【お願い】iMassageでなく、メールでご連絡ください!

2017.10.21 00:38|思ったこと・気づいたこと
20171020.png

ビックリした!!

さっきパソコンで作業してたらね、
突然画面の右側から小窓が開いて
「日付」と「空き…」云々の文字が見えて、
すぅっと消えたの。

え??今の何!?と思って、
メールや、facebookのメッセンジャーを開いたけど
そんなメッセージは無い。

気のせい…?いや、確かに見たけど…と思いつつ
しばらく放置したんですよ。

でもやっぱり気になる。

なので、あちこちクリックしてみたりしてたらですね、
あったよ、あった!見つけたーー!!

iMassage なるものでした。

ああ、もうビックリしたよ。
こんなのが存在しているとは知らなんだ。
しかも、複数メッセージが届いてたものだから、
これまた超驚いた!!

いやもう、、気づかないでごめんなさい。
わたしのiMacが初期設定で
iMassageの設定がオンになっていたようで、
それで受信していたようです。


あの、申し訳ないのですが、

セッションに関しての連絡・メッセージは
メール(tomoko.it.IH@gmail.com)を
利用しています。

なので、お手数なのですが、
連絡に関しては、メールでお送りくださいますよう
何卒よろしくお願い申し上げます☆

いつも温かいお心をありがとうございます〜!




 

ドタキャンされても“しょうがない”ではなく、“そうなのね”と気にならない訳。

2017.10.20 00:08|思ったこと・気づいたこと
20171019.jpeg

ドタキャンについて話してたときに
話の流れで

「自分もドタキャンしてもいいんですよ。
 すると、相手が自分にしてきても
 なんとも思わなくなるから」

とお伝えしたんですね。すると


「自分がしてるから
 (されても)しょうがない、となるのですね?」


と話してくださったんですね。
で、わたしはハッとしたんですよ。
そっか、そういう風にとっちゃうことも出来るんだって。
それと同時に
なんて素晴らしい指摘をしてくださったんだろうと
とてもありがたく感じました。


あのね。

「自分がしてるからあなたもしてる。お互い様ね」とか
「自分がしたからされた。因果応報ね」とか
そういう理解で納得される方もいるかも、なんですが、
わたしがお伝えしたかったのはそうでなくて


本 気 で 気 に な ら な く な る。


ということなのです。

「そうなの?しょうがないか〜。(以上。終わり)」
となるんですよ。

あの、ドタキャンされて怒りが出たら
怒ってもいいんですよ。

で、なんで腹立つのかっていうのが
往々にして、今まで

「自分は無理をしてまでやってきたから」

なのです。

例えば、自分は行く気なかったのに

・断ったら悪いと思って無理して行ってた
・(自分は)しょうがないと思って、無理して行ってた
・熱出た/体調悪かったけど無理して行ってた
・行きたくないけど行ってた。

今までそうやって私はずーーっと我慢してきたのに
なんであなたはそんなことするの!?

となるんですね。
極端な表現をすると

自分は今まで無理してまで頑張ってきたのに、
我慢してまでしてきたのに
相手からサクッと切り落とされたかのように感じる。。

のです。
だから、自分は報われないような感じもして怒ったり。
そんなのが腹立つんですよ。


あのね、そもそものところで
自分が嫌なこと・気が向かないこと・したくないことはしない。
しなくていいんですよ。
我慢して付き合わないといけないことなんてないのですから。

そして、ドタキャンですが、
人間って、考えが変わる生き物なんですね。
なので、約束しても気が変わることのは
当たり前のことなのです。
一度約束しても、気が進まなくなることだってある。

だから、キャンセルしてもいいんですよ。
で、キャンセルしたことに罪悪感を持たない。
だって「自分のそのときの気持ち」を優先したので
自分を優先してあげた=自分を大切にした、のですから。

そして、自分を大切にしたことから、
自分が満たされて、その満たされたことが溢れ出て
気がついたら、他人/相手も大切にしてる…んですね。

そう。今まで方向が逆だったん。


相手を大切にしてた(つもりだ)けど

その実、

自分に無理をさせ、自分を大切にしておらず

結局、

相手も大切に出来ない・しずらくなる…


だから、まずは自分を優先。
約束したけど、キャンセルしたくなったらする。
ドタキャンでも、する。

そうすると

相手がドタキャンしてきても
本当に、本気で気にならなくなります。


…ん??
そんなワガママなこと…していいの?って?

