まらないんですね。
筋反射は特に、体験していくことで掴めていくこともあるので
どんどんしていって欲しいなぁと。
自転車に乗るのと同じで
筋反射をとればとるほど(自転車に乗れば乗るほど)
スムーズにとれる(自転車にスイスイのれる)んですね。

あとね、
ヒーリングを始めた方、セッションをしていきたい方からお聞きするのが

「いつか○○さんのように
 筋反射がちゃんと取れるようになって
 セッションももっとちゃんとできるようになったら
 ヒーリング活動を始めよう」

ということ。それでもいいと思う。
全く初めてのことで習ったばかりの場合もあるだろうから。

ただ、もし、いつも同じようなことを思っているのなら
パターンになってるかも、です。
というのも、

「□□という自分は○○に値しない」
 (ある一定のレベルに達していない自分は
  ヒーリングをするに値しない)

という考えが根底にあったりするから。
これは、自分を否定することに繋がることがあり、
自己価値・自己肯定の低さにも
繋がっている場合もあるのです。

例えばね、ヒーリングすることを例にすると:

自己価値・自己肯定が低いものだから、
人にヒーリングしようにも、人から肯定されないと怖いんですね。
だから
「セッションをちゃんとできるようにならないと」と思って
練習したりしてみるも自己肯定感が低いものだから、
思うレベル(セッションをちゃんとできてる)と
なかなか感じられない。
で、
結局はヒーリング活動(人へのセッション)ができない、と。

そうなると、ここで思っちゃうんですね。
「きっと他になにかもっと自分にピッタリくるのがあるんだろう」って。

そして、また他の技術を学び、また繰り返しちゃう…。

あのね、最初はできなくて当たり前なんですよね。
「そんなできない自分を信頼する」のです。
そこがカギなの。

…とこんなお話をしていたら、参加者のおひとりが
「ちょうどNYのりこさんのブログの記事に書いてあったのを読みました」と
教えてくださいました。こちら
http://plaza.rakuten.co.jp/reikisolyluna/diary/201612060000/
とても興味深いので、特にキネシを始めたばかりの方、
自己価値が低いかも…と感じている方にはおすすめです!
(書いてあるゲームをしてみてね〜、ふふふ)


あの、こういうことは文字だけでは伝わりにくいかなぁと
思いながらも書いてます(そうだそうだ!って頷いてる?!)

あのね、「それが出来てる人」に実際に会ってみてください。
その人に質問してみてね。

ありがちなのですが、
分からない者同士話していても、結局どこにも辿り着けないことが多いです。
だって「分からない者」同士で話してるんだもん。

「それが出来てる人」に質問するのね。
出来てる人は、そこを突破してるから。

で、「出来てる人」のお話を丸呑みする必要は無いということ。
取り入れるか、取り入れないか、を選択するのは
自分だということを覚えておいて欲しいなぁ、と。

というのも、自分がしっくりこない回答を得る場合もあると思うから。
でもね、面白いのがね、
「ぜーーったい、それ違う」と思ってきたこと、避けてきたことの中に
大きなカギが隠れていることが多いです。
なので、時々「ちょっとやるか〜」という
チャレンジ精神や遊び心をポケットに入れて、
やり始めることをおすすめしたいです。
いつだって止めることはできるのですから。
面白いよ〜

でね、

「してるつもり」「やってるつもり」は
していないことと同じです。
というか、本当には、やってないのね。
思考の中で動いてることが多いです。

自分じゃ「やってるつもり」なのだろうけど
(本当にそうなんだと思う)
でも「つもり」と自分で感じる時点で、
自分の中に無意識でなんらしかの抵抗が出てて
「本当に」やっていないということなの。

なので、やる、か、やらないか、しかない。

誰かのマネをしてみる、というのもいいと思う。
「○○さんのように」と思っていたのなら
マネしてみるのね、で、段々と自分色にしていく。

大切なのは、

始めること。
始めないことには、始まらないのだから。

今日は、文字だけでは表現しきれんなーと思いつつも
書きたかったので書きました(どないや)。
もし何かを感じ取って頂けたのなら、わたしゃラッキーです。
もうそれだけで祝福です〜♡

【更新】自分の人生は「自分が」決めていると認識すること。自分に責任を持つこと。

2016111402.jpeg

(途中記事をアップしてました!ひぃ〜〜、すいません。更新しました)

以前ブログでお声を掛けさせていただいてた
お茶会が今日でした!
興味を持ってくださった方はいらしてて、
中には昨日「直前参加でも可能ですか」と
問い合わせてくださった方もいらしたのだけど、もちろんOKでしたが
結局おひとりの方とのお茶会になってね、
(というのも、おひとりだけだったので個室が借りれず
 場所と、ついでに時間も変更したので、都合が合わず…残念!)