あの、あなたにとって、わがままって何ですか?
どういうことなのかな?
そこをしっかり見て欲しいなぁと思います。

ワガママはあなたの声ですよ☆
ちゃんと聞いて、
自分に優しくできるから、
相手にも優しくできるのです〜。




 

やりたいことを苦しさや迷いで辞めてしまう。でもそれは…

2017.10.17 22:08|思ったこと・気づいたこと
20171017.jpeg

ふと思ったんだけどね。


何かを「やりたい!」と思ったものの
なぁんか途中で「でも…」とか考え出して。

するのか?
しないのか?

悶々としてるそこに、何か妨げになるような
他の事・要因・事情が入ってきたら
心のどこかでホッとしたりして「辞めよう」となり。

もし何も入ってこなくても、
悶々としている状態が苦しくて、辛くて
「辞めよう」となり。

で、辞めるものの
やりたい「それ」は、なーぜーか
自分の中に渇望として残っちゃってて
しばらくすると疼きだす…

そして、また、最初に戻って繰り返す。

「やりたい!」
  ↓
「でも…」
  ↓
(エンドレス)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

こんな経験ありませんか?

わたしは、あります。


あの、思ったんだけどね。


迷いや怖れを感じることって
本当に自分がしたいことだなぁ、と。

でもですね、途中で「でもさ、、」とか
いろいろ考えちゃうんだよね。

この「でもさ、、」というのは、
先のこと・将来を考えてるんですよ。
本当に自分のやりたいことだから
大切にしすぎちゃって、
まだ起こってもない将来のことを考えては
あーだこーだと心配したり不安になってしまい、

そして

怖れが出てくる。
迷いも出てくる。

で、分からなくなってきて、
怖れと迷いで苦しくなって
やり始めもせずに辞めてしまったりして。

でもね、辞めてもね、
それは本当に自分のやりたいことだから、
自分の中に渇望として残っちゃう。

だから、しばらくするとまた疼く…んだよね。


もしかしたら人間って、
何かを表現し続けていないと
生きていけないのかもしれないね。

だから、自分の表現したいことが
出来ていなかったら、
自分の内側から疼いてくる。

不安や迷いが出てくるのは
先のこと、将来のことばっかり気にして
「今」に居ないから。

んじゃあ、今にフォーカスして
今、自分がしたいこと、表現したいことを
純粋なまでにフォーカスして
やっていくといいのかな、、と思った。

ただ目の前のことをする。
ザブンッッと飛び込んでしまえっと思った。

やってみないと分からないこともあるから、ね。



 

洗脳とか呪いとか。それって結局は自分が疎かになってる。

2017.10.14 00:23|思ったこと・気づいたこと
20171013.jpeg

セッションで使っているスキャンリストに
洗脳とか呪いなどという単語が並んでいます。
その言葉の意味を
分かってたつもりだったけど
この間、分からなくなった。

どういう状態のことを指すんだろう??
何なんだろう?って。

頭で考えてたせいか
どんどん分からなくなって、
友人と話してたときに
この疑問を言ったんですね。
そして、話の流れで

「わたしは何してたんだろうってハッとした」

と言うと、友人は「それそれ!」と、

「(洗脳、呪いとは)
 別のエネルギーに居るってこと。
 違うフィールド(場)に居るのよ。
 そこから抜けたから、
 何してたんだろう、とハッとしたのよ」

というようなことを話してくれました。
(ごめん、うろ覚えになってて、わたしの解釈になってます)
これがわたしにはめちゃ納得でねぇぇ。

でね。

じゃあ、なんで別のエネルギーに居るんだ?と思ったんですよ。
違うフィールドに居るのはナゼだろうと疑問が湧きました。

で、今回は、わたしにとって
「自分は何してたんだろう?」とハッとしたことがあったので、
その件に関して思い返して考えてみたらね。

「グラウンディングが弱くなってた」なぁと。
意識が、宙にあったかも…と。
少なくとも完全には地には無かったな〜と今思う。

そして、グラウンディングの弱さも関係してくるんだけど
「自分が疎かになってた」。
外(出来事・他人)に意識が向いて、
内(自分・自分の内側)に意識が向いてなかった。