いざ開催したら「ああ、このためだったんだなー」と
えらい納得した、どっぷりスペシャルと感じたお茶会でした。

でね、今日のお茶会で
わたしのセッションを受けてくださった方との
個人お茶会(おひとりさま限定プライベートお茶会)もいいなぁと。

セッション中でもいろいろお話するのですが、
「セッション」でめいっぱいなので、
質問などにお応えする時間があまりなく。
そこに深入りすることができて、
あと、今どういう状態でいらっしゃるのか、が感じられつつ
セッションで扱ったことに関する疑問にお答えできるのが
いいなぁと。

というのも、よく聞くのが
セッションであつかう内容に関して

「それには自分でも気付いてて、
 いろんな本も読んでみた。講座にも行ってみた。
 でもどうしたら(どう行動していったら)いいのか
 頭では分かってるみたいなのに、分からなかったのです。
 そこがセッションでやっと腑に落ちました」

ということ。

ストンと自分の中にやっと落ちてきて
日々の生活で行動していって…
新しくなった生活で、次のステージでの
ちょっとした疑問とか湧いてくることもあるんですね。
でもセッションに行くまでもないな〜と感じた点を
お話していただけるのはいいなぁと。
クリアになるとますます自分の中に確固として落ちてきますから。

人生には絶対に楽しいことはあるんですね。
辛いことだけじゃない。

でも辛いと感じているのなら、
今までの行動を変える必要があるのね。

今まで「そう」やってきて辛いのだから
「そう」やり続けていても辛いままなの。

「そう」やるのを止める。
「違うこと」をやってみる。

その「やってみる違うこと」というのは
人それぞれ違うだろうけど、カギになるのが
《「絶対そういう人間にはなりたくない」と自分が感じる人がやってること》
です。

「絶対そういう人間にはなりたくない」と自分が感じる人って、
大抵の場合、自分とは逆のことをしてるんですね。
自分が出来ないことをしている。
自分が(思い込んで)しちゃダメだということをしている。
なので、それを「してみることの中に」カギがあるんですね。

気がついて欲しいなぁと思うのが、
自分の行動・生き方の中に
「パターンになっている」ことがある、ということ。
そのパターンを変えないと、変わらないの。

で、自分に責任を持つ。

「自分に責任を持つ」ということは、
自分の人生は「自分が」決めている、と認識すること。

人のせいにするのは、ラクなんだよね。
だから、ついやっちゃう(わたしがそうだったから分かる・笑)。
例えば、本当の自分はしたいのに

「パートナー(夫・妻・彼氏・彼女)が嫌がるから」
「親が反対するから」
「師匠がやめておけって言うから」

「だから私はしません」ってね。

逆で言うと、

「パートナーがやれって言うから」
「親がこれにしとけっていうから」
「師匠がいるから」

本当の自分はしたくないけど、してますというパターンも。

これら両方とも、人のせいにして、責任も人に負わせてるんだよね。
で、そうするとラクなの。自分に責任を負わなくて済むから。

「あなたがやれって(やらないでおけ)って言ったから
 自分はした(しなかった)のよ。
 で、今の自分はこんなひどい状態。
 なので『やれ(やらないでおけ)って言ったあなた』のせい!」

ってね。
ね?ラクでしょう?自分のせいじゃないもん。

でもね、これって《他人が自分の人生を操ってる》んですよね。

「他人がやれって言ったから」自分はした、
「他人がやめとけって言ったから」自分はしなかった、んですもん。

…あれれ、、??
これって、他人が決めた人生を生きてるってことっぽくないですか?!
自分の人生なのに、他人が決めてるだなんて!