なので、ここから関連して、
視野が、めちゃ狭くなってたなぁと気づいた。
視点がひとつしかなくて、そこ以外は見えていない状態。
逆にいうと「そこしか見ていない」。
そこしか見ていないものだから、
何が起こったとしても、そこに繋げて見ちゃうんですね。
そして「自分に都合の良いように(例:ポジティブに)見てしまう」。
何が起こっても、自分が見たいように、都合のよいように見てたなぁと。

で、なにかの拍子にハッとして、
「わたし、何してたんだろう?」となる。


…いやはや、もうなんだか。。。

自分で、自分を疎かにしていた、としか言いようがないデス。


あの、時々あるのですが

「洗脳・呪いをかけてくる方が悪い」とか
「洗脳・呪いのせいで、私はこうなった」とか
「洗脳・呪いのせいだから、私は被害者だ」とか。

うん、そういう考えもいいと思う。
誰かのせいにして、怒ったりしてね。
被害者でいて、誰かに慰めたり労わってもらったり。

それもいいんだけど、気づいてた方がいいなぁと思うのが

「いつまで被害者でいる(被害者でいたい)のか?」

ということ。

自分の人生は、自分が主導権を握る必要があるんですね。
誰かのせいにしてる、ということは、
その「誰か」が自分の人生を操ってるんですよ。


誰かのせいにしてもいい。けど、
でも、そこから、
誰さんと自分の間に境界線をしっかりと引き、
自分の感覚を取り戻し、
自分が主導権を握る。


これが大切だと思います。

呪い、だと、なんだかオドロオドロしてて
呪いをかけてきた相手にずっと主導権を
握らせることはないだろうけど、
洗脳ってね、案外、引きずってることもあります。

というのも、まず第一には気づかないから、
ということが多いんだけど
その次の理由として感じるのは、楽チンだから。

「自分で」感じたり、考えたりしなくていいんだよね。
洗脳のエネルギーの中にいると、
ただそこに同調していればいい。
そしたらそこで人生・物事が決まっていくから
いちいち自分の感覚を研ぎ澄ませなくてよくて楽チンで、、、、

あれれ??でもさ、これって、、

自分を生きていないと、わたしは思います。
他人や洗脳のエネルギーを生きてると思う。


思ったんだけどね、

自分の感覚を研ぎ澄ませて
自分を自分のエネルギーで満たし、
ちゃんと他との境界線を引いているのなら、
洗脳や呪いですらもバーンッッと跳ね返っちゃうと思う。
というか、そんなのが周りに漂うことに
気づかないくらい、自分はドーンとしてるね。

…さぁわたしはどうかしら?!
感覚研ぎ澄ませますーー!


ジーザスは私達の命を奪えるのか?

2017.09.23 04:26|思ったこと・気づいたこと
20170922.jpeg

知人と話をしていたら
メキシコでの地震に関しての話題となりました。
地震発生時に、とある教会で洗礼式が行われていて
そこで洗礼を受けていた子供も含め
亡くなった方達がいたそうです。
これに関してキリスト教徒の知人は

「ジーザスが私達を創り出し
 ジーザスがまたその命を奪うなんて!
 どうなってるの!!」

と辛さと共に声を上げていました。

ああ、なるほど。。。
そういう思いを持ってる方もいるんだなぁと
一緒にいろいろ話してました。

わたしは、ジーザスだけが創造者でないと思うんですね。
ましてやジーザスが命を奪ったのではないと思う。

私達も皆、神の一部であり
共同創造者だと思うのです。
そして、私達は自由意志があるものだから、
私達が選択して、カオス的にも生きることが出来る。
で、これらは「内あるがごとく外ありき」法則で
自分たちの状態が外(自然環境)にも写し出されて、
地球上で起こることにもなんらかの影響を
与えているかもしれないんじゃないかな、と。
だから、被害者意識というか、
犠牲者的意識でいるのは、わたしはしっくりこない感じがします。

でも、だからといって、
起きたことに罪の意識を持つ必要はなく
ただ起きることが起きた、というような視点も必要かなぁと。


あの、説明するとね、

肉体を持っている「個人」の視点と
「大いなるひとつ」な自分としての視点の
両方が必要だと思う。

地球に、母親から生まれ出てきて
「個人」として肉体を持ち、
そこでの意識があるじゃないですか。
それと同時に
もともとは私達は「大いなるひとつ」から来てるので
そこでの意識も持ち合わせているんですね。

なので、この二つの視点を持つ必要があるんじゃないか、と。

で、この二つの視点は、時には…いや、
しょっちゅう辻褄が合わないです。
パラドックスなことが多い。

でもそれは、頭・マインドだけで考えてるから、だと思う。

この二つの視点は、感覚的に視ていく必要があってね、
そこから思うこと・感じることも、
感覚的に掴んでいく必要があるんじゃないかな。
(いちいち論理的に考え無い)


例で、わたしの場合ですが

地震という災害が起こっている。
わたし(個)の状態はどうか。
周りの環境へのわたしの接し方はどうか、と見直す。
それと同時に
わたしには計り知れないところ
(大いなるひとつ・神の部分でもあるところ)からであろう
起こることが起きたんだな、という意識も持つ。
そして、わたしは今どうしたいのか。

そう、結局のところ、

その状況に置いて、自分を振り返り、
自分の本音のところで、どうしたいのかを見る。
自分で選択して、行動し
また選択し直して、行動していく…
この繰り返しなんだと思います。

起きることが、ただ起きているだけで、
そこに意味が無いようで、意味は有り
でも、有るようだけど、本当は無いのかも。

…ということを
キリスト教徒の方と、
わたしの物事の捉え方と
地球で起こっていることを混ぜ合わせて
青い空と白い雲の下で話してました。

皆が幸せを感じられますよう☆





=・=・=・=・=・=・=・=
【ワークショップのお知らせ】
http://lalunadigiorno.blog.fc2.com/blog-entry-494.html

生きてたらブレるのは当たり前だと思うんですよ。
だって人間だもん。
またバランスを取り戻せばいいだけ。
自分で自分を整えることは出来ます!

1DAYワークショップ、参加型です。
一緒に簡単なワークをしていきます。

内容は、

・苦しいと思っている、その苦しさって何?
・自分の癖を知る
・古いパターンと新しいパターンを入れ替える
・人生のチャレンジの乗り越え方
・やりたいことをする
・質疑応答

日時:11月11日(土)10時〜16時
場所:大阪市内
料金:10.000円
持ち物:お気に入りの筆記用具&ノート

*11月11日(土)大阪は満席となりました。
他の日で承りますので、ご連絡ください
tomoko.it.IH@gmail.com
わたしが会いに行くこともできますので
大阪以外でのおひとりからのご希望も
どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

あなたと一緒の時間を過ごせることを楽しみにしています☆


 

 

鼻毛フサフサさんに囲まれて気づいたこと

2017.09.09 03:45|思ったこと・気づいたこと
20170908.jpeg

あの、途中まで鼻毛が出てくるので
その手の話はちょっと…という場合は
お手数なのですが、このままススーッと
真ん中辺りの= = =線まで
スクロールしてくださいませ(スイマセン)





日本でも鼻毛出てる方はいらっしゃると思うんだけど、
イタリア人は顔のパーツが大きい方が多いせいか
鼻の穴も大きい人が多く、
特にローガンズ(老眼)にメンバー入りする
お歳頃の達たちは、見えづらいのか??
鼻毛がふさふさしている方にお会いします。

イタリアでは、親しい人に再開したときは
お互いの頬を合わせてキス挨拶をするのですが
その時にですね、鼻がクローズアップされて
フサフサが気になってしまうときがあるんですよ。

これは、わたしに「鼻毛は手入れするもの」
という意識があるから。
だから野生地帯っぽい茂みは気になってしまうのです。

でね、先日のこと。
何人かの人とお会いしたのですが、
フサフサさんが多かった!
そんなフサフサさんに囲まれて、
ボーッとしてたらふと
「気にしてるわたしが変なのでは」と。

「ここ数メートル範囲内では
 鼻毛出てない人口率の方が低い。
 ということは、この範囲内では
 鼻毛フサフサが当たり前かも…。
 そうだ!鼻毛フサフサが当たり前だよ!
 ってことは、気にしてるわたしが変なんだわ〜」

ってね。で
「そもそもなんで鼻毛が出てるのが気になるのか?」
と考えてみたんですよ。

なんでかというのが

・見慣れていない
・鼻毛は手入れする物とどこかで刷り込まれてきた
・だから鼻毛は手入れする物と思い込んでいる
・鼻から出てる毛は(わたしが思う)図的に
 バランスが取れていないと思っている

からかなぁ、、と。

すると、これらすべては
習慣と思い込みだと気がついた!