なので、自分が「自分の人生の舵取り」をするんですね。

これはなにも

「パートナーが嫌がることをしろ」とか
「親に歯向かえ」とか
「師匠に逆らえ」とか、そういうのではなく

「パートナー・親・師匠が嫌がった。わたしは「しない」選択をする」

ということ、「わたしが」行動の選択をする、主語なのです。
パートナーが嫌がった。だから、わたしはしない、ではないのね。
「だから」しない、ではないの。

「わたしが選択しない」から、しないの。
違いが分かるかなぁ。

日本語の話し方そのものが、主語が抜けることが多いので
「誰が」というのがうやむやになることも多いなぁと感じています。
なので、「私が」と主語をつけることに少し気を置くだけでも
変わってくるんじゃないかなぁと。

自分の人生は、自分が、舵取りをする。

どうか、自分の人生は「自分が」主役で
「自分が」演出家であるということを思い出し、
自分の色で、自分の人生の彩りをしてみてね。

きっと見えてくるものが変わってきて
見えていなかった楽しさも見えてくることと思います。

怒りって「私を分かってよ〜♡満たしてよ〜〜♡」という激しい甘え、なのかもしれない

20161129.jpeg

最近のセッションでは、みんなの変容の加速度が
ものすごく早くなっているなぁと感じています。

ほんと、セッションでご一緒する方全員に驚くのだけど、
この間は、一ヶ月後にお会いしたら、
がらりとエネルギーが変わっていて
まるで別人かのような感じさえする方がいらして
人って一ヶ月でここまで変容できるのか!と
驚いたほどでした。彼女にそうお伝えすると
「《石の上にも三年》っていうやつかしら?!」
と言ってらしたけど!
彼女はご自身でもいろいろワークをなさっていて
癒しってほんとご自身が起こしていらっしゃるんだなぁと感じました。

人ってね、癒されると行動も変化するから
関わっていく人へも影響が出るので、
「これは…伝染病ならぬ《癒し伝染》状態?!」
と勝手な想像をしていたのですが。
本当に最近のみんなの変容の加速度は半端なく、
個人が癒されて、それが大きく波及している感じがしています。
なので、自分を整える(愛でる)ことは
大きくみると、人や社会へも貢献してるなぁと。

さて、今日はセッションのご感想をいただいて
掲載の許可も頂戴したので、ご紹介させてくださいね。

ご感想をいただくのは、わたしにとっても「そうだったのか〜」と
気づきにもなるし、日数が経ってから頂戴するのも嬉しく、
そしてブログでシェアさせていただけるのは、
他の方への気づきにもなっているそうで
「楽しみにしています」とおっしゃってくださる方も
何人もいらして、ほんとシェアの許可を頂けるのがありがたいです♡
ありがとうございます。


ー ー ー ー ー ー ー

先日は一日セッションありがとうございました。
セッションが終わってからのこの自分の違いに、
こんなに頭がすっきりして落ち着いているのに驚いています。
あ~いつも私はまわりのひとの目が気になって落ち着かなかったなあ・・・
それが気にならなくて、心がとても楽になりました。
グラウンディングもできてなかったんだ・・・
そして、子供の頃の悲しい自分の気持ちに対して、
やっと向き合えたような、癒されたような、
あ~私がんばったんだねと愛しい気持ちになっています。
子供の頃の悲しい記憶に蓋をして生きてきたんだなあとわかりました。

セッションでともこさんに失敗ってどういうこと?と聞かれたとき、
怒られる、怒鳴られることだと思っていました。
怒鳴られることへの恐怖がずっとあったなと思います。
いつも怒鳴られないようにと生きてきたように思います。
失敗ってそういうことではないのですね。
人が怒っていても私とは関係ないんだと、今は感じられています。
セッションで愚痴についても聞かれましたが、
あれ愚痴ってなんだっけ?というぐらい私の中では封印していたことでした。
いつも夕食で母が仕事の愚痴を言っていて、
それを聞かされる私たちはうんざりしていて、
愚痴りたくはないと押し込めていたなあと気が付きました。

また、怒りについても、若いときからいろんなことに対して、
怒りがわいてきて、これはよくないと思っていたので、押し込めていたのかもしれません。
ともこさんのブログに書いてくださった「怒り」を読んで、なるほどと思いました。
私は正義感で物事を見ていて、怒りがわいてきていたんだなあ・・・と
怒りのその下の気持ちを感じることが大事なんですね。
そういっても、私は、自分の気持ちがわからなかったのですが・・・
これからは自分の感情を感じていきたいと思います。