じゃあ習慣と思い込みを変えれば、
すべてはひっくり返る!と
ハッとしたんですよ。



= = = = = = = = =



ああ、これは、ネガティブに関する
思い込みにも繋がるなぁと思った。
(ここ数日のシリーズ)

例えば

・したいことが分からないのはダメだ
・オープンになれないのはダメだ
・不安になるのはダメだ
・笑顔でいなければ
・思いやりのある人でいなければ
・常に前進、向上であらねば

とかね。
こういうのもさ、
小さい時から言われてきたこととか
親がそうだったとか、周りがそうとか
そんな環境にいたなどという
「そういう状況」に
ずーっと接してたことが多いからだと思うんですね。

だから、習慣になって、
自分の思い込みになってる。

で、この習慣や思い込みって
それが正しいから、という思いが
根底にあると思うのね。
もともとは良かれと思って
そういうふうになったと思うんだけど、
だからこそ苦しくなることがある。

自分に嘘をつき始めて
したくないのに無理やりしたり、
笑顔が出てこないのに無理やり笑顔にしてみたり。
できない自分を責めてみたり。

生きてたら
不安が出てくることも当たり前。
人を思う気持ちになれないのも当たり前。
まずはそこを認識するのが大切なのかな、と。

習慣とか思い込みに
正しい、間違ってる、は無いと思うんですよ。

すべて「ただの習慣」「ただの思い込み」かな。
それが、人数が増えてくると、常識になると思う。

でも、時と場所が変わったら、習慣や思い込みすらも変わる。
正しいと思ってたことが、そこでは違ってたり、ね。
間違ってると思ってたことが、そこでは関係無かったとか。

鼻毛フサフサが当たり前とかね。

もし、苦しいと感じることがあったら、
自分の癖や習慣、思い込みを
ひっくり返してみると…
面白いことになると思います。

鼻毛ワールドへようこそ☆


 

ネガティブとは、真珠になる砂のかけらだと思う。

2017.09.02 04:40|思ったこと・気づいたこと
20170901.jpeg

前回の記事とも関連がある…
ような無いような(どっちだ)。

わたしは真面目なくせに超お気楽なとこがあり
しかも元ポジティブ思考だったので
あまりネガティブについて嵌ったことは
記憶に残ってない…いや、忘れただけ?!

なんしか、「ネガティブ」について話していると
捉え方の違いに驚かれることがあります。


あなたにとって
「自分の中のネガティブさ」の
この「ネガティブ」って何ですかね?

これって結構カギになってると感じます。
自分の捉え方ってほんと大事よ。


とりあえず今この記事では
「自分の中で受け入れられない部分」
「ダメ(と自分が思い込んでる)部分」
として、話を進めますね。

でね、ネガティブを一度そう見たら
(そういうふうに思い込んだら)
キリがないです。
他にもネガティブと思うことが沢山出てきはじめる。

しかも、その「ネガティブ」の原因…
例えば「人が苦手なのは、前世で人に虐げられたから」
とかね、そんなふうに探し出したら、いろいろ出てくる。
いくつでも出てくる。
これもキリがない。

話は変わるのですが、
わたしのセッションを受けに来てくださる方の中には
他でのセッションやチャネリングでのことを
気にして来てくださる方もいるのですが、あのね。

セッションを受けに行った目的は
「生きやすくなるため」とか
「人生を楽しく・ラクにするため」だと
思うんですね。

なのに

それを妨げているネガティブ(と思われるようなこと)などの
「原因探し」がセッションの目的、果てには
人生の目的になってしまってる場合があるのかな…
とわたしは感じました。
で、そこに嵌ってしまう。

原因を探して、それをすべて外していくという
アプローチもあるだろうし
それが合うときもあるだろうから、
原因探しは間違いとか悪いことではないと思います。
必要な時もあると思う。