今は、ことあるごとに、自分に問いかけて、自分の気持ちを確認しています。
「これ本当にやりたい?」「うん、やろう」という感じです。
今まで自分の気持ちを無視してきたので・・・

息子へのセッションもありがとうございました。
ホルモンのバランスが悪かったのですね・・・安心しました。
(本人はおねしょはホルモンのせいだ!というのがよかったみたいですが・・・)
息子の本当の気持ちが聞けて本当によかったです。
セッションで、目的のないかかわりってなんだろうと思ったのですが、
盆や正月に夫の実家に行くと、夫の兄と子どもがじゃれあって、
ふざけあってスキンシップしているのですがそういうのを
息子も夫としたかったのかなあと思いました。
(略)
私の子供の頃にしてもらえなかったこと、
してほしかったことを一生懸命に息子にしていたようで、
子供の頃の自分に対してしていたのかもしれません。
息子も私の影響をしっかり受けていて・・・私が楽になることで、
息子も楽になっていければとおもいます。
毎日、セッションのことをふと思い出しては、
いろいろ気づいたりして反芻しています。
なんだかうまく書けませんが、
今の私のやりたいことは、またともこさんのセッションを受けにいきたい!です。
本当にありがとうございました。

ー ー ー ー ー ー ー


遠方からいらしてくださるとのことで、
午前は彼女へ、午後は息子さんへの代理セッションでした。

彼女は、人の目が気になる、人の顔色を伺ってしまうということで、
「これを言ったら、あの人は気を害するかな」とか
「これしたら嫌かな」ということをいつも考えていたので
人は嫌いじゃないのに、壁を作ってしまってました。

これは、

《自分を守るためにしょうがなかった》んですね。

だって、いつも人の顔色を気にして
自分はどういう行動をとろうか心配してたんだもん。
で、そんなことしてると疲れちゃうんですよね。
なので、人と壁を作って距離を置き、自分を守る。

でも、

「そこから一歩踏み出したい」
「ラクに人と接していきたい」と思った。

ということは、

そろそろ、そんな「お守り(人と壁を作って距離を置く)」は
もう手放す時が来ていますよ〜というサインなんですね。

そもそもなぜそんなに人の目が気になるのか、
人の顔色を伺うようになったのかというのが、
幼い頃から親がキツいのが大きな要因のひとつでした。

親に何を言っても聞いてもらえない感じ。
理解してもらえない、受け入れてもらえない感覚。
幼い頃から頑張っても無理だった。
なら、せめて怒られるのをさけよう…と。

ここから、怒り(怒られる)に対しても歪みが出ちゃったんですね。
誰かから「怒られる・大声・怒鳴られる」ことが
恐怖にもなってしまいました。

あの、怒りってね、ただの感情表現のひとつであって、
ダメなこと、ではないんですね。

喜怒哀楽は、すべて同じ、です。
ただの感情の表現の違いであって、
ここには「いい」「わるい」はないのです。

でね、怒りって「自分の思い通りにならなかった」ことにより
「不満」がでて「感情が高まり大声出しだりする」ということをしてるんですね。

なので、

他人が怒っていても、自分とは関係無いんですよ。

あなたはその人を怒らせようとしたのかな?
怒らせようとしたのなら、自分と関係あるだろうけど、
大抵の場合は、そうではないでしょう?

「あなたをみて」その人の中で何かのスイッチが入っただけで
その人の問題であり、あなたには関係無いんですね。
なので、
人の顔色を見る必要も無いです。

でね、気づいて欲しいなぁと思うのが、

人の顔色を見たって、見るのは「わたし」であり
「その人」の意識にはどうやっても入れないので
「その人」の要望には完璧に答えられないのね。
だから、あるいみ無駄なことをしてると思う。
「わたし」目線はいつまでたっても「わたし」なので
「その人」の思う通りには動けない。
もしかしたら、何かを察して、応えられることが
あるかも、だけど。キリがないよ。無理だもの。

なので、人のことは人のもの、
自分のことは自分のもの、と区別をすること。

人の怒りは、その人のもの、
だから、自分は怒られないように…と先回りする必要もないんですね。

でね、さっきも書いたように
怒りは悪いことじゃないので、怒ってもいいのね。
…ということをお伝えすると
「でもそうすると○○さん(他人)に怒りをぶつけてしまうことになる」
と言われる方もいるのだけど、
あの、怒りって、繰り返しちゃうんだけど(ごめんね)

「自分の思い通りにならなかった」ことにより
自分の中で「不満」がでて
「感情が高まり大声出しだり」すること

なので、自分の思い通りになってないーーという、
「自分のこれが満たされていませんと他人に伝えている」こと
でもあると、わたしは感じています。
なので、甘えが入ってる部分もあるかなぁと。

なので、怒りとは
「他人」に怒っているのではなく
「自分の満たされていないことを表現している」のであって
「分かってよ〜♡満たしてよ〜〜♡」がひっくり返った激しい甘えに
なっちゃったのかなぁ、と。

2016112902.jpeg

…なんか妙な可愛らしさというか、小っ恥ずかしいというか(あはは)

愚痴もね、似たようなもので
「自分はこうこうで満たされていません」と
人に言ってるようなものなのね。

で、言ってもいいの。
そして、言われたら、聞いてもいいし、聞かなくてもいい。
「自分が選択できる」ということを覚えておいて欲しいなぁ、と。


あとね「目的のないかかわり」に関して。
目的の”ない”かかわりって、何だと思いますか?
何が含まれていると思います?

逆の「目的の”ある”かかわり」だとね、
用事があるから、関わってるんですよね。
伝達することがあるから、関わってる、とか。
なんだか義務的な感じ。

これがね

「目的の”ない”かかわり」だと
あなたに会いたい、あなたと交流したいという感じで、
愛を感じます。

こういう「目的の”ない”かかわり」が
お父さんと(息子くんで)ありますか?とおたずねしたのです。

親と子供の間で交流があったとしても、
もしそれが「目的のあること」、例えば宿題を見てやるとかだと
子供にとっては、心が十分に満たされていない場合があるんですね。
愛を感じにくいから。

あと、よくあるケースですが、親にとっては
「休みの日は子供と同じ部屋で一緒にいる」から
子供と交流しているつもりの方もいるのだけど、
でもね、同じ部屋にいても自分(親)は
ずっとスマホをいじってたりすると、
子供にとっては「一緒にいる」という意味が薄く、満たされていないんですね。
だって「親の関心が向いていない」のだから。
愛を感じないのです。

なので、目的の無い、まったく意味の無いような
無駄で楽しいことを子供と一緒にして欲しいなぁと。

今までどんな感じで子供と接していたとしても、
これから変えればいいのですから、大丈夫。
そして、親がラクになれば、
子供も自然とラクになるので大丈夫です、ほんと。

親も子供もハッピーに♡
それがわたしにとっても喜びであり祝福で
こんな幸せは他に無いな〜〜ととても嬉しくなります。

心がとても楽になってくださって、本当にありがとうございます。
ここを読んでくださっているあなたもそうでありますように☆

 

IH受講したけど筋反射が…/や/放りっぱなしな方へ、IHブラッシュアップ・クラスのご案内

20161116.jpeg

先月に「IHブラッシュアップ・クラスをします」と
書いてから時間が空いてしまいました。
案内をお待ちくださってありがとう♡ (え?待ってなかった?!)

IHを受講したけど

「筋反射がスムーズにとれない」
「なーんか置きっぱなし」
「しばらくしてない」
「なんか、、IHとまだ仲良くなれていない」

というIH初心者さんへ
ブラッシュアップ・クラスをします。
(「ブラッシュアップ」とは、磨き上げるという意味です。
 ※IHはお教えしません。


IHってね、ほんとにシンプルなん。
慣れてないと、特に、キネシ自体が初めてでIHを始めたのなら
セッションしててちょっとでも筋反射取れない(と感じる)と
ドキドキしたりしてね(わたしでした・ははは)。
まして、プロトコルとなると「ああ、どうだっけ?!」と
混乱したり焦ったりしちゃって!(これも昔のわたし!)