ただ、原因を探すことだけに嵌ってしまうのは、
人やケースによっては、
ちょっと方向性がズレてることがあるかも、と感じました。

あと、原因探しだけにフォーカスすることは
想像性が低いとわたしは感じています。

「原因」という過去にフォーカスされてるから
「今の状態」が疎かになってる。
だから「今の満たされている自分」が想像できなくて
見えてこない。
なんだかグルグル同じところを
回っているような感じがしたり、ね。


人によって合うことが違うし、
時間が経てば合ってたことが合わなくなってくることもある。

だから、今まで自分がしてたことが
間違っているわけではなくて、
「その時、そのときに合うものを使いましょう」
ということだと思うのね。

でね、ネガティブなこと、
いわゆる、受け入れられない部分とか
ダメだと思い込んでる部分って、
「自分がそう思ってるだけ」ですから。

だから、自分が見方・受け取り方を変えれば
瞬間的に変容するんですよ。


キャサリンは
「砂のかけらが、真珠になるのだから」
ということを言ってました。

自分の中でザラザラしてるような砂のかけらは
真珠の元なのです。

なので、ザラザラにこだわるのではなく
それをどう変容させていくのかと想像性を持つことに
フォーカスすることが、生きていくことでの鍵になると
わたしは感じています。

「それが出来ないから《理由・原因探し》をする」
ことをし続けるのでなく、同時に
「それが出来ないのなら《どうやって創り出していくのか》」
も伸ばしていくことが大事だと思うのね。

生きていくのってね、アートだと思うんですよ。
自分の生き様や自分自身そのものは、
自分しか作れないアート作品だと感じます。
いつでもどんなときでも造り変えることができる。

これからわたしたちは、
それぞれどんなアートを作っていくのかしら…!


色気とか魅力って…!!

2017.08.29 04:22|思ったこと・気づいたこと
20170828.jpeg

さっき洗濯物を畳んでいたら、唐突に

「色気がある人って、、
 無駄なことを罪悪感無しに楽しんで出来てる人では?!」

とハッとして、頭の中にランプ点灯した!!

ちょっと聞いてくださいよ〜

あ。無駄なことを楽しむ、ということで
無邪気っぽいかもけど、無邪気はちょっと横に…


まず、わたしにとっての色気とは、ですが
これはセクシーとは微妙に違う。
セクシー+αなんですよ。

なんていうかな…

香りが漂ってるようでね、
果物が熟している感じで、でもその熟度はくたびれではなく
潤いのジューシーさをも彷彿させ、
本人は何もアピールしていないのだけど
その溢れる香りや潤いがこぼれ出る、という感じ。

で、「溢れ出る」「こぼれ出る」ほどだから
自分が完全に満たされてる方なんだろうな、と思った。
そこまで満たされていないと
「溢れ出る」ことはできないから。

でね、もう満たされてるからね、
役に立つとか無駄とかそんなの関係なくて
いろんなこともどうでもよくて
ただただ楽しめる。
で、楽しめてるから、ますます香り高くジューシーになる…
という循環になってるのかしら?!と思った。


ああ、なるほどな〜これが色気か…
と、ひとりで納得してたらですね、

「じゃあ《魅力がある人》ってどんな人?」

と疑問が湧いてきた。

あなたにとって「魅力がある人」ってどんな人ですか。

わたしはね、、、
キラキラした輝きを放ってる人に魅力を感じる。
特に目がね、まるでガラスのように透き通っていて
潤ってもいて、キラキラしてる。

そんな人って、、えっと、、、
と思い返してたら、あっと思った。

夢中になってしてることがある人だ、と気がついた。
しかも、それを心底楽しんでる人。

他人が何を言おうが
何を思おうが、まったく関係なく
自分が思うことをしてる人。
時には「なんでこんなことしてるか分からないけど」と、
笑いながらもしてる人。

そこまで何かに夢中になってる人に
わたしは魅力を感じるんだなぁと。

で、そんな人って、引力があるというか。
引きつけられる(惹きつけられる)エネルギーを
感じるんですね。

そこまで惹きつけられるほどなので
「その人」そのものに魅力を感じるんですよ。

これは、色気のある人にも同じです。
「その人」の存在に色気を感じる。


…ということに気づいたらね。

ジュエリーとか格好良い服とかさ、
関係無いじゃん、と思った。

色気のある人・魅力のある人が纏うジュエリーは、
「その人を引き立たせる物」であり、
ジュエリーを身につけてることすら気がつかないほど
その人の美しさに目がいくもの。

ああ、そうだわ〜〜

と、洗濯物を畳みながら納得した
色気に憧れるわたしでした☆

あなたにとっての色気とは、どんなのですか?
魅力ってどんな感じ??



「見る」ことからの影響

2017.08.25 03:53|思ったこと・気づいたこと
昨夜、寝る前にボブと一緒に
ドキュメンタリー番組を見てました。

番組の内容は、東南アジアの小さな村に住む
大病にかかっている男性の話。
病をこのまま放置していると死んでしまうので
最後の望みで、いろんな人の助けを得て
大きな街へゆき、治療を試みる…というもので、
これがね。いろいろ考えることがありました。

沢山の見ず知らずの人からも助けが降り注ぐこと。
生きることへの渇望、差し込む望みの光。
でもそこに、
病院での組織的なしがらみや保守的な考えが入り
消えつつある命の炎は、そのまま放置される決断。
それをそのまま受け入れる男性患者の潔さと勇気と
いろんな人々への感謝の想いと願いが至極美しくてね、
見ながら大泣きしてました。
ああ、これが生きるということか、と。

そして、病院の組織的なしがらみや
現地医師達が保守的になってしまうということに関しても、
彼らの国の文化や育ってきた環境、
刷り込まれているであろう情報を想像すると、
しょうがないな…と。もうこれはしょうがないとしか言えない。
彼らが悪いとは思えないし。
ああ、これが地球のドラマなんだなぁと。
なんだかものすごい葛藤や悔しさ、やりきれなさを感じて
ここでも泣いて。

(*このドキュメンタリーの結末は、
 結局、外国からのボランティア団体が
 現地で他の病院を見つけることができて、
 男性患者は無事手術することができて
 一命を取りとめ、回復されていました)



そしたらですね、今朝の目覚めが超ダルくてねぇ。
まず、見た夢が重かった。
忙しくて、ヘビーな内容でした。
(内容は長くなるので割愛させていただきます)
そして、身体がダルいんですよ。
一日中、なんだか怠かったです。

いやもう。。普段から見ることには
気をつけているのですが、夜寝る前に
あれほど大泣きして、いろいろ考えてしまう物を
見ちゃうと、やっぱり大きな影響があるなーと
体感しました。


でね、思い出したんですよ。
そういえば、この間も「見る」ことの影響が
大きいと体験したことがありました。

話は変わるのですが、時々ちょこちょこと
画(といっても点描が主のラフ画ですが)を描いてます。

少しお見せするとこんなの。

2017082401.jpeg



2017082404.jpeg


どんなデザインにするのか、は、
大抵いつも描きながら展開させていくので
前もってこんな形にしたいなどとは考えていないのですが、
ある日、ボブが「ねえ、ちょっとアドバイスしていい?」と。
何かなと思ったら、

「次はこんな形を描いたら?」と

六芒星(↓)をメモして見せてくれました。

2017082405.jpeg

メモをちょっと見てたんだけどね、、
どうもピンとこなかったので
「ごめん、気が進まないわ」と
断りました。

そして、新しい画を描き始め…

描き終えたのを、離して見てたらハッとした!!
うわ、、、


2017082402.jpeg


気づかない間に、六芒星っぽいのを入れてたよ、、、

ビックリした。
ボブが渡してくれたメモは
ほんの少しの間しか見ていないってのに。
なにこの影響力。

いやほんとにね。
「見る」ことからの影響は
ものすごいものがあると感じています。

日常的に見ている物なども
普段気がつかないだけで、
自分の内に響いてるな〜と思う。

なので、今回のことでますます
見るものを選択した方がいいと
わたしは感じてます。

何かを選択する、ということは
必然と
他のことを選択しない、に繋がってると思うんですね。

自分は何を見るのか。何を見たいのか。

これは、
現実を見たくない・見ないとか
自分の嫌な面を見ないとか、
そういうことではなく
何をどう見るか選択する、ということでもあると思います。

ほんの数分見ただけでも
これだけ影響を受けてしまうんだもの。

さぁ、これからも選択を研ぎ澄ませていこう〜

あなたは何を見ていくことを選択しますか?