いやいやいや。
IHはシンプルなんよ!
(焦ったりなどして)複雑にしてるのは「自分」。
そこに気がついて、IHの真髄を再確認し、
ちゃんと気がつくとなーんも心配要らない。

わたしは、IHクラス(パスウェイ)を受講した後、
「こんなに面白い(興味深い)ものはない!」
などとえらいエキサイトしたのですが、
筋反射がスムーズに取れていませんでした。
幸いにも同じ関西方面で受講者仲間がいて
練習会を開いてくれてたので、
そこで練習を重ね、仲間に教えてもらったり
情報交換したりして、一緒に磨いてきました。

筋反射は誰でもとれると思う。
ただ、慣れが必要な部分もあると感じています。

でね「慣れる」のに、身内、
パートナーとだけで練習するのは、難しいかなぁと。
特に女性の場合は、男性パートナーで筋反射の練習をするのは
難しい傾向になりがちだなぁと感じました。

何度も経験(練習)したら取れるようになるだろうけど、
でも、そこまで至らなくて
「自分は筋反射に向いていない」などと思い始めて
止めてしまったり。
向いていない、とかではないんですね。
コツがあるのですよ!

わたしも、最初は夫で筋反射を取るのは難しかったです。
ほんっと難しかった。
ボブを練習台にしてセッションしてて、
最初は筋反射を取れてても、途中から取れなくなってしまったり。
わたしは焦ってしまい、ボブは「腕痛い…」「ゔぅ…」とか言い出して、
わたしゃ余計に焦って身体中の毛穴という毛穴から汗出てきたりして!
あはは、ほんとそんなんだったの。

「セッション途中でなぜ筋反射が取れなくなるのか」が
分かってなかったんですね。
ちゃんと分かると、セッション中の対応も分かるようになります。

IHって、プロとしてお金を頂いて仕事としてやっていく、
というイメージがあるような感じがわたしはしているのですが、
プロじゃなくても(仕事として使わなくても)いいじゃん、とわたしは思う。

家庭で手軽にIH。
もっともっとお家の中で広がっていったらいいなぁと思っています。

何度も繰り返しちゃうんだけど、IHはほんとシンプル。
マチルダのクラスを受講していると、
その辺をしかと体感します。
だからね、そのシンプルさを活かして、
家族に、なにより自分に
「手軽にIH」が普及したらなぁと思っています。

IHを受講したけど
「置きっ放し」
「馴染めてない」
「筋反射がスムーズに取れない」
などなどなんでもいいです。
ブラッシュアップ(磨き上げ)して、
あなたのIHに輝きを戻らせませんか?

パスウェイだけの受講の方もウエルカムです。

マチルダにはクラスのことは話していて
了解と祝福をいただいています♡
「日本のみんなに私(マチルダ)の愛を届けてね」との
メッセージ付きです。
ほんとマチルダの愛はどこまでも広くて深い。

あなたもIHの輝きを取り戻して
「家庭で気軽にIH」
「私が《自分専属ヒーラー》」
「家族や友人とふわりと癒しを」
シンプルIHキネシオロジーを楽しみませんか。

あなたとも一緒にIHを楽しめたら、
わたしも最高に幸せです。
お待ちしてます〜!

「IHブラッシュアップ・クラス」
【日時】12月10日(土)10時〜17時
【場所】大阪府八尾、近鉄八尾駅から徒歩約5分
【料金】11.110円
【クラス内容】
1)IHの筋反射の取り方
  ・筋反射を取れるようになる
  ・セッション中、スムーズにとれない時は?
2)微細な筋反射にチャレンジしよう!
  ・筋反射は難しくない!微細な筋反射にも挑戦
3)原始反射について
  ・反射を持ち続けていても病気じゃない。
   でも反射が残っていることが、生き辛さの要因のひとつになる場合も
4)疑問/質問タイム
  ・モヤモヤをスッキリに
5)実践
  ・さぁ実際にお互いにセッションしますよ〜〜

以上です。

クラスに参加ご希望・ご質問など
「IHブラッシュアップ・クラス」の件名で
tomoko.it.IH@gmail.com
まで、メールをお送りくださいませ。

あなたと一緒にIHエネルギーに包まれる時間を楽しみにしています〜♡


 
プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますこと、
再会できることを楽しみにしています〜!
(*セッションのご予約はこちら
ご参照ください。

*Facebookしています。
アカウントはこちらで、
お友達申請ウエルカムです〜。

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

お会いできることを楽しみにしてます。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