欲望は悪いことではなく原動力にもなるエネルギー

2017.08.19 03:22|思ったこと・気づいたこと
20170818.jpeg

昨日、友人と欲望について話してました。
でね、つくづく欲望ってエネルギーだなぁと思ったんですよ。

ややもすると、
欲望は悪いことみたいな扱いもされるようですが
わたしは

「欲望」を
どうとらえて
どう使って
どう表現していくか

…だと思う。

欲望はエネルギーだから
上手く使うと
いろんなことを創りだせると思うのね。

なのに「欲望はダメなこと」と思っちゃって
無理矢理抑えつけようとすると
エネルギーは出ていけなくなって
変な具合になってしまうことも。
(ここから変な執着が生まれてしまい
 苦しみになるのかな、とわたしは感じています)

欲望を、信仰心などで消したり、
抑えられたりすることができる人もいると思う。

でも、ただの抑えだと
抑圧になってて「圧」がかかってるから、
あとで、その「圧」が反動して
爆発しちゃうこともあるのね。

あの、一方向に力がかかると、
反対方向にも力がかかるんですよ。
動きはいつも対になっているから。
なので
無理矢理抑え付ける(下)と
爆発(上)にもなりえる、という。

わたしね、
欲望は「火」に似てると思う。

火を上手いこと使ったら
暖をとったり
食べ物を煮たり焼いたり
ガラス細工や刀を形作ったりもできる。

でも

火の扱いを間違ったら
ヤケドしたり火事になるわけで。

こういうことは、
火を使いながら(欲望を実際に表現していきながら)
分かることもあるんだろうなぁと感じています。

だからね、実際にしていく。

え?どうやったらいいのか分からん??
だから悶々としてるんやん!って?!

あの、

これはわたしが思うところなんだけど、
欲望はエネルギーだから流れるじゃないですか。
だから、どういう回路を作ろうか、と見ていく。
ダイレクトにドーーンといくのもあるし、
カーブをかけてクネクネいくのもある。

例えばね、食欲でいくと
食べたい物をとにかく「食べる」というのもあるし、
食べる時の雰囲気を変えて「食べる+環境」というのもありますね。
食器を変える、キャンドルを灯す、音楽をかける、とか。

同じ欲望でも、
自分はその欲望のどの面…例えば食欲でいくと

・見た目、食事の盛り付けや食器の美しさ、場所など
・食感、触感、嗅覚的なこと
・経験を積みたい(食レポを書くのが好き)
・特定の味/国の料理を極めたい

というのような感じで、
その欲望のどの面を展開してくか、を
見ていくと面白いと思うのです。
そして、そこを表現していき、
欲望エネルギーを流していくのね。
すると楽しいし。

友人が言ってくれた言葉で
わたしも共感したのが

「欲望こそがマニフェステーションのエネルギー」

これ、ほんとそうだと思う。

欲望って
自分の中にあることを外へ現す原動力になるなぁと。
そして、そこには美しさもあると思うんですよ。

自分の中の想像性が発揮される。
自分の輝きも放たれると感じるんですね。

欲望はエネルギー。
ダメなことや悪いことじゃないよ。

火を使って、
暖をとったり調理をしたり
製鉄で道具を作ったり
ガラス細工で美を生み出したり
するように、
欲望も使っていこう〜〜

時々ヤケドしたって大丈夫。
火(欲望)の扱い方を学んだだけだから。

そうやって火(欲望)のマスターに
なっていくのだと思います。

わたしも火(欲望)のマスターになりますー!


プロフィール

ともこ

Author:ともこ
お会いできたみなさま、
ありがとうございました。
また2017年10月に大阪に行きます。
あなたにお会いできますことを
楽しみにしています〜!

【ワークショップのお知らせ】
ブレてもまたバランスを
取り戻せばいい!
自分で自分を整えるコツをお伝えする
1Dayワークショップです。
詳しくはこちらをご参照ください

***************
日本とイタリアを行ったり来たり。
筋肉反射を使ってセッションするインテグレート・ヒーリング(Integrated Healing)をしています。
お問い合わせなど、お気軽に、ここの下にある【メールフォーム】からか、
tomoko.it.IH@gmail.comまで、メールをお送りください。

アメブロにミラーブログ置きました。
読者登録など便利な機能があるので。
もしアメブロの方がご都合が良ければ
そちらでも宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/lalunadigiorno

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

【メールフォーム】

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ページトップへ